ヴィアベルのドイツ語意味に好きな魔法!エーレ好きで恋人?【葬送のフリーレン】

本サイトでは広告を利用しています

3/5 - (2 votes)

人気漫画でアニメも大人気の「葬送のフリーレン」。本作は勇者パーティーが魔王を倒し、世界を救った後の世界を描くアフターファンタジーです。

本作のメインストーリーは、主に勇者パーティーの魔法使いでエルフ族であるフリーレンの魔王討伐後の旅物語です。

今回は、フリーレンが旅の途中で出会う男魔法使いであるディアベルについて、その名前のドイツ語での意味と好きな魔法について、さらにはエーレという女魔法使いのことが好きで恋人になるのかについて解説していきます。

目次

ヴィアベルのドイツ語意味

みなさま、ご存じでしたでしょうか。実は「葬送のフリーレン」に出てくるキャラクターの名前や地名はほとんどがドイツ語を語源としています。

例えば、主人公の「フリーレン」は「frieren(凍る)」、現在のパーティーメンバーの「フェルン」は「fern(遠い)」、「シュタルク」は「stark(強い)」といった感じです。

ディアベルはフリーレン達が旅の途中で受けた一級魔法使い試験で出会った男魔法使いです。ヴィアベルは戦闘能力が高く、北部魔法隊の隊長を務めており、長年にわたって魔王軍残党と戦ってきています。一見、粗暴なふるまいで乱暴な印象を受けますが、実は優しさを併せ持っている魅力的なキャラクターです。

「ヴィアベル」のドイツ語での意味は「Wirbel(渦)」です。

ヴィアベルの好きな魔法

本作では、魔法使いたちは飛行魔法や花畑を出す魔法など、様々な魔法を使いますが、それぞれキャラクターごとに得意で好きな魔法があります。特に、戦闘時にはほとんどの場合において自身の得意な魔法しか使いません。

ヴィアベルの好きな魔法は、「見た者を拘束する魔法(ソルガニール)」です。この魔法は、自身の視界内に相手の全身を収めることで、完全に相手の動きを封じる強力な魔法です。相手の体の一部だけでも視界から外れてしまうと、魔法の効果が切れてしまいます。

この魔法は、発動時に渦のようなエフェクトが相手の体に巻き付いて拘束します。ヴィアベルの名前はこの魔法のエフェクトから名付けられていると思われます。

ヴィアベルはエーレの村を救っていた

ヴィアベルは初登場時は二級魔法使いでしたが、フリーレンやフェルンたちとともに一級魔法使い試験を受験し、見事に合格して一級魔法使いに昇格します。

ヴィアベルは、その一級魔法使い試験でエーレと出会います。エーレは三級魔法使いですが、戦ったことのあるフェルンからはヴィアベルよりも実力が上だと評価されています。実際、エーレは極めて優秀な魔法使いであり、祖父が一級魔法使いである上、彼女自身も魔法学校を首席で卒業しています。フェルンとの戦闘では負けてしまいますが、実戦経験不足が敗因とされており、実戦経験を積めばどちらが勝つかはわからないようです。

ヴィアベルとエーレは、一級魔法使い試験の前に一度会ったことがあり、実はヴィアベルは過去に北部魔法隊としてエーレの村を魔族の襲撃から救っています。

ヴィアベルとエーレは恋仲になる?

エーレは、自分や自分の村を救ってくれたヴィアベルに恩を感じるとともに、強い敬意を持っています。

ヴィアベルとエーレは一級魔法使い試験で再びであり、一次試験ではパーティーを組み、行動を共にします。その中で、エーレはヴィアベルの人柄を徐々に知っていきます。ヴィアベルは粗暴な行動で言葉遣いも粗く、人を殺すことも厭いません。

しかし、実際には無用な戦いや殺人は好んでおらず、街中で困っているお年寄りを助けるなど、優しい一面を持っています。エーレはそんなヴィアベルに興味を持ち、一級魔法使い試験が終わった後もヴィアベルに同行するようになります。

しかし、ヴィアベルやエーレがお互いに好意を抱いているかというと、今のことろそういった描写はありません。もしかすると、将来的に二人が恋仲になる可能性はありますが、少なくとも現時点では二人の関係はあくまでも相棒といった様子です。

まとめ

今回は、人気漫画でアニメも絶賛放送中の「葬送のフリーレン」について、本作に出てくる魔法使いの一人であるヴィアベルについて解説しました。

ヴィアベルは一見乱暴な魔法使いですが、実は優しい心の持ち主です。エーレはそんなヴィアベルに興味を持っており、今後、二人が恋仲になるかどうか、温かく見守っていきましょう。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次