羂索(けんじゃく/呪術廻戦)と宿儺の関係や術式強さと意味目的は?本当の顔とあの子呼びの天元様も

呪術廻戦145話「裏」にて夏油傑や加茂憲倫の肉体を乗っ取っていたのが羂索(けんじゃく)という術師だと天元様から正体が明かされました。

そこで今回は羂索について宿儺との関係や術式・強さ、羂索の意味と目的、そして本当の顔や天元様が「あの子」と呼ぶ意味についても考察してみました。

https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/17621
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/28795
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/29014

目次

メロンパンの正体は羂索(けんじゃく)

今回145話でメロンパンの正体が羂索という術師だと判明しました。

天元は羂索のことを「あの子」と呼び、目的は日本全土を対象とした、人類の進化であり、全員術師にしようとしていました。天元の年齢からすると羂索でも一人の男の子といった感じなのでしょうか。

そして天元に次ぐ結界術の使い手であり、目的を遂行しようと過去に二度、六眼の術師に敗れています。そのこともあり、抹殺から封印に方針を変えて獄門彊を探しはじめました。

しかし、11年前に禪院甚爾が現れ星漿体を殺し、そこに夏油という呪霊操術の使い手も現れたことで、獄門彊以外のピースが揃ってしまいました。その獄門彊も手に入れたことで、今回こうして計画を実行しました。

羂索の術式と強さは?

羂索の術式ですが、肉体を乗り換えられるものです。そして肉体を支配した相手の術式も使えるという特徴もあります。

なので、夏油の呪霊操術も使用することができています。

強さに関しては、乗り換える相手次第だと思うので、その強さに比例するのではないでしょうか。今なら夏油の力ですが、夏油は元々強かったので、相当な実力と考えて良いでしょう。

百鬼夜行当時は乙骨が勝利しましたが、戦力が京都と新宿に分散していましたから、それがなければ、夏油が勝っていたという羂索の見解もあります。夏油の体なら特級術師クラスでしょう。

羂索と宿儺の関係は?

そして気になる宿儺との関係です。

虎杖の母親に縫い目があったことから、この中身が羂索だと考えて良いのではないでしょうか。そして、羂索は恐らく宿儺の器の為に虎杖を産み出したはずです。

なので、このように虎杖と相対した時にタフだねと言っていると思われます。

ただ、宿儺の意思とは関係ないように思えます。宿儺も現世に蘇ってから伏黒に目をつけましたし、羂索も宿儺の地雷がいると想像の範囲外のように話していました。

ただ、羂索も千年前に存在したはずなので、宿儺とも面識がありそうです。その時宿儺と戦ったことがあるのか。仲間だったとは思えません。

どう考えても宿儺を蘇らせようとしているのが、羂索の考えとして謎です。術師だけの世界にする為に宿儺の力が必要なのか?死滅回游の次なる段階が、もしかすると宿儺を使ったステージになるかもしれません。

羂索の本当に顔は?

そして未だに分かっていない羂索の本当の顔です。

体を乗り換えられる術式ではありますから、もう千年前まで遡らないと本当の顔はわからないと思いますから。回想でしか出てこないのではないでしょうか。

いつか語られるであろう千年前の話で、羂索・宿儺・裏梅・来栖華などが出てきて、そこで羂索の本当の顔が見られるのではないでしょうか。

普通の術師ですから、人間の顔だと思われます。

天逆鉾は禪院甚爾・黒縄はミゲルが持っていた

そして羂索とは少し別ですが、獄門彊裏の話がありましたよね。

そして五条を解放する為には、あらゆる術式を強制解除する『天逆鉾(あまのさかほこ)』もしくはあらゆる術式を乱し相殺する『黒縄』が必要だということでした。

そこでこの二つですが、実は禪院甚爾が天逆鉾を使っており、黒縄はミゲルが持っていました。

どちらも五条が封印・破壊したという話ですが、振り返ると実際に五条が2人と戦っていたんですね。

https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/17621
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/28795
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/29014

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お勧め記事

目次