デカダンス2期アニメの放送日予定はいつから?何巻どこまでか続編ネタバレ

2020年7月からTV放送されている「デカダンス」。アニメ企画・制作会社のNUTによる、オリジナルSFアクション作品です。

今回はこの「デカダンス」より、続編の2期について放送日予定や、原作の何巻まで放送予定なのか予想していきたいと思います。

目次

「デカダンス1期」までが放送中!何巻まで放送?

2020年7月8日よりスタートしたアニメ「デカダンス」。遠い未来、西暦4000年頃の『人類』と怪物のような生命体『ガドル』との戦いのストーリーです。

人類はガドルにより、長きに渡って滅亡の危機に陥っていました。地上をガドルに取られた人類は、全高3,000Mの巨大な移動要塞(デカダンス)を建造し、そこで日々を暮らしていたのです。

また、この移動要塞(デカダンス)はガドルの体液により原動力として動いています。

物語の主人公は、幼い頃にガドルに父を殺され右腕を失った少女『ナツメ』

ナツメは父の影響でガドルと戦う戦士になりたかったのですが、不適正と診断されデカダンスの装甲修理人として働くことになります。

そんなナツメが、後の彼女の運命を大きく変える人物、同じデカダンスの装甲修理人である『カブラギ』と出会うのでした。

そしてナツメとカブラギ、ガドルとの戦いの物語が始まっていくのです。

「デカダンス2期」の放送日・放送時期はいつになる?

この作品は制作会社『NUT』(ナット)によるオリジナルアニメであり、原作本は今の所出ていません。

なので、今後のストーリー展開がどうなるのか予想しかできません。

また、NUTは2019年7月にこのデカダンスの制作を発表。そして、現在のアニメ放送に至ります。

しかし、監督の立川譲はインタビューにて

「第1話のラストシーン〜第2話の冒頭から登場したサイボーグたちが、あの時代の世界の主役であり、そして、絶滅寸前の人類を使って娯楽を楽しんでいる」

という事なんです。ナツメとカブラギや仲間たちとの絆を描いたアクションアニメかと思いきや、まさか可愛いキャラクターをしたサイボーグ達が主役で、人類の方がゲームだったなんて驚きです!

このことから、ストーリー的にはゲームエンドするまでは、このアニメも最終回を迎えることは無いと思うので、2期までは続編として続くのではないでしょうか?

そして、その2期もいつの放送になるのか全く予想が出来ません。もし2期が放送されるなら、今回と同じ木曜日の深夜枠での放送になるのではないでしょうか?

「デカダンス2期」は何巻から何巻のどこまでやる?

上記でもお話していますが、このアニメは制作会社『NUT』のオリジナルアニメであり、原作がありません。

しかし、このアニメを構成している監督などのインタビューにてストーリー展開が明らかになっています。

その中から抜粋して見ていくと。。。

Q.やはり、一番の見せ場もデカダンスになるのでしょうか?

A.立川監督:もちろんデカダンスは設定としても見せ場としても大事な要素です。ただ、一番描きたかったのはドラマの部分なので、自分の生き方を貫きたい少女・ナツメといろいろと諦めてしまった男・カブラギの関係性を大事に描くようにしています。

Q.では、もう一人の主人公であるカブラギについても聞かせてください。

A.立川監督:彼はナツメが就くことになる外装修理工のボスに当たる存在です。魅力的だと感じるのは、物語の導入から生きるのを諦めているところですね。過去のある出来事もあり、自分というものに疑問を持って生きています。もちろん芯の部分には熱意も意思もあるんですが、それをうまく表に出せないでいる。逆にナツメは自分を信じて、自分がしたいことに忠実に進んでいくので、二人は影響しあっています。その対比と関係性に注目していただけたら嬉しいです。

Q.放送を楽しみにしている読者へ改めて注目ポイントを教えていただけますでしょうか。

A.立川監督:巨大な要塞の存在感、ギアたちのアクションなど、重量感、躍動感溢れる映像をぜひ楽しみにしていただきたいんですが、何よりもまず見ていただきたいのはナツメとカブラギのドラマです。二人の関係性がどうなっていくか注目していただけたら嬉しいです。

Q.第2話でカブラギは、ナツメが「デカダンス」のシステムに存在を認識されていないことを知り、心を動かされていましたね。

A.立川監督:「デカダンス」のシステムにとっては、ナツメは存在しないはずの「バグ」です。そしてシステムは、バグを消去しようとします。カブラギはそういうシステムの意図の下に動いている。そのために、ナツメと交流することで自分の立ち位置が揺らいだりすることもあるわけです。

Q.単なる男と少女の関係ではなく、商品を管理する側とそうとは知らずに管理される側。もう一段、複雑な関係にあるわけですね。

A.立川監督:たとえば、ナツメはガドルがいなくなることを望み、そのために戦おうとするけれど、ゲームのシステム上、ガドルがいなくなることは絶対にない。

でもカブラギはナツメに「ここは娯楽施設だから無駄な努力だ」とは言えないですし、他にも伝えられない事実がたくさんあるから、彼女を止めようと思っても止められない。その結果、ナツメが命の危険にさらされたら助けに行かなきゃいけない……とか。この先、そんな風に世界観や設定とストーリーが絡み合いつつ、カブラギとナツメのドラマが展開していきます。

いかがでしょうか?今後もナツメとカブラギの2人に注目ですね!

「デカダンス2期」に登場する新キャラとみどころは?

これまで説明してきた通り、今回のアニメは全て可愛いキャラのサイボーグ達が作り上げた世界だという事が分かりました。

登場する人達、ガドルと呼ばれる怪物の様な生命体も、全てサイボーグ達が娯楽の為に作り上げたものでした。サイボーグ達はゲームのプレイヤーとして人間に近い姿形の素体にログインして、ギアと呼ばれる戦士になってプレイするのですが、ログインした人物も様々で、青や紫の肌色をした人物が登場してきます。

また、1期でも数々の色んな種類のガドルが登場し、ログインされたプレイヤー、ガドルに負けて亡くなった人たちが数多く出てきます。

この事から続編の2期でも、更に色んな種類のガドルと人種が違う人間が登場してきそうですね!

この機会に今までの放送で、どんな種類のガドルと人種の人間が登場したのか調べてみるのも、楽しみの一つかも知れません。

そして、先ほどもはなした通り、上記でのインタビューにてナツメとカブラギとの今後の関係性も注目です!

まとめ

これまで、2020年7月から放送されているアニメ「デカダンス」について、次回続編となる2期などを予想してきましたがいかがでしたか?

今回、このアニメは制作会社「NUT」によるオリジナルアニメであり原作も無い事から、今後の予想はあくまでも個人的な意見しか出来ませんでしたが、色んな視点から今後どんなストーリー展開になりそうか、想像するだけでも楽しくなってきますね!

また、監督やプロデューサー、脚本家の方達のインタビューなどもネットにて掲載されているので、そこから予想してみるのも楽しみの一つかも知れませんね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる