釘崎野薔薇の死亡シーン死因でいつ何巻何話?生き返る新田新の術式で止めている【呪術廻戦】

本サイトでは広告を利用しています

記事の星評価

大人気漫画呪術廻戦のヒロインと言えば、釘崎野薔薇を思い浮かべる方も多いと思います。

彼女は呪術高専東京校で主人公の虎杖や伏黒の同級生で三級呪術師でもありますが、そんな東京校紅一点の彼女は渋谷事変にて悲劇に見舞われてしまいます。

そこで今回は釘崎野薔薇について死亡シーンは何巻なのか?その死因に生き返るのか今はどういう状態にいるのか等をご紹介していきたいと思います。

目次

釘崎野薔薇の死亡シーンはいつで何巻何話?

釘崎野薔薇についていつ死亡したのかですが、死亡したのは原作第14巻124話から15巻125話、126話です。

124話では特級呪霊の真人に対して虎杖と共に対峙していた釘崎ですが、一瞬のスキを突かれて真人の手のひらで頬を触られて真人の術式であり、触った相手の魂の形を変化させる無為転変を掛けられてしまいます。

そして125話にて虎杖に「皆に伝えて。悪くはなかった!!」遺言のような言葉を残して顔面の左半分が爆ぜて眼球が飛び出して倒れてしまいました。

その後126話にて血だらけになって倒れている釘崎野薔薇が描かれているので、死亡したシーンは14巻124話~15巻125話、126話になります。

釘崎野薔薇の死因は真人?

釘崎の死因についてですが、前項でお伝えした通り特級呪霊である真人の術式で間違いないです。

虎杖と共に真人に対峙していた釘崎が真人の本体が分身と入れ替わった事に気付かずに頬を触られた事で真人の術式の無為転変を掛けられて顔面の左半分が爆ぜてそのまま仰向けに倒れます。

その後は虎杖が見つめる前で血だまりに倒れる釘崎が描かれているので、真人の術式により致命傷を負って死亡したことは間違い無いでしょう。

釘崎野薔薇は新田新の術式で止めている状態

真人によって致命傷を負わされた釘崎ですが、その後はどうなったかと言うと京都高1年の新田新の術式によって仮死状態のまま止められている可能性が高いです。

では、何故仮死状態なのかと言うと釘崎の顔面が爆ぜた後に駆け付けた京都校3年の東堂葵と1年新田新が駆けつけてきますが、その際に新田の術式である手に呪力を込めて患部に触れると痛みも和らぎ回復はしないが傷を負ったそのままの状態で維持できると言う物によって傷をそのままで保存されました。

更に新田は、処置を終えた後葵に対して「呼吸も脈も止まってましたが、時間はそんなに経ってないんで、助かる可能性は0じゃない」と言う旨の発言をしているので、釘崎は現在仮死状態のまま止められていると言えると思います。

釘崎野薔薇は生き返る?

釘崎の生き返る可能性についてですが、現状ではわからないが余地はあると思われます。

では何故余地はあると思われるのかと言うと原作者が釘崎の生死に関して「新田新が術式を施した段階で死んでいる。死にたてホヤホヤの状態で維持されている」と発していますので、現状ではわからないが復活の余地があると言うのは確実だと思われます。

ですが、それと同時にジャンプフェスにて「一人死ぬか、一人以外死ぬかですね」という旨の発言もしているので、もしかしたら釘崎が作者の言う一人に該当する可能性もあるので、やはり現状では復活するかは不明のままとなっています。

まとめ

今回は釘崎野薔薇についてご紹介してきました。

彼女については作者のコメントなどを見る限り復活するかどうかはまだわからないのですが、今後復活してまた活躍するかどうかが注目されていくと思います。


  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次