ブルーロック(アニメ)は全24話連続2クールで何巻どこまで?制作会社作画に声優キャスト

「ブルーロック」原作金城宗幸によるスポーツアニメで、2018年に週刊少年マガジン(講談社)にて連載が開始された大人気漫画です。この作品はサッカーを題材にした作品になっており、主人公が世界一のストライカーを目指す物語となっています。

今回はブルーロックの2期や漫画何巻まで放送されるか、また制作会社や作画、声優キャストについてご紹介していきます。

目次

『ブルーロック』は全24話連続2クール放送


ここではブルーロック全24話連続2クール放送についてご紹介します。

このアニメは2022年10月8日からテレビ朝日系列で全国ネットNUMAnimation枠にて、1期2期の連続での放送予定となっています。全24話連続2クール放送のため1クールは12話編成であるといえます。

連続2クールの放送はあまり耳にしませんし、最近ではコラボパッケージの商品も出回っていることから、期待の作品といえるでしょう。

『ブルーロック』は何巻どこまで?

ここでは「ブルーロック」は何巻どこまでなのかについてご紹介していきます。

現在週刊少年マガジンにて連載されている「ブルーロック」は2022年9月現在20巻まで発売されており、次巻はアニメ放送開始と同じ10月に発売となります。アニメでは20巻分すべてを放送することはまず考えられません。

1クール目ではW杯優勝を目指す青い監獄プロジェクトといわれる代表メンバーに選ばれるための最初の入寮テスト、オニごっことそれを通過した後の練習、そして一次選考の総当たりリーグ戦の終了までが1クールだと想定されます。ここまでで漫画は5巻分の内容になっているので、単純計算で2クールで10巻分の内容が放送されると予想できます。漫画が20巻まではすでに発売しているため、4クールまでアニメで放送されるのではないでしょうか?

『ブルーロック』の制作会社・作画

ここではブルーロックの制作会社・作画についてご紹介します。

アニメ「ブルーロック」の制作会社は株式会社エイトビットというアニメ制作会社でIS<インフィニット・ストラトス>や魔法科高校の劣等生などの有名作品を手掛けている会社です。2018年には公式オンラインショップ「エイトビットショップ」をオープンさせたり、2020年にはバンダイナムコミュージックライブと業務提携を開始するなどとても大きな会社であることがわかります。

また、作画についてはスポーツアニメならではの圧力とスピード感のある作画で「最もイカれたサッカーアニメ」といわれるだけあってド派手なシュートや迫力のあるプレーが満載です。PVだけでも神作画であることがわかりますが、本編ではどんなド迫力なシーンが待っているのか、とても楽しみですね。

『ブルーロック』の声優キャスト・登場人物

ここではブルーロックの声優キャスト・登場人物についてご紹介します。

潔 世一:浦 和希
蜂楽 廻:海渡 翼
國神錬介:小野友樹
千切豹馬:斉藤壮馬
久遠 渉:中澤まさとも
雷市陣吾:松岡禎丞
今村遊大:千葉翔也
我牙丸 吟:仲村宗悟


本作の主人公潔世一(いさぎよいち)を演じるのは、終末のハーレムの土井翔太やシャドーバースFの真壁スバルなどを演じる浦 和希(うら かずき)さんです。浦さんは大阪府出身、ヴェムス所属の声優で2018年から生徒、村人Aなどで数多のアニメに出演してきました。2021年頃から多くのアニメの主要人物の声を担当している今注目を浴びている声優さんです。

その他のキャラクターにも斎藤壮馬さんや松岡禎丞さん、諏訪部順一さんなど他作品などで誰もが知っている超有名声優たちが数多く出演していて、とても豪華メンバーの作品になっています。

潔 世一(いさぎ よいち)

本作の主人公、潔 世一(いさぎよいち)は、一難高校サッカー部出身でポジションはFW。温厚でお人好しな性格をしているため、チームの中での緩衝材になることも多いです。

また、世一には空間認識能力があり、直撃蹴弾(ダイレクトシュート)を組み合わせて得点をとっていきます。

蜂楽 廻(ばちら めぐる)

主人公の最初の友達である蜂楽 廻(ばちらめぐる)は、波風高校出身でサッカーにおける閃きや感性は優れてはいますが勉学や教養はからっきし。無邪気で子供っぽい性格ですが、世一同様にチームの緩衝材になっています。

廻は、テクニカルなドリブルが得意で、そのドリブルは相手を翻弄するくらいの実力です。

『ブルーロック』の見どころ

ここでは「ブルーロック」の見どころについてご紹介します。

この作品の見どころは何といっても大迫力の試合シーンです。もちろん他の選手との切磋琢磨や友情もスポーツアニメの醍醐味といえますが、本作品は「最もイカれたサッカーアニメ」と言われており、文字通り現実感のないイカれた超次元サッカーといえるでしょう。

しかし、その超次元サッカーならではのド派手なプレーシーンやエフェクト、そしてスポーツアニメならではのスピード感が楽しめます。そしてそれが24話2クール連続での放送される、一度ハマったら次週の放送が待ち遠しくなること間違いなしの作品になっています。主人公が一体どんな神業プレーを見せてくれるのか、ぜひ確かめてみてください!

まとめ

今回はアニメブルーロックについてご紹介しました。

サッカーを題材にしたスポーツアニメは数多くありますが、最もイカれたサッカーアニメということで他の作品とはひと味違うアニメになっています。ド迫力の試合シーンや、個性あふれるチームメンバーとの友情など見どころは満載です。

豪華声優陣が勢揃いの超次元サッカーアニメ「ブルーロック」をぜひ見てみてはいかがでしょうか?

  • URLをコピーしました!
目次