ダンまち ジャガーノートの強さレベルと正体にジュラの目的!ベルとリューとの戦い

ジャガーノート』とは『ダンまち』こと『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』に登場するダンジョンモンスターで豊穣の女主人の店員『リュー・リオン』にトラウマを植え付け、ベル君の前に立ちはだかる強敵となって居ます。

今回はジャガーノートについて強さレベル正体召喚したジュラの目的ベル君とリューはどのようにして倒したのかについてご紹介したいと思います。

目次

ジャガーノートのプロフィール・正体

ダンまちに登場するジャガーノートについてここではプロフィールと正体についてご紹介します。

まず、現在分かる特徴をプロフィールとしてまとめてみました。

名前:ジャガーノート
特徴:不明(ヴォルティメリアやスカル・シープなどスケルトン系の特徴を有している)
体長:3M+4M程度の尻尾

現在判明しているプロフィールはこの3つぐらいと言う謎に満ちたモンスターとなって居ますが、その正体はダンジョンによって生み出されるイレギュラーでギルドの記録にも載らない謎のモンスターになります。

その出現が確認されるのは『ダンジョンが修復不可能な程に大規模に破壊された時』で産み落とされると『ダンジョンの修復より破壊した冒険者の駆逐』を優先し、ダンジョンが『ダンジョンを傷つけた者を駆逐』する為に生み出していると思われ、さながら『コンピューターウイルスに対処するウイルスバスター』と言う言葉がしっくりくるかもしれません。

その生み出され方が既にイレギュラー中のイレギュラーの為把握しているファミリアは全く無く、初めて出現が観測されたのは本編開始5年前にダンジョンで発生した『アストレア・ファミリアとルドラ・ファミリアの抗争』でその際に多数の犠牲を出すなどジャガーノート(破壊者)の名前に相応しい力を見せています。

ジャガーノートの強さとレベル

前記にてジャガーノートの正体についてご紹介しましたが、ここでは強さについてご紹介したいと思います。

その強さについてですが、強さは凄まじくまず、全身を紫いろの装甲で覆われておりこの装甲は魔術系の攻撃を一切受け付けません。その為魔術系冒険者がジャガーノートに対抗する事は不可能と言えます。

次にその攻撃方法ですが、魔術の効かない装甲を駆使して腕に6本生えている爪で攻撃します。この爪も装甲と同じく紫色をしており爪は鋭く分厚いので腕一振りでどんな鎧でも斬り裂く為破爪と呼ばれています。

更に、生み出されたダンジョンの冒険者を完全に駆逐すると言う目的から探知能力も優秀で、動き回る冒険者は必ず察知して弾丸より早い機動性や、20M以上を一瞬にして飛び上がる跳躍力を駆使して冒険者を殺戮していきます。

最後にジャガーノートのレベルについてですが、ダンジョンの階層によって強さやレベルが変わるとも言われいますが、2度しか出現していない為にその真相は不明です。

ジュラの目的

https://twitter.com/AntLil/status/964123366771732480

前記にてジャガーノートの強さについてご紹介しましたが、ここではジャガーノートの二度目の誕生の原因を作ったジュラの目的についてご紹介したいと思います。

ジャガーノートの二度目の出現のきっかけはジュラ・ハルマーと言う猫人が部下にダンジョンを破壊させた事ですが、ジャガーノートを出現させた目的とは何だったのかというと、それはリュー・リオンへの復讐です。

事は本編開始の5年前へ遡りますが、リューは不正を働くファミリアの粛正を担当する『アストレア・ファミリア』の所属でジュラは敵対する『ルドラ・ファミリア』の所属でした。そして5年前のある事件でルドラ、アストレアの両ファミリアは壊滅し、リューとジュラの双方ともが互いの生き残りに復讐をすると言う事を誓っていました。

そして、ジュラは5年の歳月を掛けて『ダンジョンの2割程度を破壊すればジャガーノートが生み出される』という2割破壊の法則を見つけ出し、リューへの復讐の為にその法則を実行したのです。

ジャガーノートとアレストア・ファミリアの戦い

前記にてジュラの目的についてご紹介しましたが、ここではジャガーノートとアストレア・ファミリアの戦いについてご紹介したいと思います。

本編開始の5年前。ダンジョン破壊など悪逆の限りを尽くす『闇派』に属していたルドラ・ファミリアを粛正するためにアストレア・ファミリアは大規模な抗争を展開。その結果ルドラ・ファミリアをダンジョン内にて追い詰めましたが、その際にアストレア・ファミリアをダンジョンで生き埋めにしようとルドラ・ファミリアが仕掛けた火炎石によるダンジョンに爆破によって突如出現しました。

そして、両ファミリアを壊滅に追いやりますが、アリーゼ・ローヴェル、ゴジョウノ・輝夜、ライラの三人の決死の攻撃によりジャガーノートは撤退。結果として三人が自らを犠牲に逃がしたリュー・リオンとたまたま生き残っていらジュラ・ハルマーの二人が生還し、この時のジャガーノートの強さに惚れたジュラは以後5年の歳月を掛けてジャガーノートを使役しようと企みます。

ジャガーノートとベル・リューとの戦い

前記にてジャガーノートとアストレアファミリアについての戦いをご紹介しましたが、ここではジャガーノートとベルとの戦いについてご紹介したいと思います。

リューに復讐し、同時にジャガーノートを使役する事を夢見たジュラにより、部下のタークの自爆と言う形でダンジョンが破損し、再びジャガーノートが出現しました。

ジャガーノートは手始めに冒険者たちで結成された討伐隊を壊滅。50人以上の冒険者を一気に葬り去ると言う大虐殺を引き起こします。駆けつけたベルの右腕を切断するなどの重傷を負わせてさらに、ベルを助ける為に参戦したリューの木刀も破壊し、マーメイドの異端児の回復術を受けて復活したベルに渾身の一撃を受けて自らの右腕を吹き飛ばされる事で一時撤退します。

その後ジュラの罠によって深層に連れ去れたベルとリューをモンスターを捕食してパワーアップしつつ追跡。深層にて襲撃しますが、ベルの『聖火の英斬』によって回復した体の尽くを破壊され、更に残った左腕もリューを逃がす為に散った輝夜の形見の居合刀『双葉』を用いたリューにより破壊されて消滅しますこれによりジャガーノートに対してのリューの仇討は完了しました。

まとめ

今回はダンまちから『ジャガーノート』についてご紹介しました。

ダンまち4期では物語に繋がる主要なダンジョンモンスターでありながら、その素性や誕生の秘密は謎に包まれているなど未知のモンスターですが、その圧倒的な強さから、ベル君の越えるべき壁の一つとして立ちはだかっていきます。

  • URLをコピーしました!
目次