治癒魔法の間違った使い方ローズの死亡右目ネタバレ!ヒロインで過去強い理由

本サイトでは広告を利用しています

記事の星評価

「治療魔法の間違った使い方」に登場するローズは、作中最強だと言われているキャラクターです。今回は、そんなローズが強い理由や右目のケガ、過去の出来事や死亡説についてご紹介していきます。

彼女の強さや過去に迫って理解を深めることで、新たな発見があるかもしれません。

目次

ローズは死亡する?

「治療魔法の間違った使い方」で救命団の団長を務めているローズは、圧倒的な強さを持っていることで有名です。そんなローズには死亡説も囁かれていますが、そこにはさまざまな理由があります。

特に、過去に彼女が右目をケガしたことに起因して、魔族と再戦する際の一騎打ちが大きな要因になっていると言えるでしょう。ファンの間ではローズにとってこの一騎打ちが最後の戦いになると考察され、彼女の死亡説が広まりました。

また、弟子で部下のウサト(兎里健)が現場に居合わせたことでローズが彼に気を取られてしまい、本来の力が出せない可能性もあります。魔族による捨て身の攻撃が、彼女にとって命とりになる可能性は高いでしょう。

これらはあくまでも現時点で分かっている情報やストーリーを基にした考察であり、今後の物語の進行によって真実が明らかになっていきます。

ローズの右目ネタバレ

「治療魔法の間違った使い方」では闘いによるローズの右目の負傷が描かれており、このケガがキャラクターたちには大きな影響を与えています。魔族との戦いによって受けた傷には、身体的なただの損傷以上の意味がありました。

ローズは、敵の魔族の隊長が持つ「魔力を断ち切る呪い」がかけられた武器による攻撃で右目を負傷してしまいます。このケガには彼女の治療魔法をもってしても効果がなかったため、傷ついた右目は視力を失ってしまいました。

この出来事は、後のローズの性格形成や闘い方にも大きく影響しています。また、この経験があってからウサトを厳しく鍛えるのにも過去の教訓が生きていると言えるでしょう。

ローズはヒロイン?

「治癒魔法の間違った使い方」のヒロインは、公式にはスズネ(犬上鈴音)です。ローズと主人公・ウサトとの関係でいえば治癒魔法の使い手の師匠と弟子、または救命団の上司と部下といったところですがネット上では彼女をヒロインと推す声も聞かれます。

ローズはもともと騎士でしたが、闘いにおいて味方を救うことを優先するため救命団を立ち上げました。あらゆる障害を腕力でもって解決させてしまう女傑で、「理不尽の権化」とも呼ばれています。

かつて自身の慢心で右目のみならず部下を失ったことを後悔しており、部下に対して厳しく訓練させるのは「死なない部下」を求めているからです。そんなときに偶然現れたウサトには、「死なない部下」として最適の人材だとかなり期待しています。

ローズの過去と強い理由

ローズは治癒魔法師ですがひとりでも魔王を倒してしまえるのでは、というくらい強いです。作中最強と言われるその強さの裏側には、呪われた武器によって治癒魔法の効かないケガを負ってしまった過去が大きく関係しています。

当時の闘いで自分の右目の視力のみならず部下の命までも奪われてしまったことは、彼女にとって大きなトラウマを植え付けました。そのため、部下を鍛えることはもちろんローズ自身も強さというものに固執するようになります。

ウサトに厳しく稽古をつけていたのも、もう二度と部下を失う気持ちを味わいたくないからです。彼女の厳しさの裏には、ちゃんと優しさがあったことが分かります。

まとめ

今回は、「治癒魔法の間違った使い方」のローズについてご紹介してきました。右目のケガや過去のトラウマは彼女の性格やその後の行動に多大な影響を及ぼしており、物語にも深みを加えていると言えるでしょう。

また、ローズに囁かれている死亡説は物語に緊張感をもたらしており、ファンの間ではさまざまな考察がされています。彼女の強さの裏側にあるこのような複雑な背景を理解すれば、より一層物語への没入感が深まるはずです。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次