ベルメリアの声優や正体はエルノラ後輩のもう一人の魔女!強化人士で呪い解決【ガンダム水星の魔女/ペイル社】

エランが第5話でその本質を見せてきましたが、とても衝撃的なものでした。エランの決闘の様子は多くの人が見ていましたが、その中にはプロスぺラと対話していたベルメリアという人物がいます。

プロスぺラベルメリアに対してもう一人の魔女としていましたが、実態は謎に包まれていて、今後重要な設定になってくるはずです。

今回はそこでベルメリアの声優や正体はエルノラ後輩のもう一人の魔女!強化人士で呪い解決【ガンダム水星の魔女/ペイル社】をテーマに紹介していきたいと思います。

目次

ベルメリア・ウィンストンのプロフィール・声優

所属:ペイル社
身分:開発主任
呼び名:第二の魔女
髪色:黒
髪型:ロング
特徴:疲労を感じる目
容姿:若い面影を感じつつ老いも感じる

ベルメリアはぺイル社に所属している技術者でした。エランの乗るガンダム・ファラクトの開発を担当していたようで、作中では決闘時に披露したところを、見ているプロスぺラと会話をしていました。

第二の魔女と呼ばれていたので、かなり物語に深く関わる重要人物に違いありません。そんなベルメリア・ウィンストンの声優さんは恒松あゆみさんです。

他のガンダム作品のキャラも担当している方でした。代表作は、アニメ「ガンパレード・オーケストラ」(金城美姫役)、アニメ「機動戦士ガンダム00」(マリナ・イスマイール役)、Re:CREATERS(菊地原亜季役)などでした。

ベルメリアの正体はエルノラ後輩

プロスぺラとの会話の中でベルメリアエルノラの後輩であることが分かります。どうやらベルメリアも魔女であり、エルノラとは色々と、セミナーなどで関係性を持っていた可能性もありました。

しかしラボは決壊したはずですので、何か別の場所に身を映していたかもしれません。かなり老けている一方で、どこか若い頃の面影のようなものを感じました。これはかつてのベルメリアとの急激な環境変化を表しているのではないかと感じました。

ベルメリア独自のガンド技術といった印象を受けましたが、プロスぺラとは違った道を歩んでいる気がします。とはいえ、スレッタへの決闘は、プロスぺラとその背後にあるバックへ相反する行為、ベルメリアの今後が心配になりますが大丈夫なのでしょうか。

ベルメリアは強化人士を造ることで呪い解決

アニメ第五話にてベルメリアが開発に関わったモビルスーツにガンダム・ファラクトがあることが判明しています。エランの操るガンダムであり、どうやらエランは決闘にて周囲の生徒に初披露したようでした。

ガンドフォーマットが呪いの装備と呼ばれていた原因として、戦闘中にパイロットの体を蝕むことが、あげられます。作中では体の皮膚が光だし、かなり痛々しい様子が見られました。スレッタの乗るエアリアルはそれらを克服した最新型と言えますが、ファラクトは一見リスクを克服できなかった旧型なのかもと思ってしましまいます。

しかしベルメリアの技術は強化人士としてパイロットを呪いに適合する体にすることができ、これによりエランは激しい呪いの負担を解決しています。ただ見ている感じ、かなり力技な技術な気がして、エアリアルのノーリスクの技術には及ばない感じがしました。

なぜペイル社に協力していた?

ベルメリアぺイル社に所属して、特有のガンダム開発を行っている人物です。ぺイル社はべネリットグループの御三家であり、強化人士というガンドフォーマットへの適応を可能にする分野において、優れた技術力を持っています。

その技術者こそベルメリアであり、ガンダムの呪いとも呼べる、パイロットへのリスクを克服する、貴重な技術の持ち主で、ペイル社に重宝されていたと言えます。

ぺイル社はガンドフォーマットに対して反対的な思想を持つべネリットグループに属していながら、ガンドフォーマットに肯定的な意見をもつ一風変わった会社、自身の技術が、正式な地位を保証されながら、自身の技術が認められるか分からない状況の中でぺイル社の存在は貴重であるから、ベルメリアは協力していたのではないかと思いました。

まとめ

ベルメリアは第二の魔女と呼ばれているため、物語の重要な存在になってきそうです。ガンドフォーマットのリスクを減らす貴重な技術を持つ存在、べネリットグループに所属していながら、ガンドフォーマットを許容するかなり怪しいペイル社の存在、なんだか波乱が巻き起こりそうな予感です。

そもそも強化人士というのは、人の体の構造をいじって、強引に呪いのリスクを軽減している感じがするので、大丈夫なのかと心配になってしまいます。

体に異常がきたしそうな別のリスクが発生しそうな気がするのですが、エランは大丈夫なのでしょうか。今後の話でエランが心配だなと感じました。

  • URLをコピーしました!
目次