SAOアルゴの声優登場シーン!正体死亡に現実リアルの本名は帆坂朋で高校生【映画冥き夕闇のスケルツォ】

今回は『ソードアートオンラインプログレッシブシリーズ』2作目の劇場版となる『冥き夕闇のスケルツォ』に登場するアルゴについてです!

本編ではアインクラッド編以降は長らく登場していなかったため、アルゴについて気になっている方も多いでしょう。そこで今回はアルゴの正体名前等のプロフィール、死亡説についても解説していきます。

気になる方はぜひ目を通してみてくださいね!

目次

アルゴのプロフィール・声優

アルゴは僅かとはいえ、初期アインクラッド編から登場したキャラクターです。ですが本編では、現在進行している『ユナイタルリング編』にてようやく素性が明かされて登場しました。そんなアルゴのプロフィールについて簡単にまとめていきます。

  • 名前:アルゴ
  • 本名:帆坂カリーナ朋
  • 誕生日:6月5日
  • 年齢:本編=18歳
       プログレッシブでは14歳
  • 身長:未公開
  • 声優:井澤詩織

    SAO時代は攻略組も御用達の情報屋。情報の正確性は確かだったようでキリトやアスナにも情報を多く提供していたようです。

    SAOから帰還した後は、高校生でありながらVRMMOやザ・シードを主軸に情報をまとめるライター業務を行っています。

公開されている情報はこの通りとなります。ユナイタルリング編の時間設定で2026年9月に高校3年生で登場していました。加えて誕生日が6月5日という事で本編=18歳としています。アインクラッドを舞台にしたプログレッシブは2022年11月~の時間設定のため、逆算して14歳としています。

身長に関しては未公開ですが、キリトと並んでも一回り小さい描写が描かれているため、150cm前後あるいは150cm以下かな、と予想はしています。

井澤詩織:アルゴ役

『冥き夕闇のスケルツォ』では登場キャラクターにアルゴが追加され、担当声優が井澤詩織さんであることも公開されています。そこでここでは、アルゴを演じる井澤詩織さんについてまとめていきます。

  • 名前:井澤詩織
  • 生年月日:1987年2月1日(35歳)
  • 身長:155cm
  • 出身地:埼玉県
  • 事務所:ボイスキット

    井澤詩織さんは日本工学院専門学校在学中『ドリーム・ドリーム・パーティ』でチャンレジャーとして活動しています。卒業後2009年に正所属後は『とある魔術の禁書目録』『地獄少女三鼎』に出演し、華々しいデビュー年を飾られました。

    その後は現在まで事務所を2度移籍しつつ、『ウィッチクラフトワークス』『クズの本懐』『チェンソーマン』など、多くの有名作品に出演されているベテラン声優さんです。

    アニメ声優のみならずナレーション・吹き替えなど幅広く活動されています。

井澤詩織さんはソードアートオンライン初出演ではありません。実はシリカが使役しているピナ役も担当されていました。さらに1期では僅かに登場していたアルゴも担当されています。ですが1期当時、アルゴは目立ったキャラではなかったので注目はされていませんでした。

ですが『冥き夕闇のスケルツォ』では主役キャラとしてカウントされていますし、プログレッシブ原作読者の方はアルゴの登場に歓喜している方も多いでしょう。

アルゴは癖のある喋り方に『にゃははは』と個性的に笑うキャラクターです。特徴を掴むのも大変そうですがベテラン声優さんが担当されるとのことなので期待できそうです!

アルゴの登場シーンは?

ソードアートオンライン作中において、アルゴが登場しているのは以下の通りです。

  • 最初期アインクラッド編(極一部)
  • ユナイタル・リング編
  • プログレッシブ編(本編とは別作品)

アルゴが登場しているのは上記の通りですが、基本的にアニメに登場したことはほとんどありません。プログレッシブ小説や漫画を除けば、アインクラッド編で正体を明かさずに登場したのみです。

プレグレッシブ小説や漫画では、キリトやアスナと行動を共にしているシーンが多く描かれています。ですが劇場版プログレッシブの前作では1層ボス討伐後に少し登場しただけであり、その時点で素性は明かされていませんでした。

なので素性が明かされた状態でアニメ作品に登場するのは今作『冥き夕闇のスケルツォ』が初となります。

アルゴの正体現実リアルは高校生

ソードアートオンライン本編では『ユナイタルリング編』が描かれている21巻で正式に登場しています。SAO事件解決後は普通の高校に通っていたそうですが、ユナイタルリングについて調査をするため、SAO事件帰還者学校に編入してきています。

その時の時間軸は2026年9月で、その時点で高校3年生と語られています。アインクラッドでは『鼠のアルゴ』という名で通っている情報屋でしたが、リアルでも高校生活を送りながらVRMMO関連のライター業も行っているようですね。

ちなみにキリトと同じβテスト出身者であり、アインクラッドでは『イベント情報』『ギルド情報』『プレイヤー情報』等の情報売買でゲーム内マネーを稼いでいました。

アルゴの本名は帆坂カリーナ朋でハーフ

読者からはアインクラッド編で名乗っていた『アルゴ』という名称で親しまれている事が多いです。そのため、あまりリアル世界の本名について語られることもありませんでした。

ですが『アルゴ』の本名は『帆坂カリーナ朋』であること、加えてハーフであることも作者がマル秘ネタとして公開しております。作中で正式に『帆坂カリーナ朋』という名前や出自について触れられていませんが、作者が公開している情報なので間違いないでしょう。

アルゴはその後死亡する?

アルゴに関してはソードアートオンライン本編『アインクラッド編』以降、長らく本編に登場する機会が無かったため、アインクラッド内で死亡した説が唱えられていました。

  • プログレッシブ
  • アプリやゲーム
  • 本編と無関係の外伝作品

本編には長らく登場しませんでしたし、上記のような作品にしか登場する機会が無かった事も死亡説が唱えられた要因ですね。

ですが、本編小説21巻でキリト達が通っているSAO事件帰還者学校に編入する形で登場しています。なのでキリトがヒースクリフを倒しゲームクリアするまで生存していて、無事に現実に帰還していたということになりますね。

まとめ

今回は『ソードアートオンラインプログレッシブ』2作目の劇場版となる『冥き夕闇のスケルツォ』に登場するアルゴの名前正体などのプロフィール、死亡説について解説しましたがいかがでしたか?

アルゴは本編でも長らく登場しませんでしたが、プログレッシブ小説や漫画では主役キャラクターであり、アルゴの登場に歓喜している方も多いでしょう。

そんなアルゴも登場する『冥き夕闇のスケルツォ』気になる方はぜひ劇場で見てくださいね!

  • URLをコピーしました!
目次