加茂憲紀の『命を燃やせ』は煉獄の『心を燃やせ』で声優日野聡で一緒!死亡フラグか?【呪術廻戦194話考察】

呪術廻戦194話にて、加茂憲紀が直哉相手に死にそうになっていた時にしぶとく抵抗していましたが、その中のセリフで『命を燃やせ』と発言しました。

そこでこの発言が鬼滅の刃の煉獄杏寿郎の『心を燃やせ』と似ており、さらに声優が日野聡さんで一緒ということで芥見下々先生が狙ったのではないかと言われています。今回はそれについて考察してみました。

目次

加茂憲紀の『命を燃やせ』

死滅回游編に入ってから、真依や夜蛾学長、パンダの兄姉などが死亡したりしましたが、ここにきて加茂憲紀が『命を燃やせ』と発言したことにより、死亡フラグを立てました。

真希が回復するまでの5分間、憲紀は直哉からの攻撃を耐えなければいけませんでしたが、死にそうになりながらもしぶとく生き残っていました。

憲紀の回想では、自分が当主になれなかったことで母親の居場所を作ってやれなかった、『誰にも必要とされないなら』『命を燃やせ』『仲間達が命を燃やすのは』『せめて私の灰の上で…』と心の中で思います。

死亡フラグが立っていた憲紀ですが、なんとそこに『相撲だぁー!!!』『刀ぁー!!!』と泣きながら叫ぶ二人が乱入してきました。

凄い展開ですけど、今後憲紀は本当に死んでしまうかもしれません。

煉獄杏寿郎の『心を燃やせ』に似ている?

そして憲紀の『命を燃やせ』ですが、劇場版鬼滅の刃無限列車編でも大きく話題になった煉獄杏寿郎の名台詞『心を燃やせ』にかなり似ています。心が命になっただけですから、似ているのも当然です。

パクった?と言われればもちろんパクったでしょう。これまでにもハンターハンターに似た画風なども数多く使ってきましたし、同じジャンプだから許されている部分があるかも知れません。

そして煉獄杏寿郎が死んだことで、似たようなセリフを言った憲紀も死ぬのではないかというのが凄い死亡フラグですよね。

声優は日野聡さんで一緒

そしてなんと調べると、鬼滅の刃の煉獄杏寿郎と加茂憲紀の声優は同じ日野聡さんだったんです。

日野聡さんは、数々のアニメ作品に出演している有名声優であり、他にはオーバーロードのアインズ様や斉木楠雄のΨ難の灰呂杵志など演じています。

ここまで一緒なら、呪術廻戦でこのシーンがアニメ化された時に似たようなセリフを言わせる為に芥見先生が仕組んだと言ってもいいでしょうね。

正直死滅回遊編は呪術廻戦が2クールで放送されても4期くらいになってしまうので、かなり先になるでしょうね。

芥見下々先生は狙った?

https://twitter.com/ikura__mentaiko/status/1561372025410580481

これについては完全に狙ったと言ってもよいでしょう。

煉獄杏寿郎の『心を燃やせ』の名台詞を知らないなんて漫画家でさすがにいないでしょうし、ここをわざと狙ったことで、読者の話題になると考えてのことだと思います。

他作品のオマージュはよく使われますから狙ってやったと思われます。

これからも似たようなことをやる可能性は大きいですよね。

長男だから〜〜〜とか笑

まとめ

ということで今回は、加茂憲紀の『命を燃やせ』についてご紹介しました。

煉獄杏寿郎と同じく死亡しないことを望みます。さすがに闖入者がきたことによって死亡フラグは折れたと思いたいですよね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お勧め記事

目次