アニメで平子真子の卍解の逆様邪八宝塞!能力に名前読み方意味と小説何話何巻?【BLEACH千年血戦篇第2クール】

本サイトでは広告を利用しています

記事の星評価

国内だけでなく、海外でも人気の『BLEACH』千年血戦篇が7月からアニメ放送されることが決定しました。ファン待望のシーズンがアニメ化されるということで大変話題になっていましたね。

そこで今回は『BLEACH』に出てくる人気キャラクターの1人の平子真子逆様邪八宝塞の読み方や意味、卍解はアニメ何話でやるのか?などについて紹介します。

目次

小説限定の平子真子の卍解の逆様邪八宝塞がアニメ化?

今回紹介する平子真子は、おかっぱ頭と関西弁がチャームポイントの仮面の軍勢のリーダーです。黒崎一護の通う高校に転校生としてやってきて、クラスの前でひょうきんな姿を見せるシーンは印象に残っている方も多いのでは無いでしょうか?そんな姿とは裏腹に仲間思いで情の厚い人物なので個性豊かなキャラクターの中でも人気は上位の方です。

そんな平子の卍解は逆様邪八宝塞というものなのですが、今回それがアニメで描かれるのではないか?と話題になりました。千年血戦篇のPVが公開されたときに平子が卍解といっているシーンがあったことから話題になりました。平子の卍解は漫画では描かれることは無く、スピンオフ小説「Can’t Fear Your Own World」で初めて描かれました。ですので、アニメオリジナルで描かれると思われます。

逆様邪八宝塞の名前の読み方意味

https://twitter.com/shokkenmegu/status/1663130961733890048?s=53&t=tDxaz5KPorAnQs22ENsc3w

多くのファンがアニメで描かれることに期待していた平子の卍解である逆様邪八宝塞ですが、読み方が分からない方も多いと思います。一体何と読むのでしょうか?また、その読み方に意味はあるのでしょうか?この2点について調査しました。

調査したところ、逆様邪八宝塞は「さかしまよこしまはっぽうふさがり」と読むそうです。BLEACHに出てくる技の名前はこのように読み方が難しいものが多いのですが、かっこよく、厨二心をくすぐられるものが多いためそういったところもBLEACHの魅力の1つだと思います。

平子の卍解は敵と味方の認識を逆さまにさせるという能力です。敵を同士討ちさせることで相手に手出しをさせない、つまり八方塞がりにさせるという意味が逆様邪八宝塞には込められています。

逆様邪八宝塞の能力と小説の内容

先ほど少しだけ逆様邪八宝塞の能力について紹介しましたが、具体的に紹介したいと思います。平子の卍解は一言で言うと敵と味方の認識を逆さまにさせるという能力です。敵と味方の判別が付かなくなるなんてかなり強い能力ですよね。それによって同士討ちを誘発させることで敵を倒すことが出来ます。

しかし、敵と味方の区別が出来なくなるため、周りに味方がいるときと一対一のときはこの能力を使うことは出来ません。あくまで沢山の敵と平子自身との戦いの際にのみこの能力を使うことが出来ます。能力を使用するときは限られているとはいえ、使用できる状況は他のキャラクターたちにとっては厳しい状況なので平子の卍解は他とは異なる強さがあると思います。

この逆様邪八宝塞が出てきたのはスピンオフ小説「Can’t Fear Your Own World」です。完結記念ラストノベライズ本の全3巻の内の第2弾として出版されましたものに描かれました。この小説では千年血戦篇後の世界で檜佐木修兵を中心に描かれた群像劇となっています。

平子真子の卍解は小説何巻何話?

先ほどから何回か紹介していましたが、平子の卍解は残念ながら漫画で描かれることはありませんでした。その理由としては平子の卍解を使うのにぴったりの状況が描かれなかったというのが一番の理由だと思います。ですが、完結記念に出版されたスピンオフ小説で平子の卍解が初めて描かれることになりました。果たして、平子の卍解は小説の何巻の何話で描かれたのでしょうか?

調査したところ、スピンオフ小説「Can’t Fear Your Own World」第2巻の19章で描かれているようです。小説で平子は沢山の敵にたった一人で立ち向かい、敵同士を同士討ちさせて倒す様子が描かれています。その際に自身の卍解について「味方がいたら駄目、サシの勝負でも駄目、大勢の敵と自分一人でないといけない」と語っています。この発言から自身の能力について短所、長所をともに理解しているからこその強さがあるのだと思いました。

平子真子の卍解はアニメ何話でやる?

多くのファンが平子の卍解がアニメで描かれることを期待しており、ツイッターでも大変話題となっていました。念願の平子の卍解シーンですが、果たしてアニメ何話でその様子は描かれるのでしょうか?

調査したところ、千年血戦篇第2クールで描かれるのですが、残念ながら何話かまでは分かりませんでした。というのも平子の卍解は漫画では無く、小説で初めて明かされました。そしてその小説では千年血戦篇後の様子が描かれているため、千年血戦篇第2クールではアニメオリジナルで描かれる内容が放送されるであろうことが分かります。

ですが、『BLEACH 千年血戦篇』PV第3弾で「みんなまとめてひっくり返したるわ、卍解」と沢山の敵に囲まれながら言い放つシーンが公開されているので第2クールで平子の卍解が描かれるのは確かですね。となると、アニメ放送がますます楽しみですね。

まとめ

今回は『BLEACH』に出てくる人気キャラクターの1人の平子真子逆様邪八宝塞の読み方や意味、卍解はアニメ何話でやるのか?などについて紹介しましたが、いかがでしたか?以下がまとめになります。

  • 千年血戦篇のPVで平子の卍解というシーンが公開
  • 小説の内容は千年血戦篇後が描かれている
  • 平子の卍解は敵と味方の認識を逆さまにさせるという能力
  • スピンオフ小説2巻19章で描かれた
  • 千年血戦篇第2クールで描かれる

以前放送されていたアニメから大分月日が経ちましたが、多くのファンが望んでいたことなどもありこのような形で放送が決定しました。待望の平子の卍解シーンはかなり注目されていますので放送が楽しみですね。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次