柊うてながかわいい声優と年齢誕生日にコスプレ!性格本性はドSサディスト【和泉風花/マジアベーゼ】

本サイトでは広告を利用しています

5/5 - (1 vote)

2024年1月からアニメの放送がスタートした「魔法少女にあこがれて」。今回は、そんなまほあこの柊うてな/マジアベーゼについてご紹介していきます。

うてなの性格や誕生日、担当声優などを紹介していくので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

目次

柊うてながかわいい

「魔法少女にあこがれて」は小野中彰大先生のSM百合漫画で、ストーリアダッシュにて2019年3月から好評連載中です。また、2024年1月からはアニメの放送が始まりました。

まほあこの主人公は柊うてな/マジアベーゼで、優しい性格で普段はおとなしいものの実はドが付くほどのサディストで変身後はその才能を遺憾なく発揮しています。彼女の専用武器である「支配の鞭(フルスタ・ドミネイト)」は、打ったものを魔物に変えてしまうことが可能です。

うてなにとって変身ヒロインは総じて神らしく、魔法少女のみならずエノルミータの構成員も調教対象になっています。また、魔法少女には強い憧れと拘りをもっており、戦いの場に一般人を巻き込むなど「魔法少女のあるべき姿」に当てはまらない行為は許していません。

ちなみに、悪の組織の構成員でありながら世界征服には興味がなくただ魔法少女たちを苦しめたいだけで、最終的に悪役らしく散っていきたいというのが彼女の考えです。そんなうてなには人前で食事するのが恥ずかしい、お化けが苦手といったかわいい一面もあります。

柊うてなの声優は和泉風花

柊うてな/マジアベーゼのアニメの声は、声優の和泉風花さんが担当しています。まほあこのキャストが発表された際、和泉さんは「かわいく、艶やかに、そして悪の女幹部らしく大胆に演じたい」とコメントされていました。

また、和泉さんは声のお仕事だけでなく、トレーディングカードゲーム「Z/X」や「けものフレンズ3」などで共演した声優とともにユニットを組んで音楽活動もされています。

和泉さんの代表作は「おりがみにんじゃコーヤン@きんてれ」のコーヤンや「たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語」のベリー、「ポーション頼みで生き延びます!」のコーシャや「川越ボーイズ・シング」の茨戸しおりなどです。

柊うてなの年齢誕生日

柊うてなの誕生日は11月14日で、年齢は14歳です。うてなは、巷を賑わせている魔法少女3人組の「トレスマジア」に憧れるごく普通の女子中学生でした。

しかし、ある日黒いマスコット・ヴェナリータの誘いに乗り、言われるままに悪の組織「エノルミータ」の女幹部・マジアベーゼに変身します。その結果、彼女は魔法少女たちとの熾烈な戦いに身を投じることになってしまいます。

うてなは学校の制服を着ていることが多いですが、マジアベーゼは少々露出度の高い悪魔ライクな装いです。ツヤのある黒髪に若干垂れぎみの金色の瞳と八重歯が特徴で、ショートヘア頭髪からはハート形のようなアホ毛が1本立っています。

柊うてなのコスプレ

Amazonなどの通販サイトや漫画・アニメ・コスプレの専門店などでは、まほあこのキャラクターになれる衣装が取り扱われています。柊うてなや花菱はるかなど、衣装のラインナップも豊富です。

X(旧Twitter)やInstagramなどのSNSでは、キャラクターの衣装をまとったコスプレ写真も多く投稿されています。マジアベーゼなどエノルミータの構成員のコスプレ衣装は少々露出度高めですが、衣装を着ればそのキャラクターになれたような気分を味わえるでしょう。

コスプレ衣装はSからXXLまでサイズが豊富で、ショップによっては自分の体形に合わせてカスタマイズできる場合があります。自分だけの特別なコスプレ衣装を身にまとって、イベントやコスプレ集会で盛り上がるまほあこファンは多いです。

柊うてなの性格本性はドSサディスト

もともと普通の中学生だったこともありうてなは内気ながら優しい性格で、日常生活では人畜無害と言えます。ただし、性的なことへの興味が強く、魔法少女たちへの調教行為が落ちていた大人な本のSM行為と似ていたことから興味を惹かれたようで本を拾って持ち帰っていました。

マジアベーゼとしては調教への興味が強く、可愛い女の子ひいては魔法少女に並々ならぬ拘りを持っています。魔法少女たちとの戦いを通してどれだけ性癖が拗れようとも魔法少女が大好きな根本の部分は全く変わっておらず、たとえ本人の意思があっても解釈違いは許しません。

また、「わたしの魔法少女」と語るなどの独占欲が見られるなど、性癖と「好き」の感情を拗らせまくった厄介オタクでもあります。内面があまりに矛盾している点はエノルミータの仲間内からもなかなか理解されず、「クソヤバ女」と評されていました。

まとめ

今回は、「魔法少女にあこがれて」の主人公・柊うてな/マジアベーゼについてご紹介してきました。ひょんなことからエノルミータの女幹部になり、戦いの中で魔法少女たちを鞭で叩いているうちにサディスティックな本性が明らかになったうてな。

さまざまな責めを行ううちに魔法少女の1人をMに目覚めさせたり、ケンカを吹っ掛けてきた仲間を返り討ちにしたら懐かれてしまったりと百合的な展開もありました。女性同士の恋愛かつ特殊な性癖を扱っており珍しい作品ですが、その道が好きな人には楽しめるでしょう。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次