119話のフィアラトールの意味ドイツ語に帰還の魔法!30年前のヒンメルが女神の石碑に刻む【葬送のフリーレン】

本サイトでは広告を利用しています

5/5 - (1 vote)

フィアラトールの帰還の魔法によって、80年前から現代へ帰還することができたフリーレン。

119話『思い出』では50年以上前に女神の石碑にきた老人ヒンメルがフィアラトールを刻む話が描かれました。

目次

村の戦士

戻ってきたフリーレンですが、フェルンと話をすると一瞬の出来事だったようです。

本当に時間を遡ったのかと疑問に思いましたが、石碑の魔力が消えていたことから、本当だったと信じます。

関所に戻る途中に近くの村に住んでいる戦士だったと言います。フリーレンの事を知っていたようでした。

年に何度か武運長久のために祈りを捧げに行っていると聞き、じいさまの代ですら、女神の石碑の意味はわからないといいました。

女神の石碑に刻む

その戦士は30年以上前に、勇者ヒンメルと名乗る老人と会ったと言います。

ヒンメルは目の前の魔物を倒していました。老人でも剣を扱えていたようです。そこでヒンメルは女神の石碑に用があるようでした。戦士は場所まで案内します。その中で勇者一行の話を聞いて、フリーレンのことも聞いたようでした。

そこで女神の石碑に向かう理由を聞くもヒンメルは『それは言えないかな。墓の下まで持っていく約束なんだ。ようやく調べ物が終わってね。僕はフリーレンとの約束を果たしにここに来たんだ』と言います。

つまり、女神の石碑に帰還の魔法である『フィアラトール』と刻みにきたというわけです。

ちなみに、107話では女神の石碑に刻まれていたフィアラトールを聞いて、晴天に出てくる名称で、時巡りの鳥の章にと言います。

その後、過去に戻ったフリーレンが116話で、ハイターが女神の聖典の時巡りの鳥の章は空白の章とも呼ばれていて、1500年も魔法は見つかったことがないと言います。

しかし119話の今回。現在から50年前にヒンメルが女神の石碑に刻み込みにきました。現在はヒンメルの死から31年後でした。過去はヒンメルの死から53年前なので、約20年かけてフィアラトールを見つけ出したということになります。

フィアラトールの意味ドイツ語

そしてフィアラトールの意味ですが、現在も本誌では明かされていません。

ドイツ語として調べると、そんなドイツ語もありませんでした。

言葉を分解して、フィアやフィアラも調べましたがありませんでした。ただ、トールだけは北欧神話に登場する神であるトールがありました。オーディンの息子で雷神とのことです。

それ以上は今後本編に出てくるかもしれません。

ヒンメルは鏡蓮華の指輪を渡す前に幻影を見た?

ヒンメルはどの段階で、フリーレンに好意を持っていたのかわかりません。

そこで一つの考察があがりました。

それは、久遠の愛情の意味を持つ鏡蓮華の指輪を渡したシーンのことです。

あの時は好きだったはずなので、その前から想いを隠していた可能性もあります。なので、グラオザームの幻影を見た時の結婚式は、先にそれがあったかもしれません。

その結婚式があったからこそ、叶わない夢なら、形だけでも久遠の愛情の意味を持つ指輪を渡したとしたら、かなりすごいと思いました。でもあれはフリーレンが選んだものなので、ヒンメルもたまたまですからね。

まとめ

ということで今回は、フィアラトールについて紹介しました。

色々考えると、複数の伏線が出てきそうですよね。フリーレンとヒンメルの間にはかなりの数の思い出があると思いますから、また他の似たような恋愛話が描かれるかもしれませんね。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次