最果てのパラディン(アニメ)の完全ネタバレを最終回ラスト結末まで原作小説全巻から紹介!

\「最果てのパラディン」見るならココ/
サービス名 配信状況 無料期間
見放題
31日無料
途中解約OK
本日から10月27日まで無料!
U-NEXTなら無料視聴

U-NEXTならアニメ「最果てのパラディン」無料で視聴することが可能です!

U-NEXTは現在31日間無料体験を行っているので31日間は完全無料で視聴ができますし「最果てのパラディン」は見放題作品となっているので一切お金はかかりません。この機会に是非視聴してみましょう☆

\本日から31日間無料/

※初回31日間の無料期間中に解約すれば一切お金はかかりません

2021年10月から放送の異世界ファンタジーアニメ『最果てのパラディン』。

死んだ体を持った3人育てられた前世の記憶を持つ少年ウィルが、世界の謎を知り、世界へ飛び立っていく作品です。

今回は『最果てのパラディン』で放送されるであろう内容を予想して原作漫画からネタバレしたいと思います。

さらにアニメ『最果てのパラディン』のフル動画全話を無料視聴する方法も紹介していきます。

何も考えずにとにかく今すぐ安心安全高画質で「最果てのパラディン」の動画を全話無料で見たい!という方は以下の手順で無料視聴してみてください。

無料視聴の手順

U-NEXTの31日間無料体験に登録
②「最果てのパラディン」の見放題動画を視聴
③他のアニメの見放題動画もお好きに視聴

\U-NEXTは登録から31日間無料/

31日以内の解約で料金は一切不要

あわせて読みたい
最果てのパラディン|ウィルの正体能力強さと声優!出生とパンの秘密に両親は誰で名前の意味も 2021年10月から放送されているアニメ『最果てのパラディン』。 アンデッドに育てられた主人公のウィルが、成長しパラディンとなって冒険していく物語です。 今回は主人...
目次

『最果てのパラディン』の作品概要

『最果てのパラディン』柳野かなたさん原作の小説家になろう発の作品です。小説家になろうでは2015年5月1日に連載開始し、2016年3月から書籍化された結果なのか2017年から小説家になろうでの連載はストップしています。2017年9月からコミカライズもコミックガルドで連載されています。

小説は現在までに5巻、コミカライズは8巻まで刊行されています。

日本と思われるところから転生した主人公は、異世界の赤ちゃんに転生します。しかし育てたのは、既に死んでいるスケルトン、ミイラ、ゴーストの3人でした。そして様々な秘密を隠されながら主人公であるウィルが育っていきます。

異世界転生ものではありますが、なんと全然美少女キャラは出てこない作品です。しかしそれでも面白いです。

『最果てのパラディン』は何クール放送で原作小説何巻から何巻まで?

『最果てのパラディン』の放送クールですが、小説5巻までしか発売されていない所を見ると、1クール放送になるかと思われます。

また、やれるとしたら小説4巻までの内容になるでしょう。アニメが詳細にゆっくりやるなら、2巻までになるかもしれません。

OP映像の登場人物を見ても2巻までの内容かなと思います。

『最果てのパラディン』のネタバレ

ここから小説版のネタバレをしていきます。

1巻のネタバレ

アンデッドに育てられた子

https://twitter.com/faraway_paladin/status/1446036323425472518

混濁した意識の中、目覚め産声をあげた。しかしそこにいたのはガイコツ、そしてミイラだった。ガイコツの名はブラッド、そしてミイラの名はマリーと言い、赤ん坊を抱き上げ外へ行くと名前をウィルと呼ぶ。自分はウィルという名前だった。そうして1年、文字を習いたいと話し、ゴーストであるオーガスタス、通称ガスにそう言う。そして文字を教える所から始めようとするとウィルは既に文字は読めていた。それに驚くガス。そしてウィルが知りたいのは創造という言葉の魔法だった。

そしてガスから魔法について聞くと恐ろしいほどの理解にウィルを天才かもしれんという。それをブラッドとマリーに話にいき今から余計な拾い物かと思ったが色々仕込めばという話をするとブラッドが怒ってしまう。そしてその事について今は説明できないと言われる。マリーからはブラッドは昔戦士だったと聞く。そして自分たちは不死神スタグネイトと契約したからアンデッドとなったと話す。

8歳になったウィルはガスと魔法の練習をしていた。そしてブラッドとは魔法と剣を使った稽古をした。そして、パンはどこからくるのか?4人しかいないこの地で食料の出どころは不明だった。そして仮病を使ってマリーの後を追いかけると、マリーが祈りを捧げながら燃えていた。ウィルはそれを見て叫び、手に火傷を負って気を失う。

目覚めた時、マリーが謝り、そしてブラッドには教えてやるから待てと言ったことに対して怒られる。そしてパン(聖餅:礼拝するために聖別された特殊なパン)はマリーが火だるまになって呼び出していたという。礼拝が終わると銀盆に出現しているのだそう。『祝祷術』と言われ、祈りとか祝福と言われる類のもの。祝祷術は自らの身を介して神の力を地上に顕現させる術だとか。そしてそれはウィルがここに来る前から続けていたと話す。

マリーは地母神マーテルと契約し祈りを捧げていた。しかしその後に不死神スタグネイトと契約。地母神マーテルは、不死神の敵対者でその神気に触れるだけで焼かれてしまうという。手の怪我はマリーの祝祷術で治せたが、ブラッドが男の勲章だと話したことで、火傷はそのままにした。

3人の過去

https://twitter.com/faraway_paladin/status/1448211991563104256

そして、ブラッドの稽古は本物の戦場に放り込むことで、多数のアンデッドの場所へ一人で置いていかれた。そこにはボスであるヴラスクスというスケルトン化したデーモンがいた。倒した後にヴラスクスのメインウエポンを奪うと、そこにはガスがいた。本物の殺気で何も言わずにウィルに襲いかかる。ウィルは逃げる中、ガスが三重(トリプルキャスト)で魔法をかける。しかしウィルは持っていた槍を投げ捨てる。それを見たガスは魔法を止めていた。そしてやりすぎたと言ったガスは笑っていた。ウィルにはガスが本気で自分を殺さなくてはいけない理由があるのだと感じた。

この世界には多数の神が実在する。正義と雷の神ヴォールト、悪神イルトリート、地母神マーテル、炎と技術の神ブレイズ、 風と交流の神ワール、水と緑の神レアシルウィア、知識神エンライト、不死神スタグネイト。そして以前から気になっていた生々流転を司る灯火の神グレイスフィール。そして15歳になったら、この中のいずれかの神に誓いを立てて守護神としなくてはいけなかった。そしてその日にはブラッドの最終試験があることになった。その試験について、ガスはウィルにわざとブラッドに負けてくれないかと話されるも理由は教えてくれなかった。

金属の鎧などを着込み、ブラッドとの試験の為に完全防備にする。そうして最終試験が始まる。アンデッドは生前の力を継承する。しかしその体重だけはアンデッドのままだった。ブラッドは今スケルトンであり、体重だけは軽かった。それを考えた攻撃でブラッドの裏をかくも、ブラッドが肋骨を使って相手の武器を挟み込む荒技で最後には負けてしまう。

そしてブラッドからオーバーイーター(喰らい尽くすもの)という剣をもらう。これは最上級の魔剣であり、これで相手を斬ると、自分の生命力が回復するというものだった。そしてこの剣に纏わるウィルと自分たちの過去を語り始める。

ーー200年前、サウスマーク大陸に突如訪れたデーモンの大群。それを率いていたのが上王(ハイ・キング)だった。上王は血から兵士級デーモン、削がれた肉から隊長級デーモンを無限に生成でき、その愛剣がオーバーイーターだった。サウスマーク大陸が滅ぼされる時、ブラッド、マリー、ガスの3人が上王に挑むことに。その戦いの中で上王を殺しきれなかった。

その理由は姿は少年のようだったが、突如本性を現し醜悪な異形の戦士になった。上王はブラッド以上の剣の使い手だったという。殺せないとわかり、最後にとった手段はそれぞれの奥義を使って上王を封印することだった。それは成功したが、周囲には強力なデーモンたちが残っていた。そんな時に現れたのが不死神スタグネイトの分体の木霊(エコー)だった。

スタグネイトは敵を一掃する代わりに3人が不死者になって軍門に下れと迫った。断る余地はなく、そうして3にはアンデッドとなった。そうして200年、封印を守り続けた。そんな時ウィルがやってきたという。それはデーモン連中が連れた赤ん坊だった。つまりウィルは上王の封印と解くための生贄だった。

不死神スタグネイト

そうして、ブラッドとマリーはお別れの挨拶を言い始める。するとそこに不死神スタグネイトの木霊が現れる。執着を失った魂を我が手にとスタグネイトが言うと、突然ガスがワースターレと魔法をスタグネイトにぶっ放す。 そして続く戦いの中、ガスは四重魔法行使(クワドラブル・キャスト)を使い、スタグネイトを消滅させる。しかし、後ろからブラッドが体を貫かれ上下に引き裂かれる。

スタグネイトの木霊はもう一体いた。そしてお前のおかげだとウィルのことを言う。そして3人との契約は上王に対する執着を失った時、完全なる下僕となることだった。そしてウィルを育てることで、3人は執着を失ったという。そしてウィルに自分の陣営に来るなら3人と一緒に暮らさせてやると話し、翌日の晩までの猶予をくれた。

ガスがあの日、ウィルを殺そうとしていたのは、ウィルを育てることにより執着を失うと、ブラッドとマリーがスタグネイトの軍門に下ってしまうから。それを避けるためにウィルを殺そうとした。しかしガスはそうしなかった。

スタグネイトとの戦いでボロボロになっていた3人、ウィルは泣いて謝る。そして皆を守らせてくれと決意を固める。そして翌日スタグネイトと戦う。すると墓から200年前の戦いで死んだ者たちのアンデッドが出てきて、ウィルが相手をすることに。しかしウィルの実力を見ると不死の軍勢の将の一人に加えてやろうと誘う。そして杯に血を入れ飲めという。ウィルはそれを飲もうと近づく。しかしその瞬間、スタグネイトの手首を叩き斬る。

スタグネイトは呼び出した蛇をウィルに噛みつかせる。そして意識を失う。気づくと星空の下におり、自分は霊体になっていた。そこにいたのは灯火の神グレイスフィールだった。生々流転を司る神。転生はグレイスフィールによって行われていた。グレイスフィールになぜ不死の誘いを断ったか聞かれ、前世は死ぬことはどうでもよかった。でも今は生きて、ちゃんと死にたい。それもあの3人と。という。

グレイスフィールとマーテル

家族くらい守りたいから戻してほしいという。そうしてウィルはグレイスフィールと契約した。目が覚めると、自然にやり方がわかっていた祝祷術を始める。すると、体内を巡っていた不浄な何かが消えていく。腕の火傷が白く燃えていた。聖痕(スティグマ)。マリーの祈りを見た時についた勲章。そして、スタグネイトはその体、まさか大半が聖餅か!?とウィルに迫る。

そしてスタグネイトとの戦いが始まると、真の狙いはマリーとブラッドだった。加速の魔法を使いウィルが二人の元へ向かう。そしてガスが壁に縫い付けられ、二人に手を伸ばしている所だった。しかしその手が突如弾かれた。それを見たマリーは流れるはずのない涙を流した。女性の姿の何者かはマリーに向けて慈しむような微笑みをし消えていく。マリーは最初から許されていた。マリーは許しを求めていなかったから叱り続けていた。その加護を剥奪せずに自分を許せるようになるまで。マリーが信じた神は地母神マーテル。彼女は偉大な女神だった。

それを見逃さずにウィルは祝祷術を使う。しかし狙ったのはマリーとブラッドだった。聖なる灯火の導き(ディヴァイン・トーチ)輪廻の輪へ戻す術。二人はそれを拒まず、そうすることで、スタグネイトはマリーとブラッドをウィルから守るしかなかった。ウィルの祝祷術を相殺している隙にブラッドは満身創痍の体で一撃を食らわせようとする。

その瞬間を見逃さずウィルは加速の魔法を使い突っ込む。魔法を詠唱するスタグネイトにガスが沈黙の魔法を使う。そしてウィルはオーバーイーターでスタグネイトを斬りつける。そうして、ウィルに殺意を持ちながらスタグネイトの分体は消えていき、戦いが終わる。

意志の兜

皆喜び、祝勝会を開こうという話になった。しかしその場でマリーとブラッドが崩れ落ちた。執着も消え、不死神に魂を売ることも拒否、善なる神を信仰しつつ、不死者でいたいというのは通るわけがなかった。最後の時間、4人で酒を飲んだ。そうして二人は輪廻の輪に還った。

丘に2人の墓を作った。しかし、ガスだけ死んでいなかった。昨晩グレイスフィールと交渉し、不死神が力を取り戻す10年はこの都市で上王の封印を守るのに彷徨うよう許しをもらったとか。そしてガスから財宝や武具などももらう。そしてエルフやハーフリングの習慣にのっとると言い、その部族では父母の名を姓にするとか。そしてガスは『ウィリアム・マリーブラッド』だとウィルの名前を言う。するとウィルは、ガスのGをミドルネームに入れるという。『ウィリアム・G・マリーブラッド』。そうしてウィルは都市を出る。

ーー200年前、上王と戦う前、マリーとブラッドはバフォメットのデーモンと戦っていた。そして上王との戦いを前に、ブラッドはマリーを置いていこうとした。しかしマリーは置いていったら自刃すると言い、無理にでも着いていくと言う。そしてブラッドは生きて戻れたらどこか落ち着いた場所で結婚しようぜと言う。そして子供が生まれたらガスに家庭教師を頼み、俺は武術を仕込むという。そしてブラッドは子供の名前は決まっているという。

俺たちの子はどうせ意志を曲げない奴になる。だから俺たちの子は『意志の兜(ウィリアム)』だと言う。マリーもその名前を気に入る。そうして、破滅と重ねる長い時に向かって二人は歩き始める。

2巻のネタバレ

ハーフエルフ・メネルドールとの出会い

死者の街を出ることになったウィル…ガスたちと暮らして来た彼にとって外の世界は新鮮そのものだった。そんなウィルには、不死王が蘇る10年の間に人類が生き延びるための術を見出す義務があった。そして、冬山を彷徨う中、彼はハーフエルフのメネルドールと出会う。メネルからここが南辺境大陸にある《獣の森》であることを教わったウィルは、街の方角も教えてもらい彼と別れることに。

その夜、ウィルはグレイスフィールの啓示を受ける。その内容は「メネルが何かの惨劇が巻き込まれる」というものだった。メネルが向かった方角にある集落に辿り着くウィルだったが、その集落は直後に襲撃を受ける。そして、その襲撃の首謀者は他ならぬメネル自身だった。対峙するウィルとメネル…凄まじい絶技がウィルを襲うが、ブラッドたちの訓練を受けていた彼はメネルたちの捕縛に成功する。

翌日、ウィルに感謝の言葉を告げる集落のトム長老…どうやら、この獣の森あたりはファータイル王国の力が届いていないことから多くの避難民が集落を作っているようである。そして、メネルは隣の集落の住人であり、その集落が悪魔の襲撃により壊滅させられたことが彼の口から明らかになる。今回の襲撃は、その集落の住人たちのための略奪だった。

メネルを吊るすことを要求する人々…ウィルは賠償金を払うことで二つの集落の仲介をしようとする。その条件の一つとして、ウィルは悪魔討伐に連れて行く戦力としてメネルの助命を申し出た。

人殺しと略奪をそそのかしたメネル…彼はウィルに命を助けた理由を問う。「飢えた恩人の村を救うために人から奪うことを選ぶのは普通のことだ」そうウィルはメネルに言った。

そんなウィルに雇われることを承諾したメネルだったが、彼は悪魔に襲われた集落の住人たちが不死者化している可能性を示す。彷徨い始める前に輪廻に還すため、ウィルたちは急ぎ集落に向かうことになった。

マーブルばあさんの遺言

https://twitter.com/226_CGM/status/1461117984617811969

集落を目指すウィルとメネル。やがて到着した村外れの神殿では悪魔たちが儀式を行っていた。《隊長級》の悪魔に魔獣までいる布陣だったが、ウィルたちの迅速なコンビネーションにより早々に撃退されていく。魔物たちを全滅させて集落に辿り着いたウィルたちだったが、村はメネルが危惧したような状態となっていた。

メネルと旧知だった村人たち…彼らはすでに命を奪われ不死者として彷徨っている。協力して村人たちの浄化を進めて行く二人は、最後の一軒を訪れる。

その家に入るのを躊躇していたメネルだったが、意を決して中に入って行った。「マーブルばあさん」と呼ばれた女…彼女もまた不死者となりつつも理性を保っているようである。メネルが隣の集落を襲おうとしていたことも気付いており、マーブルはそんな彼を諭す。彼女の死を嘆くメネルは彼女と共に逝くことを望んでいた。しかし、マーブルは今回のことを「神様が与えてくれた最後の機会」だと告げる。マーブルはその様子を見守っていたウィルに「この馬鹿を頼めませんか」と最期の願いを伝えていた。

そして、マーブルは集落を襲った悪魔たちがハグレではなく、何かの目的に従った集団であり、その本拠地が西にあるドワーフの都《鉄錆山脈》の方角にあることをウィルたちに教える。

メネルたちに見送られながら、マーブルの魂も輪廻に還って行った。

数日後、生き残った村人たちが村に帰って来ていた。村外れでマーブルについて語り合うウィルとメネル…「真っすぐに行きなさい」というマーブルの遺言に従ってグレイスフィールに誓いを立てるメネルは、ウィルに同行することになった。

白帆の都を襲う飛竜

悪魔たちを退けたものの、村の家畜たちの多くが失われていたこともあってメネルたちの集落は危機に瀕していた。《白帆の都》で役畜や道具を買い込むことを考えたウィルたちは、先立つ資金の確保のため近隣の遺跡を探索する。無事に活動資金を確保できたウィルは、メネルと共に《白帆の都》に向かう。

その道中、ウィルはメネルから今の世界情勢について教わっていた。かつてブラッドやマリーが生きていた時代…今は《大連邦時代》と呼ばれている時代、悪魔たちの氾濫により《南辺境大陸》から逃れた人々は北にある《草原の大陸》でファータイル王国を築くことになる。やがて《南辺境大陸》を取り返そうとする人々の拠点にもなった都市が、《白帆の都》だった

《白帆の都》に向かう途中、ウィルたちは巨人猿に襲われる吟遊詩人のビィ・行商人のトニオを救う。ウィルたちに同行することになった二人と共に《白帆の都》を目指す中、ビィの詠う詩の内容はかつて世界を救った英雄であるブラッドやマリーたちの冒険譚だった。遥か永い年月がたった今でも、彼らの人生が忘れられることなく記憶されていたことに涙するウィル…一行は《白帆の都》に到着していた。

かつて隆盛を誇ったファータイル王国だったが、その栄光を支えてきた《果敢王》エグバート二世はすでに亡き人となっており、次世代の王に代替わりしていた。大きな混乱が予想されていたが、どうやら王弟・エセル公の力量により安定した統治がされているようである。ウィルが訪れた《白帆の都》もまた、それを示すかのように高い文化レベルを誇っていた。

新しく加護を受けた神官として、この街の神殿長パグリーと対面するウィル。その出会いも束の間、突如として飛竜が《白帆の都》を襲撃する。

メネルとの連携もあり飛竜を討伐するウィル。

ビィたちの宣伝もあり一躍有名人となった彼は、彼の興味を示したエセル公との会見に呼ばれることになった。

《最果ての聖騎士》の誕生

王弟エセルに謁見を許されたウィルとメネル。《白帆の都》を守ってくれた英雄たちに謝意を伝えるエセルは、ウィルたちに褒美を与えることを申し出た。エセルの申し出に対して、ウィルは《獣の森》を救うための兵の派遣…もし可能であれば、ウィルの私兵集団を設けることの許可を申し出る。しかし、それはエセルにとって承諾できない内容だった。

エセル公の下で以前の《果敢王》と変わらない勢力を持つと思われたファータイル王国だったが、領土拡大と悪魔たちの脅威により不安定な要素が多い状態となっている。そんな中、飛竜を容易く撃退するほどの実力者であるウィルは大きな不安要素にも感じられたようである。一転して不穏な空気に包まれるその場…そこに突入して来たのは、神殿長パグリーだった。

ウィルがした提案を耳にしたパグリーは、呆れつつも彼の身を守るための一計を案じる。それは、ウィルを一代限りの騎士・更には教会による祝福を与えられた《聖騎》士に任ずることだった

破門というペナルティが付与されることにより、ウィルが己の欲望に負ける危険性にも一定の保証が認められる…その提案に対して、エセル公も理解を示す。

そして《獣の森》の悪魔たちを撃退するための戦力を集めるため、ウィルとメネルは冒険野郎たちが集う酒場を訪れていた。先日の飛竜討伐の名誉・更にはトニオの宣伝効果もあり英雄とされていたウィル…彼の下にはレイストフたち勇猛な冒険野郎たちが仲間として集まることになる。

多くの仲間たちを加えたウィルは、エセル公の叙勲により正式に聖騎士として認められた

お祭り騒ぎとなる《白帆の都》。その後もパグリーの娘・アンナの協力や、トニオによる南方への物資流通の安定化もあり、南方の村や集落には安定した生活や明るさが戻ってきていた。そのキッカケとなったウィルは南方でも英雄として認められるようになっていった。

やがて人々は、ウィルを《最果ての聖騎士》と呼ぶことになる。

ウィルの孤独

南方での活躍を続けていたウィルたち。そんなある日、西を探索していたピップたちのパーティーが行方不明となる。彼らを探して《鉄錆山脈》方面に向かったウィルたちだったが、彼らが発見したのはピップたちの無惨な亡骸だった。そして、ウィルたちの周囲には瘴j気を纏った数多くの魔獣たちが集まっていた。

歴戦の猛者たちも苦戦する死闘の中、メネルもまた重傷を負わされる。我を忘れて《喰らい尽くすもの》を振るうウィル、レイストフの機転により何とか窮地を脱する。

しかし、無事帰還したウィルは今までにない孤独を感じていた。「僕が一人で解決します」…自らが特別に強い存在だったことを再認識したウィルは、自分が一人であることを認めたくなかったことに気付く。一人で魔獣たちの討伐に向かおうとするウィルの前に満身創痍のメネルが立ち塞がっていた。

自爆技に近い攻撃でウィルを止めようとするメネル…「友だちだからな」そう答えるメネルに対して、ウィルもまた笑って負けを認める。レイストフたちもまた、キマイラたちとの再戦に向けて準備を完了していた。

そして、魔獣たちの群れを率いるキマイラとの再戦。予想より上の知性を持っていたキマイラの目的もまた、悪魔たちと同じく上王の復活にあるようだった。以前と同じく猛威を振るうキマイラの攻撃…だが、冷静さを失わなかったウィルの一撃がその命を奪う。

キマイラたちを撃退したことを祝う宴…ウィルは半年前のブラッドたちと暮らしていた生活からの大きな環境の変化に思いを馳せる

数々の魔物たちを討伐する中、彼自身も気付かないうちにウィルは《獣の森》の実質的な領主となっていた。

3巻のネタバレ

《ヒイラギの王》の不吉な予言

ウィルが《最果てのパラディン》に任じられてから二年の歳月が経ち、彼は十七歳になっていた。

名実ともに《獣の森》一帯の領主となったウィルの下で、南辺境一帯は復興を遂げつつあった。彼が最初に辿り着いた遺跡都市を中心に発展した街は《灯火の河港》と呼ばれるようになっている。しかし、事態は順調なだけではなかった。森の異変を探る事件の中で、森の王である《ヒイラギの王》は、「《鉄錆山脈》から起きた災いの日が世界を焼き尽くす」という不吉な予言をウィルたちに伝える。

ウィルとメネルは急ぎ《白帆の都》に向かい、エセル公やパグリーに《ヒイラギの王》の予言について相談することに。数百年以上は生きている森の王の言葉の重さをメネルは知っていた。

聖騎士に任じてからの活躍からウィルたちを深く信頼するようになっていたエセル公は、秘密裏にウィルたちに《鉄錆山脈》の調査を任せる。

情報を集めるために広場に出たウィルとメネル…そこには彼らの武勲詩を歌うビィがいた。久々の再会に話が弾む三人、話は《鉄錆山脈》へと話題が移る。二百年前の《鉄錆山脈》…そこは《くろがね山脈》と呼ばれていた。しかし、二百年前の大乱における悪魔たちの侵攻により、屈強さで知られた《くろがね山脈》の猛者たち・ドワーフはその多くが討ち死にすることになった。そして、悪魔の巣窟となった山脈は、かつての栄光の無惨な残骸…《鉄錆山脈》と呼ばれるようになる。

ウィルの脳裏にも、以前に保護したドワーフの難民たちの姿が蘇っていた。かつて故郷で起きた最後の戦いで何があったのか…彼らは口を閉ざして語ろうとはしなかった。

《灯火の河港》が栄えるのに少なからず協力をしてくれたドワーフの難民たち…ビィの助言もあり、ウィルは二百年前の真実を知るために《灯火の河港》に引き返す。

《くろがねの国》二百年前の真実

https://twitter.com/Rw1Nl/status/1460522181423599618

ウィルが思い出していたのは、ブラッドたちとの会話だ。あのブラッドが戦士として認めていたドワーフたち…彼らが何かに怯えるようにウィルの領地に逃れてきた姿は、ウィルにとってもショックが大きかった。そんなことに思いを馳せながらドワーフたちのリーダー・アグナルの住まいを訪れる。アグナルの屋敷には彼の大叔父にあたる人物・グレンディルが移民としてやって来ていた。西の山脈の生き残りである彼に対して、この街での生活を保障することを約束したウィル…グレンディルは涙を流して感謝し、故郷で起きた事件についてウィルに語り始める。

二百年の昔。《くろがねの国》は、アウルヴァングルという君主により治められていた。そんな国を突如として襲う奈落の悪魔たち…南の国々を次々と滅ぼした悪魔たちは、《くろがねの国》にも迫る。

悪魔たちの王・上王、いにしえの龍…徹底抗戦をしたアウルヴァングルだったが、最終的には民を守るために特攻して命を落とすことになった。「生きて戦え」…アウルヴァングルの最期の言葉を頼りに生き延びてきたドワーフたち、グレンディルはその姿を直接視た数少ない生き残りの一人だった。

共に戦死することが許されなかったグレンディルは、王の最期の言葉を支えに二百年を生き延びてきた。そして、ドワーフたちに生きる場所を用意してくれたウィルに対して涙ながらに感謝の言葉を伝えるグレンディル。ウィルもまた、《くろがねの国》を取り返すことを誓った。

その帰り道、ウィルは偶然立ち寄った酒場で殴り合いの喧嘩をするドワーフたちの仲裁をすることになる。ドワーフの職人たちに袋叩きにされていたドワーフの若者…ルゥという名のドワーフは移住して来たばかりのようだった。そして、ルゥは、十代にして《灯火の河港》のリーダーとなり、居住者たちを守っているウィルに対して強い憧れを抱いていた

ルゥが自らに対して向ける羨望…それは、かつてブラッドたちにウィルが向けていた気持ちと同じものだった。ウィルはルゥに彼の従士となることを提案する。

喜んで承諾するルゥを連れて彼の仲間のドワーフたちへの許可を貰いに行く二人。それを聞いたドワーフたちのリアクションから、ルゥはドワーフの中でも位が高い出自であることが予想された。反対するドワーフたちに対して、ウィルも想像していなかった強い決意を伝えるルゥ…ドワーフたちにも認めさせたことで、彼は正式にウィルの従士となった。

ルゥの天賦の才

https://twitter.com/ninoribbonchan/status/1460236440470622209

ウィルの下で日夜修行に励むルゥ…酒場での立ち回りから彼に戦士としての才覚を感じていたウィルだったが、彼の成長スピードは想像以上のものだった。

一方、メネルとの実戦形式の稽古を繰り返すルゥだったがその生来の心優しさがネックとなってか、本気での戦いができないようである。メネルからの叱咤を受けながら打ち合いを続けるルゥは、遂にメネルに一撃を与えることに成功する。さすがのメネルも舌を巻くほどのルゥの潜在能力だった。

そんな平和な日々が続き、《灯火の河港》と《白帆の都》の良好な関係もあってウィルが統治する地は更なる繁栄をすることになる。

《鉄錆山脈》方面にも大きな動きが生じることはなく、季節は夏から秋に移っていた

順調に成長を続けるルゥ…ウィルもまた彼の天性の才能を感じる毎日だった。ウィルに憧れるルゥ、ウィルもまた以前のブラッドたちの気持ちに共感するものを感じ取っていた

そんな中、アンナにより《獣の森》での不死者の目撃情報が伝えられる。魔獣や悪魔絡みの事件が最近多かった中、それは久々の事件でもあった。

邪竜ヴァラキアカ

今回の《獣の森》の探索…メネルやレイストフたちに留守を守ってもらう一方で、ウィルはルゥを連れて来ていた。今回くらいの案件であれば、成長したルゥの初陣にはちょうど良いと考えていたようである。

やがて辿り着いた森の奥、そこにあった洞窟の玄室には不死神スタグネイトの《遣い》がいた。「以前の復讐が目的か?」と問うウィルに対して、《遣い》は思いがけない謝罪の言葉を口にする。警戒心を露わにするウィルに告げられたのは、不死神による啓示だった。

ウィルの脳裏に叩きつけられるイメージ…闇の中で感じたそれは隻眼の龍に命を奪われるウィル自身の姿だった。邪竜ヴァラキアカ、そう不死神が呼んだ竜により殺される未来。それが、《くろがねの国》を取り戻せるために戦いに赴いたウィルの未来に待つ結末だと予言される。

その語りが《くろがねの国》の陥落時の話に移り、邪竜ヴァラキアカがこれまで永き眠りについていた理由はアウルヴァングルの決死の特攻によるダメージによるものだと明らかになる。ルゥは彼の先祖である偉大な王の死が意味あるものだったと涙していた。

そして、不死神の《遣い》はウィルに一つの決断を迫る。今すぐに邪竜ヴァラキアカと戦えば、予言通りにウィルは敗れて命を落とすことになるだろう…しかし、一時的に出る犠牲を我慢して雌伏すれば、いずれは邪竜を討ち取る力を得ることができるだろう。迷うウィル、そこに眠りが浅くなった竜の咆哮が響く。その咆哮は、ただそれだけで近隣の魔物たちを活性化させる影響力を持っていた。

《灯火の河港》に退却したウィルは、エセル公やパグリーに事の顛末を報告する。

彼自身の領地に帰ったウィルは、不死神の《遣い》が投げかけた選択に対して答えが出せないままでいた。

ウィルの決断

https://twitter.com/filmemory_com/status/1460020297680113664

ウィルの元に届いたパグリーからの手紙…その内容は、不死神の《遣い》が語った内容を裏付けるものだった。

《災いの鎌》の二つ名を持つ邪竜ヴァラキアカ。神話の時代から生きる古の存在が持つ「邪毒」と「熱狂」…それらは、ウィルがこれまで戦ってきたキマイラたちと共通する性質である。このことから、これまでの事件の背後にいた高位悪魔も邪竜と共にあることが予想される。ウィルの身を案じるパグリーもまた、彼に逃げることを勧めていた。

逃げた先に待つのは《灯火の河港》が滅びる未来。それが判っていても、ウィルには決断ができなかった。

そんな中、ウィルの住まいにドワーフの生き残りたちが詰め寄せていた。彼らは口々に邪竜との命を掛けた決戦を希望する。ドワーフたちの前にはルゥがただ一人立ち塞がって彼らを説得していた。

ルゥにはドワーフたちが「勝ちたい」のではなく「死にたい」と考えていることを理解していた。だからこそ、彼はウィルの決断を待っていた。そして、アウルヴァングルの孫である彼自身がいつか必ず邪竜を討伐することを宣言する。

ルゥの勇気ある言葉に突き動かされたウィルは、彼らの前に姿を現して邪竜討伐の戦いに行くことを決断していた。ウィルを信じていたメネルやルゥもまた、彼と共に戦うことを申し出る。

ウィル、メネル、ルゥ、ゲルレイズ、レイストフ。少数の勇士たちが邪竜たちとの戦いに赴くことになった。

そして、ウィルが考えていたのは《鉄錆山脈》の裏側からの奇襲作戦…彼の生まれ故郷を通過する作戦である。ウィルが久々に帰って来た故郷では、以前のようにガスが待ってくれていた。

久しぶりの再会に話が弾むウィルとガス…ガスは邪竜を「篭絡する」可能性を示す。かつての大賢者を仲間に加えて、邪竜との戦いが始まろうとしていた。

ということで、ここまでがネタバレになります!

「最果てのパラディン」のフル動画を全話無料視聴できる配信サービス

\お勧めはU-NEXT/
サービス名 配信状況 無料期間
見放題
31日無料
途中解約OK
結論から言うとアニメ「最果てのパラディン」のフル動画を全話無料視聴するにはU-NEXTがお勧めです!

広告なし・CMなし・31日間無料、全話フルで視聴することが可能です。

U-NEXTは本来有料の動画配信サービスなのですが、今なら31日間の無料キャンペーンを行っているので、その無料視聴キャンペーン中に「最果てのパラディン」を一気見すれば、タダで視聴することが可能です!

PandoraやDailymotionのような違法動画サイトでの視聴はお勧めしません。怪しい広告が出てきてクリックするとクレジットカード情報などの個人情報が抜き取られる可能性があります。このようなサイトでは戻るボタンを押しても再度表示されることも多々あり非常に危険です。

また、仮に違法動画サイトで動画をダウンロードしてしまうと、著作権法の処罰の対象となり「2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金、またはこれの併科」となります。ですので絶対に視聴やダウンロードはしないようにしましょう。

アニメ「最果てのパラディン」無料で1話〜最終回まで全話配信している動画配信サービス一覧は以下になります。

配信あり&見放題で無料視聴可能:◎
配信ありでレンタル作品:○
配信不明:△
配信なし:×

サービス 配信 無料期間 特徴
31日間見放題アニメ配信数No.1
2週間日テレ系優先配信
31日間アニメ特化
×
31日間優先配信アニメあり
2週間コメント機能あり
Amazonプライム
30日間アマプラ独占配信あり
Netflix
なし独占配信アニメあり
アニメ「最果てのパラディン」を無料で視聴したい方はぜひ一番お勧めのU-NEXTの31日間無料体験に登録して視聴してください! アニメ「最果てのパラディン」はU-NEXT以外の動画配信サービスでも視聴が可能ですが、

・無料登録がたった2分で可能
見放題アニメの配信数No.1
・無料で何度も視聴可能
31日間も無料期間がある
・アニメ映画も多数配信
・一緒に漫画や雑誌も見れる
登録時に600ptもらえるので有料作品もお得に見れる

という理由からU-NEXTで視聴することをおすすめします!
本日から10月27日まで無料!
無料視聴の手順

U-NEXTの31日間無料体験に登録
②「最果てのパラディン」の見放題動画を視聴
③他のアニメの見放題動画もお好きに視聴

\U-NEXTは登録から31日間無料/

31日以内の解約で料金は一切不要

\アニメ無料で見るならU-NEXT/
登録から31日間無料のU-NEXTでは以下のような最新アニメが配信されています!
U-NEXTで配信中の2022春アニメ
プリマドール RWBY 氷雪帝国
てっぺんっ!!!!!!!!!!!!!!! 転生賢者の異世界ライフ
神クズ☆アイドル うたわれるもの二人の白皇
リコリス・リコイル 彼女、お借りします2期
真・一騎当千 ようこそ実力至上主義の教室へ2期
惑星のさみだれ オーバーロード4期
オリエント淡路島激闘編 異世界薬局
よふかしのうた メイドインアビス 烈日の黄金郷
最近雇ったメイドが怪しい カッコウの許嫁
咲うアルスノトリアすんっ! ルミナスウィッチーズ
シャドーハウス2期 シャインポスト
ハナビちゃんは遅れがち ダンまち4期
シュート! Goal to the Future 金装のヴェルメイユ
黒の召喚士 風都探偵
Extreme Hearts 組長娘と世話係
新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP むさしの!
東京ミュウミュウ にゅ〜♡ Engage Kiss
継母の連れ子が元カノだった 異世界おじさん
邪神ちゃんドロップキックX 異世界迷宮でハーレムを
Dr.STONE龍水 森のくまさん、冬眠中。
ラブライブ!スーパースター!!2期 5億年ボタン
さらにU-NEXTでは以下のような最新アニメ映画やOVAも配信されています。 以下の手順で、放送されている最新アニメを全話無料視聴できますよ!
U-NEXT無料体験の手順

U-NEXTの31日間無料体験に登録
②お好きなアニメの見放題動画を視聴
③31日以内の解約で料金は一切不要

\U-NEXTは登録から31日間無料/

31日以内の解約で料金は一切不要

※本ページの情報は2021年10月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

あわせて読みたい
最果てのパラディン|ウィルの正体能力強さと声優!出生とパンの秘密に両親は誰で名前の意味も 2021年10月から放送されているアニメ『最果てのパラディン』。 アンデッドに育てられた主人公のウィルが、成長しパラディンとなって冒険していく物語です。 今回は主人...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お勧め記事

目次