早川アキ(チェンソーマン)の年齢身長とタバコの銘柄!両親に弟タイヨウと北海道出身

今回は『チェンソーマン』の早川アキの簡単なプロフィールをまとめた内容となります。身長年齢からタバコの銘柄早川アキの家族構成や北海道出身であることについても見ていきます!

『細かいキャラ設定まで詳細に知りたい』『早川アキの家族について気になる』という方におすすめの内容をまとめてあります。気になる方はぜひ読んでみてくださいね!

目次

早川アキの年齢身長

『チェンソーマン』作中ではデンジと行動する機会が多かった早川アキ、そんなアキの身長がどれくらいあるのか、や年齢について簡単にまとめていきます。

  • 年齢:20~22歳
  • 身長:不明(170~180cm)

基本的に未公開情報が多いため、予想にはなってしまいます。身長についてはデンジより高いのは確実、マキマと並ぶかマキマ以上の身長であることから170cm~180cmの範囲で考えています。

年齢ですがデンジは現在16歳、アキはデビルハンターとしてデンジの3年先輩にあたります。つまりアキのデビルハンター歴は3年になります。姫野とバディを組んでいた時のアキはまだ未成年でした。実際アキに『たばこ吸えば?』と言われたが『未成年だから』と断っていたシーンも描かれています。

当時は未成年だったが、3年経過した現在では普通にタバコを吸っていることから、20歳は過ぎていることが分かります。ただし細かい年齢までは未公開なので20~22歳と指定しています。

早川アキのタバコの銘柄

早川アキの吸っているタバコの銘柄は姫野と同じ銘柄である『MEVIUS』になります。姫野が死亡して以降は違う銘柄を吸っていることもありました。

ですが2巻で悪魔の力によってホテルに捕らわれた際、デンジは姫野のタバコの銘柄を見て『同じ銘柄じゃん』と発言し『アキ君にタバコ教えたの私だからね』と姫野がデンジに答えていました。

さらに2巻のホテル内では、銘柄のロゴが全部ではありませんが『MEVあたりまで描写されています。リアルに存在する銘柄で『MEV』という文字が含まれた銘柄は『MEVIUS』しか存在していません。

このことから早川アキが普段から愛煙しているタバコは『MEVIUS』で間違いないでしょう。

早川アキの両親に弟タイヨウ

『チェンソーマン』の作中では、2巻で早川アキの家族が銃の悪魔に襲われる日の日常が描かれていました。弟のタイヨウの具合が悪かったため、両親がタイヨウを看ていたが、アキと遊びたかったタイヨウは一緒に外へ遊びに出ました。

両親が弟タイヨウばかりに構っていることから、アキは拗ねていました。ですがタイヨウはアキとキャッチボールがしたかった様子、アキは喜びで笑顔を見せつつ、タイヨウに『家からグローブを取ってきて』と頼みました。

しかし、その瞬間にアキの家が銃の悪魔の攻撃によって吹き飛ばされました。もちろん両親は家の中に居ましたし、グローブを取りに行っていたタイヨウも家の中です。家が凄惨な状態になっており、当然両親も弟タイヨウも生きていなかったのでしょう。

早川アキは両親が弟ばかりを気にかけることから、弟タイヨウに嫉妬したり、両親に我儘を言えなかった苛立ちもあったでしょう。しかし、そんな家族関係全てをぶち壊した銃の悪魔をかなり憎んでおり、銃の悪魔への復讐を果たすべくデビルハンターになったようですね。

早川アキは北海道出身

早川アキの出身地ですが北海道で間違いありません。まずは2巻で早川アキの過去が描写されています。そのシーンではアキの両親や弟タイヨウが登場し、アキとタイヨウは外で遊んでいましたが、外には雪がかなり積もっていました

なので雪が積もるほど寒くなる地域だったのは確定しています。そして9巻では、早川アキは『2日くらい北海道に帰る』『墓参りしに行くだけだぞ』と発言していました。

この後は北海道に帰って墓参りをしていましたから、生まれ育った場所で家族を亡くして墓を立てた後、上京してデビルハンターになったのでしょう。

なので早川アキの出身地は北海道で間違いありません。

まとめ

今回は『チェンソーマン』の早川アキの家族や吸っているタバコ早川アキの出身地が北海道であることなど、細かい部分を考察と解説しましたがいかがでしたか?

2巻では過去が僅かですが描かれており、アニメでも描かれる事にはなるでしょう。ですが個人的にはより鮮明にオリジナルでも構わないので、過去シーンをしっかり描写してほしいな、という気持ちです。

ともあれ、『チェンソーマン』は2部もアニメも決定し、更なる盛り上がりを見せています。これからも楽しんでいきましょう!

  • URLをコピーしました!
目次