ジョジョ6部リキエルのまぶたに声優!能力最後死亡と年齢に牛柄の服かっこいい【アニメジョジョの奇妙な冒険ストーンオーシャン】

リキエル』とはジョジョの奇妙な冒険第六部に登場するキャラクター。牛柄の服長身イケメンと言う中々に特徴のある見た目であり、プッチ神父の命令により空条徐倫一行と戦いました。

今回はジョジョ六部よりリキエルについて能力声優年齢服装最後について等を紹介していきたいと思います。

目次

リキエルのまぶたが落ちてくる理由や開いた理由

リキエルジョジョ第六部の単行本第13巻に登場した青年で、長身イケメンであり牛柄の服を着ているなど特徴的な見た目でインパクトは抜群。徐倫一行の敵役として登場した時から読者に深い印象を残しました。

そんなリキエルですが、精神疾患の一つであるパニック障害を患っており、緊張したりストレスを感じると瞼が下がる、過呼吸や呼吸困難を発症するなどの症状が発症し、逆に瞼が下がって居ない(開く)時は緊張していない、ストレスを感じていない時だと言えます。

リキエルの声優・能力・年齢

初登場時から読者に深い印象を与え、インパクトが抜群なリキエルですが、本項ではリキエルについてのプロフィールを軽くですが調べてみました。

名前通称:リキエル
性別:男
年齢:24歳
能力:スカイ・ハイ
身長:不明
体重:不明
声優:古川慎
備考:1988年生まれ。父親はDIOという吸血鬼

まとめたプロフィールによるとリキエルは1988年生まれの24歳でその能力(スタンド)は未確認生物ロッズを自在に操り相手を攻撃するスカイ・ハイ、父親は空条承太郎などジョースター家最大の敵であるDIOで母はDIOの餌になった女性であろうと推測されています。

そんなリキエルを演じる声優さんはゴールデンタイム:多田万里役、精霊使いの剣舞:カゼハヤ・カミト役、この音とまれ!:堺通孝役などを演じている古川慎さんです。

リキエルの最後・死亡

リキエルのスタンドである『スカイハイ』は謎の未確認生物であるロッズを相手へとけしかけて相手の体の様々な部位の体温を奪う事でダメージを与える為、相手はダメージを負うまで自らが攻撃を受けている事に気付かないと言う厄介な物です。

そして、リキエルは見事にそのスタンドを扱い徐倫一行を一方的に追い詰めていきますが、ロッズが体温を奪う事によって人体へダメージを与えている事を見破られて、自らのスタンドストーンフリーから出る糸にライターで火をつける事で自らが大やけどを負うリスクを抱えながらも全身火だるまになる事でロッズの能力をほぼ無効化させます。

その後は両者一歩も譲らずの戦いを展開しますが、徐倫に宿る「ジョースターの血統を感じ取る能力」リキエルを追い詰めてラッシュを仕掛けて殴り倒します。

リキエルの牛柄の服はなぜ?

リキエルと言えば、一番最初の項目にてお話したとおり、牛柄の服という奇抜な格好に長身でDIOの血族な為か、DIOを思わせるような精悍な顔つきのイケメンであるなど、特徴に満ち溢れています。

特に目を引くのは牛柄の服ですが、彼が何故牛柄の服を着ているのかと言う事については特に作中でも言及がなされていない為に不明であり、今後何故このような恰好をしているのかと言う事が言及される事は既に倒されてしまっているために一切無いと思われます。

リキエルがかっこいい

長身、牛柄の服、DIO譲りの精悍な顔つき等々初登場時から読者へ深い印象を残しているリキエルですが、そんな彼をかっこいいと評価する読者も多く、徐倫一行に立ちはだかった敵の中ではそれなりの人気を得ているのです。

では、何故そこまでリキエルがかっこいいのかと言うと、彼はパニック障害という精神疾患によって世間からは冷ややかな目で見られ、何一ついい事のない人生を送って居ました。しかし、彼はスタンドに目覚め未確認生物のロッズを目にした事でパニック障害であろうが『精神を成長させる事』こそが価値があると己に価値を見出します。

そして、己自身に価値を見出したリキエルは徐倫達との戦いにおいても例え追い詰められようが一歩も引かずに最後の最後まで戦い抜き、文字通りに精神を大きく成長させて戦いに倒れます。その生き様を見た読者の一部から共感を得て『リキエルかっこいいと言われています。

まとめ

今回はジョジョの奇妙な冒険第六部から『リキエル』を紹介してきました。

リキエルは生まれ持った精神疾患で希望の無い人生を送りながらも、スタンドに目覚めた事で自らの価値を見出して徐倫との死闘の果てに精神を大きく成長させたことにより読者から共感を得ているキャラクターであり、敵役としては共感を得るキャラは中々少ない中で凄く印象を残したキャラクターだなと思います。

  • URLをコピーしました!
目次