ゼンゼのドイツ語意味に強さと髪に魔法に一級魔法使い【葬送のフリーレン】

本サイトでは広告を利用しています

記事の星評価

主人公のフリーレンがさまざまな人と出会いと別れを繰り返していく「葬送のフリーレン」。その中でも「一級魔法使い試験編」では多くの新キャラが登場しました。

今回は、その「一級魔法使い試験編」で初登場した一級魔法使いのゼンゼについてご紹介していきます。気になる方はぜひチェックしてみてください。

目次

ゼンゼのドイツ語の意味

ゼンゼは「一級魔法使い選抜試験」のエピソードで登場した、二次試験の試験官を務めていた一級魔法使いです。小柄なフリーレンとさほど変わらない体格で、脚に届くほど長い髪が特徴的な人物となっています。

少女のような見た目に反して実年齢はかなり高く、経歴や地位から考えて30代くらいです。 淡々とした口調と眠たげな瞳が印象的で、平和主義者の一面もあります。また、なぜかシュティレに懐かれていて頭の上に乗られていることもありました。

「葬送のフリーレン」に登場するキャラクターの名前はドイツ語が由来になっていることで知られており、「ゼンゼ(Sense)」はドイツ語で大鎌を意味する名詞です。詳しくは後述しますが、自分の髪を自由自在に操って戦うゼンゼの髪は攻撃時鋭い刃物のようにもできるため、「鎌」という言葉がぴったりと言えるでしょう。

ゼンゼの強さ

本編でゼンゼが闘うシーンはないものの、第二次試験の会場になっている零落の王墓では「水鏡の悪魔」に生み出された複製体のゼンゼが受験者を苦しめていました。ゼンゼ本人に拘束魔法や精神操作魔法に耐性があるかは定かではありませんが、複製体は本物の能力などが精密に模倣されています。

そのため、精神魔法の専門家でもある二級魔法使いの「声」すら通しませんでした。また、武闘派ではない魔法使いは逃げるだけでやっとで、全面展開された防御魔法すら砕かれるという脅威性も見られます。

それだけでなくフリーレンもゼンゼの複製体はおおむね看過できないと判断しており、二級魔法使い以下の受験者は為す術もなく瞬殺されてしまいました。さらに、一級魔法使いと遜色ない実力を持つ宮廷魔法使いのデンケンですら隙を捉えることができないので、ゼンゼ本人の実力も複製体と大差ないことは間違いないでしょう。

ゼンゼの髪には幾重もの魔法がかかってる

ゼンゼの魔法は、「自分の髪を操る」というものです。ゼンゼは身体を覆うほど長い髪に幾重もの魔法をかけており、その1本1本を自由自在に変質させることが可能となっています。

現代魔法における防御魔法を看破する方法は、質量をもって叩き壊すまたは技術によって掻い潜るの二通りあります。ゼンゼの魔法は、質量と技術の両方を兼ね備えているだけでなく巨岩に準ずる重さと威力で圧し掛かってくるでしょう。

また、膨大な数の髪を自由自在に変質させて操る行為は人間離れしており、その時点で二級魔法使いより遥かに格上の魔法使いと言えます。さらに、髪にかけられた幾重もの魔法は防御魔法に匹敵し、手狭な場所でも無数の手段で対応できるようです。

ゼンゼのヴィアベルにユーベルの関係

ヴィアベルは「一級魔法使い選抜試験」に参加していた二級魔法使いで、経験豊富な北部魔法隊の隊長でもあります。彼は魔族と戦う理由を、「好きだった女の子と約束したから」と説明していました。

この女の子の顔ははっきりと描かれていないものの、髪型や纏う雰囲気から一部の読者からはゼンゼではないかと考察されています。昔好きだった女の子と気づかないうちに再会していたとしたら、とてもロマンチックな話でしょう。

また、三級魔法使いのユーベルは3年前に試験官を務めていた一級魔法使いを殺害してしまったとして失格処分になっています。ゼンゼはそんなユーベルの感覚を「才覚の領域」と表現していて、自分がユーベルに勝つイメージが湧かないからと相性の悪さを自覚しました。

まとめ

今回は、「葬送のフリーレン」のゼンゼについてご紹介しました。少女のように見えて実年齢は30代くらいの、年齢不詳な魔法使いのゼンゼ。

可愛らしい見た目やそこから想像がつかないような強さを持ち、多くの読者から愛されています。 「一級魔法使い選抜試験」だけの登場はもったいないキャラクターなので、今後の再登場の可能性にも期待したいです。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次