であいもん(アニメ)ネタバレ結末最終回の内容を原作漫画から紹介!何巻どこまで?

「であいもん」は浅野りん先生が描いた漫画で、2016年よりヤングエースにて連載されています。

2022年4月6日より毎週水曜日にAT-XやTOKYO MXで放送され、そのほか多数の配信サイトでも見ることができます。

今回はそんな「であいもん」のアニメの結末、最終回の内容について原作の漫画からネタバレありで紹介していきたいと思います。

目次

『であいもん』の概要・あらすじ・世界観

であいもん」は京都の和菓子屋「緑松」を舞台にした物語です。

主人公・納野和は大学卒業後、東京で10年間過ごしていましたが父の入院をきっかけに地元に戻って和菓子屋を継ぐことに。しかし店では雪平一果という少女が働いており、雪平は1度店を出ていった納野ではなく自分が店を継ぐと言います。

修行からスタートした和と両親に捨てられた経験から人を頼ろうとしない一果という全く違う性格の2人でしたが、一緒に同じ時間を過ごすうちに2人は段々と絆を深めていきます。

『であいもん』の見どころ

https://twitter.com/deaimon_anime/status/1511719371127033858?s=20&t=bwcrPpZJbgsdxggeF0hLDA

このアニメの見どころはなんと言っても和と一果の関係性がどう変わっていくかという部分です。

和は修行の身として実家に戻ってきて、更に一果の親代わりになるという普通だったら少し嫌なポジションを受け入れます。笑顔すら見せない一果に対して、何度もくじけずに優しく接するところは和の長所と言えるでしょう。両親に捨てられた経験から感情を出さない一果もそんな和と過ごすうちに少しずつ表情を出すようになります。

そしてこの2人だけではなく、緑松に集まる人々や和の元カノなど様々な人間にそれぞれドラマがあり、その大切な思い出の横にはいつも和菓子があるのです。

『であいもん』は原作漫画の何巻どこからどこまで?

「であいもん」の原作はコミックスで、KADOKAWAのヤングエースにて連載中の作品です。

単行本は現在13巻まで発売されており、小説版「であいもん〜雪下に春を待つ〜」もあります。

アニメは恐らく1クールで12話前後の放送だと考えられるので、漫画の第4巻までの内容が収録されることか予想されます。

第5巻からは時間がすぎて、2年経ったところから始まるのでその前の部分までだとキリが良いでしょう。

『であいもん』のネタバレ!1話から結末最終回までの内容

https://twitter.com/deaimon_anime/status/1438055304504041476?s=20&t=bwcrPpZJbgsdxggeF0hLDA

1巻

京都から上京した納野和は「栗ManJu」という組んでいたバンドが解散したことと父が入院をしたという手紙が届いたのをきっかけに地元に帰り、実家の和菓子屋を継ぐことにしました。

しかし看板娘として小学生の雪平一果が店で働いており、一果は一度家を出た和のことを敵視するようになりました。

和は見習いとして働くことになりますが、和菓子を愛するあまり売るときに号泣してしまいます。そんな和を見て一果も少しは彼を認めるようになります。

一巻には和菓子が大好きな和が実家を出て上京した理由咲季の秘密、和と佳乃子と美弦の三角関係なども描かれていますので興味のある方はぜひ読んでみてください。

2巻

2巻では和の元カノの佳乃子がストーリーにしっかりと出てきます。お互いにフラれたと思っているのできっかけがあれば復縁もあるかもしれません。一方で和と一果の距離も少しずつ近づいていきます。やはり一緒にいる時間が長いと距離はぐっと縮まりますね。

最後には一果の母親と名乗る女性が新たに出てきます。母親が今後の展開にどう影響してくるのかというところでこの巻は終了です。

祇園祭」や「五山送り火」など夏の京都を存分に楽しめるストーリーになっています。

3巻

3巻では2巻の終わりに登場した一果の母親がストーリーにしっかり出てきます。母親は一果を引き取りたいと言いますが一果は「緑松」でこれからも過ごすことを選びます。

また緋色という新キャラも登場します。緋色さんは政さんに憧れており、一緒に働くために緑松にきます。

そして学校での和菓子作り体験も行われたり、和が昔組んでいた「栗ManJu」の名前の由来も明かされます。

表紙にも紅葉が描かれていますが季節は夏から秋に変わり、秋らしさが存分に描かれたストーリーになっています。

4巻

4巻は季節が冬になり、クリスマスというイベントがあるわけですが佳乃子と美弦が和を巡って若干ピリピリした空気になります。しかし当の本人は気が付かず…。

仕事で使える物を渡す佳乃子と手作りのお菓子を渡す美弦はお互いにしまった!となりますが和はとても嬉しそうにします。そしてイルミネーションの下で弾き語りをする和を見ながらアーメンと十字を切る一果など、思わずクスッと笑ってしまうようなシーンもあります。

冬は一果にとって父親に置いて行かれた辛い思い出が残る季節ですが、和たちとこれからどんどん楽しい思い出を作れていけたらいいですね。

『であいもん』の感想

https://twitter.com/deaimon_anime/status/1510786791904739330?s=20&t=bwcrPpZJbgsdxggeF0hLDA

「であいもん」は和菓子をテーマにした物語ということで和菓子を愛するキャラクターがたくさん出てきます。

主人公の納野和もその1人です。どことなく頼りない感じはしますが、誰よりも和菓子への想いが強いところや一果の父親代わりとして過ごすうちに段々と2人の距離が縮まっていく様子はとても心温まります

和菓子を通して人と人との絆が深まっていく様子が丁寧に描かれている作品ですのでぜひチェックしてみてください。

まとめ

https://twitter.com/deaimon_anime/status/1438049999670050818?s=20&t=bwcrPpZJbgsdxggeF0hLDA

今回は「であいもん」についてネタバレを含めて紹介しました。和菓子を題材にした作品は今まであまりなかったのではないでしょうか。

アニメ「であいもん」は2022年4月6日より毎週水曜日に放送されており、配信サイトでも観ることができます。

最新情報やキャストコメントなどは公式サイトから見ることができるので、気になる方はそちらの方もぜひチェックしてみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お勧め記事

目次