ゆびさきと恋々 雪の補聴器にお兄ちゃん彼女は聴覚障害が理由で別れる

本サイトでは広告を利用しています

記事の星評価

ゆびさきと恋々の主人公の雪にはお兄ちゃんがいます。

お兄ちゃんは独身で雪との兄弟仲は悪くないのですが、雪には言えない秘密があり後ろめたい気持ちがあるようです。

今回はゆびさきと恋々の雪の補聴器の意味、雪のお兄ちゃんについて、お兄ちゃんの彼女は雪の聴覚障害が理由で別れる?今の雪とお兄ちゃんの関係について解説していきます。

目次

聞こえないのに雪の補聴器の意味は?

主人公の糸瀬雪には生まれつき聴覚障害があります。聴覚障害には様々な種類がありますが、雪の聴覚障害は全く何も聞こえないと言うものです。

そのため、日常生活を送るうえで全く音が聞こえないのは危険なので、補聴器を付けて生活をしています。

しかし、補聴器があれば普通の人と同じように聞こえると言うわけではなく、雪本人は「本当の音は聞いたことはないけど」「すべての音が混ざっているような感じです」と述べています。

音がどこから聞こえているのかは全く分からないようで、後ろから近寄られると全く反応できていません。

人の声に対しても同様で、雪は相手が何を言っているか正確に聞き取ることができないため、唇の動きを読んだり、手話、筆談、スマホの連絡アプリ、ジャスチャーを使って人と意思疎通を取っています。

雪のお兄ちゃんについて

冒頭でも述べた通り、雪には至(いたる)という兄がいます。両親と同様で手話を使える訳ではなく、雪とはジャスチャーなどで会話しています。

性格はかなりズボラで、部屋を掃除に来た雪が「毎回、やりがいを感じる汚れた部屋だな…」と思うほど生活力がありません。

また、逸臣ほどではありませんがかなりマイペースな性格なようで、雪の父親がサウナでの逸臣のマイペースさを見て、「うちの息子よりマイペースなんじゃないか」と引き合いに出すほどです。

過去には交際していた彼女がいて同棲までしていたようですが、とある理由から彼女の方から別れを告げられることになります。

雪のお兄ちゃんの彼女は雪の聴覚障害が理由で別れる

実は至が彼女に別れを告げられた原因は雪の聴覚障害にあります。

至は当時の彼女と1年ほど同棲していたのですが、妹の雪が聴覚障碍者であると言うことを一度も話していませんでした。

至にとっては雪は可愛い妹で、障碍者と思ったことはなかったので、特段伝える必要もないかと考えていたようです。

雪の耳の障害のことを知った至の恋人は、この先結婚して将来のことを考えると、子供を産むのが怖くなったと言われ、別れを告げられたのだと言います。

至がこのことを両親に話すとかなりショックを受けた様子でした。そして雪にはこのことは決して言わないでおこうと家族で決めたのでした。

雪とお兄ちゃんの今の関係は?

雪の聴覚障害が原因で恋人と別れることになってしまった至ですが、それが原因で雪への態度が変わることもありませんでした。

元々の兄弟の仲も悪くなく、至が雪の部屋に充電器を借りに来たり、雪が一人暮らしの至の部屋の掃除や片付けにいき、至がお礼に雪にお小遣いをあげるなどそれなりに交流があるようです。

至にとっては変わらず、雪は可愛い妹なのですね。しかし、別れた原因が雪の聴覚障害である事を申し訳なく思っていて後ろめたさを感じているようです。

至は恋人と別れた原因について雪に何も話しておらず、雪も詮索はしていません。

しかし、雪は別れた原因に至のズボラで生活力がなく、すぐに汚部屋を作り出してしまうところが振られた原因だと思っているようで、「同棲したら色々あるんだろうなぁ」と述べていました。

まとめ

今回はゆびさきと恋々の主人公、糸瀬雪の兄である至について解説してきました。

雪のことを可愛がっている優しい兄なのですが、恋人との別れはあまりにも理不尽で可哀そうだなと思いました。

ストーリーが続く中で、いつか至も報われてほしいと願っています。

また、逸臣と人間性が合いそうなので、今後絡んでほしいと期待しています。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次