かがみの孤城スバルの声優に髪金髪と兄彼女!名前本名の意味【板垣李光人/長久昴】

本サイトでは広告を利用しています

3/5 - (4 votes)

作家、辻村深月さんによる『かがみの孤城』。2018年に本屋大賞を受賞し、鮮やかな伏線回収に話題を呼んだ作品です。

今回は、スバルの声優板垣李光人さんに、髪を金髪にした理由と兄彼女名前本名の意味などを紹介していきたいと思います!

目次

スバルの声優は板垣李光人

『かがみの孤城』の劇場版アニメで、スバルの声を担当しているのは、声優ではなく俳優として活躍している板垣李光人さんです。

板垣李光人さんの代表作は、実写『約束のネバーランド』ノーマン 役や『なのに、千輝くんが甘すぎる。』の手塚颯馬役、『どうする家康』の井伊直政役などです。

どれも声優としての仕事ではなく、映画やテレビドラマの出演で、劇場版アニメで声優に挑戦するのは『かがみの孤城』が初めてです。

スバルが髪を金髪に染める

スバルは穏やかな性格で、誰に対しても優しく接してくれます。最初にこころをゲームに誘ってくれたのもスバルでした。

ハリーポッターのロンに似ていて、ほぼ初対面のこころのことも「ちゃん付け」で呼ぶ不思議な雰囲気を持っているスバルですが、8月に髪色を急に変えました

こころが髪について聞くと、兄ちゃんに「夏休みなんだし変化つけろよ」と半ば強制的にやられちゃったんだと笑いながら答えました。兄ちゃんとその彼女にピアスの穴も開けられたそうです。

しかし本当は全て自分でやりました。こころがお風呂場の×印に触れ、スバルの記憶を見たのです。オキシドールで髪を脱色して「兄ちゃんにやられたって言おう」と思っていました。本当は兄ちゃんはもう何日も家に帰っておらず、相手にもされていなかったのです。

スバルの兄の彼女と友達の話

スバルの母親は家を出て、父親は再婚したため、スバルとスバル兄は祖父母の家で暮らすことになりました。スバルは4月から通うことになった学校にそもそも愛着はありませんでした。

スバルの兄も真面目に学校には行っておらず、祖父はスバルに毎朝嫌味を言い、父も期待はせずに自分の人生の責任は自分でとれという考えのようでした。

スバルの兄は制服に刺繍をし、誰のものか分からないバイクに大きな音を出して乗っている、いわゆる不良です。仲間うちで舐めた真似をしているやつがいると痛い目見せないといけないから、とスバルも呼ばれることもあります。

嫌味は言っても何も具体的な行動をする人はいなくて、誰もスバルのために必死になってくれないのだとスバルは考えていました。

スバルの父がつけた名前本名の意味

スバルの本名は長久昴(ながひさ すばる)と言います。スバルという名前は父親がつけてくれたもので、父からもらって1番好きなものです。

「昴」は歌の名前と一緒で「プレアデス星団」の和名であり、別名「六連星(むつらぼし)」です。こころはスバルの名前をファンタジーっぽいと感じていました。

父がくれた2番目に好きなものであるウォークマンのように、新しい機械の仕組みを考えることが好きなスバルは、父が高校のお金を出してくれたため、中学卒業後は工業高校に進学します。

スバルはマサムネにゲーム作る人になるよと約束しますが、マサムネが紹介した「ナガヒサ・ロクレン」は苗字の長久「六連星」からきていることは間違いないでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は『かがみの孤城』のスバルについて見ていきました。

いつでも優しく誠実なスバル。年代的にも他のお城のメンバーとは違い、喜多島先生と関わりがあったわけではありません。しかしお城の中で夢をもらい、生きる道標になっていたのではないでしょうか。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次