最後の召喚師アニメの原作漫画は中国でなろうは?wiki声優・制作会社作画も

2023年1月からアニメ「最後の召喚師 -The Last Summoner-」が放映開始します。中国で大人気Web漫画が原作であり、70億ページビューを記録しているようです。

アニメ「最後の召喚師 -The Last Summoner-」は、普通の高校生だったアジェがとあるきっかけで、召喚師として成長する物語です。今回は、原作漫画が中国の人気漫画アプリから?小説家になろうは小説があるのか?声優キャスト・登場人物や制作会社・作画はどこなのか?詳しくご紹介します。

目次

『最後の召喚師 -The Last Summoner-』の原作漫画は中国

「最後の召喚師 -The Last Summoner-」の原作は、中国のWeb漫画です。詳しく記載しますと、中国の人気漫画アプリ「大角虫」ASK STUDIOチームによって制作されており、70億ページビューを記録した大人気漫画との記載がありました。

アニメ公式サイトでは、スタッフページで原作・アニメーションにASKの記載があることから、アニメーション制作も行っているようです。日本の漫画アプリでは公開されておらず、原作漫画は中国のアプリ限定での公開のようです。

ただ、最近は日本の漫画アプリでも、海外の漫画を翻訳して公開されているものがいくつかあります。もしかするとアニメ公開することから、今後公開する可能性もあるかもしれませんね。

『最後の召喚師 -The Last Summoner-』に小説家になろうはある?

「最後の召喚師 -The Last Summoner-」に、小説家になろうでの公開はありません。上述に記載したとおり、中国の大人気Web漫画が原作にあたるだからです。

念のため、小説家になろうをタイトルで検索してみると、似たような名前の小説しか見当たりません。また、日本語訳されたノベライズの公開や販売情報も、現時点でなさそうです。

ただ今回のアニメ放送で人気が出れば、日本でのノベライズ化もあるかもしれませんね。中国での注目度は高いアニメだということは間違いないので、楽しみにしておきたいですね。

『最後の召喚師 -The Last Summoner-』の声優キャスト・登場人物

普通の男子高校生で、召喚師になる主人公・アジェ役は、岡本信彦(おかもとのぶひこ)さんです。先日数年ぶりにアニメ制作が発表された「青の祓魔師」主人公・奥村燐役「僕のヒーローアカデミア」爆豪勝己役をされています。

アジェが召喚した女神・ドラ役は、種﨑敦美(たねざきあつみ)さんです。「SPY×FAMILY」のアーニャ・フォージャー役が、一気に有名になりましたね。ドラは、子ども・大人とそれぞれのサイズになるようで、声の使い分けが発揮されるのではないのでしょうか。

他のメインキャストの他の召喚師としてミャウ役に礒部花凜さんハナ役に相羽あいなさんスタン役に河野ひよりさんが決定しています。破壊者のリーダー・ファンシン役は、平川大輔さんです。破壊者なので、敵のリーダーかもしれません。まだまだどんなストーリーや役どころも不明点が多く、気になりますね。

『最後の召喚師 -The Last Summoner-』の制作会社・作画

「最後の召喚師 -The Last Summoner-」の制作会社は、ASKです。上述しましたが原作漫画も制作しており、アニメ制作は今作が初めてなのか他のアニメ制作の記載はなく作画も担当しています。

また、日本語版での制作は、ハピネットファントム・スタジオとフジテレビジョンです。ハピネットファントムは、他のアニメなども翻訳して公開した経験があるようです。その点からは、安心してアニメを見ることができるのではないでしょうか。

作画は、公式サイトでは背景イラストにかなり力を入れているようで、それが見受けられる綺麗な設定画を多数掲載しています。どんな世界観で、キャラクターが動き、ストーリーが進んでいくのか、気になることばかりですね。公式サイトや公式Twitterアカウントで情報をチェックして予習しましょう。

まとめ

今回はアニメ「最後の召喚師 -The Last Summoner-」について詳しくご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

他の1月期アニメよりも、中国の原作・アニメ制作なこともあり情報は少ないですね。

ですが、中国での大人気漫画のアニメ化ということで謎も多い分、期待も高まりますね。来年の放送開始を楽しみに待ちましょう。

  • URLをコピーしました!
目次