254話で日下部篤也が死亡確定?生存生きてる?憂憂ミゲルは死体遺体回収できず?【呪術廻戦考察】

本サイトでは広告を利用しています
2/5 - (3 votes)

254話で、宿儺と戦った日下部でしたが、結果敗北しました。

死亡したか不明ですが、今回は日下部の戦いを振り返りながらご紹介します。

目次

日下部が宿儺と善戦

当初日下部はシン・陰流簡易領域 居合『夕月』というオリジナルのプログラムを付与したものを展開しました。

これは領域に入ったものの全自動反射システムでした。三輪も似たようなものを使えますけど、日下部の場合は領域の広さを後から広げられました。

そして構えた後に領域範囲を広げたことにより、領域内に宿儺が入ります。すると自動迎撃が発動し、宿儺の身体を切り刻みました。

日下部が敗北

しかし途中で剣が折られ、殴打で攻めます。

その後にシン陰流朧月という技を使って、呪力で剣先を作ります。

しかし宿儺の心臓を狙った日下部の攻撃は見切られており、指で剣を白刃取りされてしまいます。

次のページでは日下部の胸に斬撃の跡が残っており、倒れていました。

さすがに宿儺相手ではこうなってしまいますよね。

日下部は死亡した?生存生きてる説は?

では、日下部は死んだのでしょうか?

ピクリとも動いていなかったようなのでわかりませんけど、ちょっとわかりません。

回想で冥冥、七海、五条と日下部の強さを語っていましたけど、最後には優しいと言っていました。こういう優しいとかの言い回し死亡フラグなんですよね。

これまでも日車などの遺体を回収してきた憂憂ですけど、生きてる人も回収していたはずです。

これまでにも宿儺は死ぬまで戦っていたはずなので、正直、日下部は死んだのではないかと思ってしまいます。でも、奇跡的に生き残るのが日下部ではないかとも思っています。

憂憂が日下部の遺体回収失敗もミゲル登場

そして敗北した瞬間に憂憂が術式で登場しますが、宿儺が鬱陶しいと言って消そうとします。

ここで日下部の遺体を回収する前に憂憂が死んでしまうかと思いきや、そこに登場死たのはミゲルでした。

ミゲルはいつの間にかビルの上に移動しており、右腕で憂憂を抱えていました。

まさかの登場にワクワクしましたね。

その後は遺体回収できる?

では、このあとミゲルが宿儺と戦うとして、日下部の遺体は回収できるのでしょうか。

ミゲルが宿儺に隙を作らせないくらい良い戦いをするなら、その間に憂憂が日下部を回収できるでしょう。

個人的には今回は日下部の回収に成功すると思っています。

ただミゲル以外にも登場するのではないでしょうか。ラルゥなど百鬼夜行で登場したメンバーが集結すると面白いですね。ただ、ミゲル以外は雑魚のイメージです。

まとめ

ということで今回は日下部の死亡について紹介しました。

個人的には日下部は最後まで生き残ると思っています。

死ななそうなキャラナンバーワンでしたからね。

  • URLをコピーしました!
アニメ見るならdアニメストア
【dアニメストア】5,700作品以上のアニメ見放題サービス dアニメストア!31日間無料・月額税込550円!

dアニメストアはアニメ特化の動画配信サイトで数多くのアニメが配信されています。初月31日間無料でその間に解約すれば一切お金はかかりません!

・魔法少女にあこがれて(あこがれver.)
・魔都精兵のスレイブ(ご褒美ver.)

などの無修正バージョンも配信されていますよ!
無料視聴の手順はたったこれだけです!

無料視聴の手順

dアニメストアの31日間無料体験に登録
②最新アニメの見放題動画を視聴

③31日以内の解約で無料

\dアニメストアは登録から31日間無料/

31日以内の解約で料金は一切不要

<2024年春アニメも絶賛配信中!>

・ザ・ファブル
・アイドルマスター シャイニーカラーズ
・神は遊戯に飢えている。
・声優ラジオのウラオモテ 
・転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます
・終末トレインどこへいく?
・Unnamed Memory
・花野井くんと恋の病
・黒執事 -寄宿学校編-
・僕のヒーローアカデミア第7期
・ブルーアーカイブ
・無職転生Ⅱ
・転生貴族、鑑定スキルで成り上がる
・転生したらスライムだった件 第3期
・響け!ユーフォニアム3
・ささやくように恋を唄う
・THE NEW GATE
・怪獣8号
・夜のクラゲは泳げない
・ワンルーム、日当たり普通、天使つき。
・魔法科高校の劣等生 第3シーズン
・アストロノオト 狼と香辛料
・Re:Monster
・ゆるキャン△ SEASON3
・デート・ア・ライブⅤ
・烏は主を選ばない
・怪異と乙女と神隠し
・この素晴らしい世界に祝福を!3
 などなど……

31日以内の解約で料金は一切不要




目次