かがみの孤城こころとリオン同い年付き合う?その後に性格記憶も

本サイトでは広告を利用しています

5/5 - (2 votes)

「かがみの孤城」は、様々な理由で不登校になった中学生たちが異世界の不思議なお城「かがみの孤城」での経験を通して立ち直っていく物語です。原作は小説ですが、アニメ映画化もされている人気作です。

今回は、主人公である安西こころと孤城での仲間の一人であるリオン(水守理音)について、二人は同い年で付き合うのか、結末後の二人の関係性、こころの性格や記憶についてネタバレしていきます。

目次

こころとリオンは同い年?

こころとリオンは同じ中学一年生で同い年です。二人はある日突然、自室の鏡を通して異世界「かがみの孤城」に行けるようになり、そこで出会いました。

かがみの孤城にはこころとリオンを含め7人の中学生が参加しており、みんな個性豊かなメンバーです。その中で中学1年生はこころ、リオンと男子のウレシノ(嬉野遥)の3人でした。他に2年生、3年生がそれぞれ2人ずつ参加しています。

こころは内気な性格なので、人と仲良くするのが苦手なタイプです。ましてや中学生はまだまだ先輩・後輩の垣根がある年頃ですので、中学2年生、3年生より同級生のリオンとウレシノに親近感を感じていました。しかし、ウレシノはすぐに人を好きになってしまう軟派な性格で、恋愛事が原因でいじめられたこころからすると苦手なタイプでした。

こころとリオンは付き合う?

こころはウレシノのことは苦手でしたが、リオンには興味がある様子でした。二人ともそれほどお喋りなタイプではないですが、リオンは物静かな様子でありながら大事な時には存在感を発揮してリーダーシップをとるタイプであり、きっとこころには魅力的に映っていたと思います。

一方、リオンの方はこころに特別な感情を抱いているという素振りはありませんでした。原作小説ではこのように二人の恋愛事情に触れることはなかったのですが、アニメ映画では7人の中学生のうち誰かに焦点を当ててストーリーを構成する必要があったためか、こころとリオンのやり取りがピックアップされており、二人が恋愛関係になってもおかしくないと思わせるような演出になっています。

とは言え、原作小説でもアニメ映画でも二人が付き合ったかどうかは描かれていません。

こころとリオンのその後は?

かがみの孤城では、「願いの部屋」を開けるための「願いの鍵」を見つけた1人のみがどんな願いでも叶えることができます。ただし、その1人が願いを叶えると、かがみの孤城で過ごした記憶が7人全員から消えてしまいます。

ただし、かがみの孤城には絶対に守らないといけないルールが一つあり、午前9時から午後5時以外の時間にかがみの孤城にいてはいけない、というものです。物語終盤で、アキ(井上晶子)がこのルールを破り、こころ以外の6人がオオカミに食べられてしまいました。

そんな仲、最終的に願いの鍵を見つけたのはこころでした。こころはオオカミに食べられた6人を救ってほしいと願い、無事に6人全員助かりました。願いを叶えたことで、かがみの孤城で過ごした記憶が消えた状態で7人は現実世界に戻っていきました。

そして、中学2年生になった春、こころとリオンは同じ雪科第五中学で再会するのでした。アニメ映画の入場得点のポストカードでその後の2人が描かれており、付き合っているはわからないものの、とても仲良くしている様子なので、もしかしたら付き合っているのかもしれませんね。

こころの性格

こころは本来は内気な性格ですが、仲の良い友達と話すときは明るく楽しそうにおしゃべりします。また、打ち解けた相手には毒を吐くような発言をしたりもします。本当にどこにでもいそうな女子中学生なので、中学生から見ると非常に親近感の感じるキャラだと思います。

かがみの孤城でこころが当初叶えたいと思っていた願いは、自分をいじめた真田美織を消すことでした。いじめられた影響だとは思いますが、少し危険な考え方も持っていると思われます。

しかし、こころはかがみの孤城で友達と過ごすうちに少しずつ立ち直り、願いの鍵を見つけて叶えた願いは真田を消すことではなく、友達を救うことでした。現実世界に戻ったこころは不登校ではなく学校に通っていますので、かがみの孤城での経験がこころを強く成長させました。

こころの記憶

現実世界に戻った時点で、かがみの孤城で過ごした記憶はこころから消えています。一方、リオンはにはかがみの孤城での記憶が残っている可能性があります。

かがみの孤城を作って運営していたのは謎のオオカミの少女なのですが、その正体はすでに死亡しているリオンの姉でした。リオンはかがみの孤城が閉場する間際にオオカミの姉に記憶を残してもらえるようにお願いしており、オオカミは「善処する」と答えていました。

リオンは中学一年生の時はハワイの中学に通っていますが、中学二年生になってから雪科第五中学に転校してきており、登校してくるこころを待っている様子が描かれていました。リオンからかがみの孤城での記憶が消えてしまっているなら、こころとリオンの接点は全くないなので、このような描写が描かれることはないはずです。

真相はわかりませんが、この二人にはぜひ仲良くなって欲しいですね。

まとめ

今回は、かがみの孤城の主人公・こころについて、リオンとの関係性を交えながら解説しました。

物語の結末後にこころとリオンがどうなったのか、確実なことはわかりませんが、付き合っていないとしても少なくとも友達として二人が仲良くなったことは確実だと思われます。

気になった方はぜひ原作小説もしくはアニメ映画を観て、二人のその後の関係について想像してみてくださいね。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次