サマータイムレンダハイネの正体目的に影能力!オカアサマ(母親)とヒルコ様との関係

ジャンプ+で連載され、現在好評放送中のアニメ、サマータイムレンダタイムリープ能力を手に入れたことで、故郷である日都ヶ島の闇に隠された存在である“”との戦いに巻き込まれた網代 慎平の活躍を描いたSFタイムアクションです。

幼馴染の不可解な死から始まった慎平の戦いは、7月24日に開催された夏祭りの日に大きなターニングポイントを迎えます。夏祭りの日に慎平の前に現れたのは、幼馴染の、そして自分自身の姿をコピーした影たちでした。

そんないくつもの影たちは、自らがオカアサマと呼ぶ一人の少女の言葉に忠実に動きます。その少女はハイネとも呼ばれ、夏祭りの日に集まった島の住民や観光客を全て殺してその死体を食べるという恐るべき凶行を慎平の目の前で行いました。

今回は、そんなサマータイムレンダのハイネの正体や目的、彼女の持つ影の能力とオカアサマ(母親)とヒルコ様との関係と言った情報についてお伝えしていきます。

目次

夏祭りの日に出現したハイネ

7月24日に日都ヶ島で開かれる夏祭りの日、慎平は澪の影や自分自身の姿をコピーしたに襲撃されます。そんな影たちは、慎平の動きを止めたのちに、夏祭りに集まった人々を皆殺しにしていきます。

そして、日都神社に集まった人々が影によって皆殺しにしたのちに、日都神社の御祭神であるヒルコ様の上空に黒い着物を着た一人の少女が現れます。その少女こそ、影たちにオカアサマや母とも呼ばれる影たちの親玉であり、同時に、その名前をハイネと言う存在でした

ハイネは、祭に集まった人々を殺してその死体を食べると、より大きな影を生み出して島に住む人々や観光客をまとめて皆殺しにしてしまいます。そんなハイネから逃れるために慎平は自身のタイムリープ能力を発動させて過去に戻ります。

ハイネがオカアサマと呼ばれている理由

ハイネは、影の中でも影を生み出す能力を持っており、それ故に他の影たちからオカアサマと呼ばれています。また、それ故に他の影と比較して非常に強力な能力を多数有しています。

その為、日都ヶ島に巣食う謎の影たちは全員がハイネに対して忠実に使役される部下となっています。特に、夏祭りに集まった影の中でも、正体不明の巨大な影は、ハイネのことをと呼び、祭に集まった参拝客を皆殺しにして彼女の食料として捧げるほどの忠誠心を持っています。

また、一方で、全ての影がハイネに対して忠実であるわけではなく、慎平の幼なじみである小舟潮をコピーした影のウシオは影そのものと敵対しています。潮がハイネと敵対したのには、一つには潮の人格をコピーしたことによって影そのものに対する敵意が芽生えたこともありますが、もう一つには、潮の人格をコピーした影そのものが通常の影とは違って一種のバグを起こしたことが上げられます。

これらのことから、ハイネの力は強大ですが絶対ではないことが分かります。強大な影の力を持つハイネと戦うべく、慎平の戦いはより厳しいものになっていきます。

ハイネの正体と目的

ハイネは影を生み出し、使役する存在です。その存在を知る者は影以外ではごく限られた人間にしか知られておらず、作中でその名前が出てきたのは日都ヶ島に巣食う影と戦っていた人間である小説家の南雲 竜之介が夏祭りの際に彼女について言及したのが最初です。

ハイネによって島に存在していた影は統率されており、澪の姿をコピーしていた影や、慎平の姿をコピーした影などはハイネの忠実な手兵として、彼女の目的のために動きます。そんな彼女の目的は、生き延びることと、故郷へ帰還するというごく単純なものです。

しかし、その単純な目的故に、異常とも言えるほどに執着します。そんなハイネの目的の為に多くの人々が犠牲にされたことを目の当たりにし、慎平は影との戦いを新たに決意します。

ハイネの影の能力!影の生み出し・テレパシー

ハイネの持つ能力は、これまでに登場してきた影の中でも特に強力なものです。ハイネ自身が他の影に比べても非常に強力な影であり、通常の影が一撃でも喰らえば死亡するはずの攻撃を食らっても死なず、身体能力自体が非常に強いです。

そんなハイネが使う主な能力が、影を生み出す能力と影同士で送るテレパシーです影を生み出す能力によって、ハイネは様々な特性を持った影を生み出し、テレパシーを通して生み出した影を使役します。

特にハイネの持つテレパシーは、単純に自分の意志を伝えるだけでなく、半ば強制的に自分の言うことを利かせる効果も持っているようで、バグを起こしたとしたされるウシオは、ハイネからのテレパシーを受け取ることができませんでした。この他にもハイネは、タイムリープを発動させた慎平の存在を察知したり、島中の人間を影に取り込んだりと、底の知れない力を持った存在です。

ハイネとヒルコ様との関係

日都ヶ島の伝統を担う町の中心的存在である日都ヶ島には、そこにはヒルコ様という神様が祀られています。ヒルコ様とは、日都ヶ島に伝わる信仰の一つである漂着神信仰によって祀られる神様です。

かつて日都ヶ島の浜に流れ着いたものを神として崇めており、現在では夏と冬の二回に分けて「御海送り(おみおくり)」という儀式を行っています。そんなヒルコ様の「御海送り」の儀式が行われるその日に、ハイネは自分の故郷に帰るための儀式を開始しました。

その一方で、ヒルコ様の信仰が始まるのと同時期に、日都ヶ島には影の病と言う伝説が密かに伝わっていました。その影の病に罹るともう一人の自分を見ると死ぬという伝説ですが、その伝説は事実であり、ハイネは島に伝わる影の病の元凶として、長年にわたって島の人間を食い殺し続けていました。

ヒルコ様ハイネは、土着信仰と島に伝わる都市伝説と言う対照的な二つの伝説として、長い間島の表と裏で連綿と伝わり続けていました。この二つの存在は、この物語における大きなカギとなってこの後も大きく慎平の戦いに関わってきます。

まとめ

7月22日の帰郷から始まった網代 慎平の戦いは、7月24日の夏祭りを迎えたことでハイネと言う一つの大きなターニングポイントにぶち当たります。ハイネは、日都ヶ島の夏祭りに集う人々を食い殺し、更なる目的である故郷の帰還を行おうと目論んで居ます。

慎平はそんなハイネの凶行を止めるべく、タイムリープ能力を使用して再び過去に戻ります。その一方で、ハイネは様々な影を生み出し、操ることのできる恐ろしい能力を持ちます。

また、ハイネはその能力の底を見せたわけではなく、慎平にとっての戦いはまだ始まったばかりにすぎません。その一方で、慎平にはウシオと言う新たに強力な味方となってくれる存在が現れました。

強大な力を持つ謎の存在である影と、タイムリープによる時間の繰り返しと言う、二つの要素が絡み合ったサマータイムレンダは、ここからより複雑さを増していきます深まる謎と、激しさを増す戦いはこれからが本番です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お勧め記事

目次