Helck(ヘルク)の世界の意志と古代人とは?人間王と皇帝や帝国守護王は登場しない?

本サイトでは広告を利用しています

記事の星評価

『裏サンデー』にて連載されていた『Helck』が2023年7月から連続2クールでの放送が決定しました。

そこで今回はヘ世界の意志や古代人、人間王などについて紹介していきます。

目次

世界の意志とは?

漫画『Helck』に出てくる世界の意思とはどのような存在なのでしょうか?調査したところ、『Heick』のなかでのラスボスにあたる存在です。作中の中で実際に世界の意思と接触したキャラクターはヘルク、ラファエド、ミカロス、ヘルクの4人でした。初期の段階では新世界の生誕を目的とした生物かどうかもわかっていませんでした。

多くの人が漫画を読んでいる中で気になるのが世界の意思の目的だと思います。その目的とは何なのでしょうか?調査していったところ、世界の意思の目的は疑似的なアカリアンの再興だということが分かりました。人間とアカリアンとの間で戦争が起きたときにアカリアンは敗北しました。そして敗北によって生まれたものは彼らの怨念でした。

しかし、外的な攻撃では人類を滅ぼすことができません。だから、内側から破壊し別のものにしてしてしまおうと、新しい生物に変えてしまうことによる新世界の生誕を望むようになったのでした。新しい世界を築き人類がアカリアンから奪った魔力を扱う力を使って疑似的にアカリアンを再興しようと試みたのでした。

古代人とは?

『Helck』に出てくる古代人とはそのままの文字通り古代に住んでいた種族を指しています。彼らは人間はもちろん魔族たちさえ越える技術力を持ったものたちでしたが、滅亡しました。

彼らが持っていた技術は素晴らしく優れたものばかりで例えば、術法の無効化や反射バリア、キューブゴーレム、トップ等が挙げられます。中でも術法の無効化は文字通り術法を無効化させることができ、術法が主な技術である魔族たちにとってはかなり迷惑な技術です。

人間と魔族が住む大陸以外にもあちこちと住んでいたことが、フィウイが住んでいた島に残った遺跡とヘルクとバーミリオが島を抜け出して見た海に沈んだ遺跡で痕跡があったことから分かっています。人間の王国の王宮に深く隠されていたシェルターにあった映像資料で非常に長い間古代人が繁栄した時代が確かに存在することが判明しています。

人間王とは?

人間王とは一見1人に見えますが、実は以下の4人の王様の集合体です。

  • 数百年続いた魔族との戦に敗れた連合国の王
  • 魔族と疑われて処刑された人類史上 最初で最後の女王
  • 反乱軍によって滅ぼされた300万軍の王
  • 王位継承に敗れてすべてを失った王

それぞれ『復活』、『治癒』、『幻』、『支配』という権能を持っています。基本的に通常時は『支配』が人格を得ています。建国以前は3つの大国に分かれていた人間達でしたが、4人の王によって人間国として統括されました。人間王はミカロスの能力によって不老長寿になりました。外見はとてもグロテスクで醜悪な様子です。

四天王より上の皇帝や帝国守護王は全然登場しない?

『Helck』では四天王より上の皇帝や帝国守護王は全然登場しないといわれているようですが、実際はどうなのでしょうか?

調査したところ、噂通り四天王より上の皇帝や帝国守護王は全然登場しないようですね。四天王よりも上の帝国守護王や皇帝は作中で一回も登場していませんでした。ただ、皇帝の場合、大地の毒を抑えるという役割を担っていることは明かされていました。

また、四天王の4人の内2人も作中で一回も出てきていませんでした。一方で四天王の中で正体が明かされているのはヴァミリオ、アズドラの2人のみでした。漫画でも言及されていないので現在放送されているアニメそのあたりには触れられないと予想しています。

まとめ

今回は『Helck』世界の意志や古代人、人間王などについて紹介していきます世界の意志や古代人、人間王などについて紹介していきました。

  • 世界の意思とはラスボスに当たる存在
  • 古代人は魔族たちさえ越える技術力を持ったものたち
  • 人間王は4人の王様の集合体
  • 四天王より上の皇帝や帝国守護王は全然登場しない

紹介した内容はいかがでしたか?現在放送されているアニメも話題になっているので良かったら見てみてくださいね。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次