盾の勇者の成り上がりエクレールは誰で錬(レン)が片思い?初登場何話でなぜ尚文と一緒にいる?【女騎士】

本サイトでは広告を利用しています

記事の星評価

これまでSeason1、Season2と描かれてきた人気アニメ「盾の勇者の成り上がり」。そのSeason3が2023年10月から放送されています。

今回は、そんな人気アニメのSeason2から登場しているエクレールというキャラクターについてご紹介していきます。気になる方はぜひチェックしてみてください。

目次

エクレールとは誰?

エクレール=セーアエットはセーアエット領の領主を務めている騎士で、青木瑠璃子さんが声を担当しています。性格は真面目ですが、領地を経営するための勉強よりも修業することが好きなタイプです。

最初の「波」で前の領主だった父親を亡くしており、結果としてセーアエット領を守ることができなかったと後悔していました。現在は、ルロロナ村にて騎士として剣術の指南役も務めています。

主人公の岩谷尚文(いわたになおふみ)が暮らす村に伝令役として派遣されていますが、きちんと自己紹介していなかったからか尚文からは「女騎士」と呼ばれていました。また、セーアエット領内にはラフタリアたちが暮らす村もあるものの、エクレール自身は武術に勤しんでいて領民に姿を見せることがないため面識はほぼないに等しいです。

最終決戦の際は刀の眷属器を入手したことで刀の勇者になり、刀の扱い方について数言助言を受けただけでほぼ完璧に扱いこなしていることから新しい武器への適応が早いことも伺えるでしょう。

錬はエクレールに片思い?結ばれる?

天木錬(あまきれん)は16歳の高校生で、「剣と保身の勇者です。錬はラフタリアたち女性陣から無自覚にモテまくっている尚文をはじめとする男性キャラクターの中でも、女性関係で恵まれていない不遇な人物となっています。

エクレールは勇者たちのことを気にかけてくれていて、カースシリーズのときにおかしくなってしまった錬を殺そうとしていた尚文を説得しました。その後の一騎打ちで錬に勝利し、言葉でも彼を論派して改心させています。

そのような経緯で自分を救ってくれた彼女に思いを寄せていた錬ですが、恋愛には全くと言っていいほど興味のないエクレールからは異性として見られておらず錬の片思い状態です。なろう版では決戦後のパーティーで意を決してエクレールに告白したものの逃げられており、錬の思いが彼女に通じて結ばれるのは至難の業でしょう。

エクレールの初登場はアニメ・小説・なろうで何話何巻?

「盾の勇者の成り上がり」は、Web小説投稿サイトの「小説家になろう」にて連載されていたWeb小説が原作です。その後ライトノベルとして書籍版が発売され、コミカライズ版やアニメ化などのメディアミックスが展開されています。

エクレールが初登場したのは原作のなろう版だと137話の「海の男女」で、彼女が所属する騎士団は116話の「青い砂音」にも登場しラフタリアと稽古していました。また、書籍版の初登場は6巻5話、コミカライズ版の初登場は12巻46話でサブタイトルはどちらも「戦闘顧問」です。

書籍版では、剣技を勇者たちに教える指南役としてweb版より早いタイミングで登場していました。アニメ版ではSeason2の1話にて、冒頭の尚文があらすじを語っている場面で初登場しています。

エクレールはなぜ尚文たちと一緒にいる?

尚文が暮らす村に来る前のエクレールは、奴隷狩りしていた者を私刑に処したことが罪にあたるとして投獄されていました。ミレリアが帰還したことにより彼女は無罪放免となり、その後領地の経営を勉強するために尚文と一緒に行動するようになります。

生真面目すぎる性格をしているエクレールは、尚文が時折見せる型破りな言動に頭を悩ませることもありました。ですが、クーデター事件の際に洗脳されてしまった国民たちから強い非難を受けたことで、自分がそれまで貫いてきた「品行方正」「廉潔」といったモットーに対して自信が持てなくなってしまいます。

その結果、返り討ちにした盗賊から身ぐるみを剝いでしまうなど尚文の型破りな行動の真似して、迷走していた時期もありました。

まとめ

今回は、「盾の勇者の成り上がり」に登場するエクレールについてご紹介しました。今作にはアニメでは描かれていないエピソードがあり、いきなりエクレールが登場したように感じた方もいるでしょう。

アニメ制作時の都合上仕方なく、かと思われますがアニメのストーリーだけでも最低限お話の流れを理解できるようになっています。ですが、原作を読めばより理解を深められると思うので、ぜひ原作もチェックしてみてください。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次