岩戸鈴芽の声優や身長年齢プロフィール!出身地は宮城県で育ちは宮崎県【すずめの戸締まり/いわとすずめ】

2022年11月11日より劇場公開予定の『すずめの戸締まり』。今回は今作主人公の岩戸鈴芽プロフィールについて細かく見ていきます!

それだけではなく出身地や宮崎県に移ってきた経緯なども解説しているので、気になる方はぜひ一度読んでみてくださいね!では見ていきましょう。

目次

岩戸鈴芽のプロフィール・声優・年齢

ここでは『すずめの戸締まり』主人公の岩戸鈴芽のキャラクタープロフィールを紹介していきます。大まかにどのような人物なのか、お伝えできれば幸いです。では見ていきましょう。

名前:岩戸鈴芽
年齢:17歳 高校2年生
声優:原菜乃華

九州の宮崎県で引き取ってくれた叔母の環さんと2人で暮らしています。幼いころに歩き回って母親を探していたのだが、今でもその当時の記憶を夢で見てはうなされながらも、学校に通って毎日を過ごしている17歳の高校2年生です。

原菜乃華(岩戸鈴芽役)

名前:原菜乃華
生年月日:2003年8月26日(19歳)
出身:東京都
身長:161cm
事務所:トライストーン・エンタテイメント

2009年にスカウトオーディションに合格、それ以降は多くのテレビドラマに子役、学生役で出演されています。2017年には映画『はらはらなのか』で主演の原ナノカ役を務め、2022年現在まで女優業を中心に活躍されてきました。

ちなみに今回の岩戸鈴芽役が初のアニメーション声優出演作品になります。応募総数1700人の中から新海誠監督に直々に依頼をされたようです。

さらに弱冠19歳ながら、6歳から芸能活動をされているので芸歴13年のベテランさんです。これまでの子役や学生役の経験を活かして岩戸鈴芽を演じきってくれるのではないかな、と期待しています。

これからの活躍がより期待される人物であり、目が離せませんね。

岩戸鈴芽の身長・体重・スタイル

では主人公の岩戸鈴芽身長や体重は公開されているのでしょうか。見てみましょう。

身長:未公開
体重:未公開

年齢などの大まかな情報は明かされているのですが、キャラクターの細かい情報についてはまだ明かされていないようです。

ですが既に公開されているプロモーション映像には、草太と鈴芽が一緒に扉を閉めるシーンが公開されています。大体ですが鈴芽の顔が草太の肩より少し下の高さです。

ですので草太の身長を180cmとするならば鈴芽の身長は160cm~165cmくらいかな?と予想しています。ちなみにスタイルは全体的に細めでスラっとしているな、という印象です。

岩戸鈴芽の出身は宮城県?

物語の後半に鈴芽が里帰りをした際には、お母さんと2人で住んでいた2階建ての家を訪れました。そこで昔の記憶を思い出していました。お母さんは病院勤務だったこと、自分は幼稚園にいたこと、避難場所で10日間過ごしていたことまで思い出していました。

12年前の4歳だった時に東日本を中心に大きな地震が襲ったこと、それが原因でお母さんは行方不明に、鈴芽は環に引き取られたことも判明しています。ここへ到着するまでのスマホの移動ログ最終地点が宮城県であることから、宮城県が鈴芽の故郷であることは間違いないでしょう。

ですので環に引き取られるまで、お母さんと2人で宮城県に住んでいたが、地震の影響もあって環に引き取られ、現在の宮崎県に移ったのでしょう。

環に引き取られてからは宮崎県で育つ

東日本を襲った大きな地震に遭うまでは、鈴芽はお母さんと2人で宮城県に暮らしていたことが判明しています。地震の後はお母さんの行方は分からなくなり、鈴芽は10日間避難場所だった小学校で過ごしていました。

そんな時に現れたのがお母さんの妹の環でした。鈴芽は母子家庭だったこともあり、お母さん以外の身内がいませんでした。なので環が鈴芽を引き取ることになり、環が住んでいる宮崎県で一緒に住むことになりました。

そこから17歳までの12年間を環の家で過ごしてきました。ですので引き取られてからは、宮崎県で育っていったようです。

まとめ

今回は『すずめの戸締まり』の主人公である岩戸鈴芽について、まとめた内容となりましたがいかがでしたか?

被災してお母さんを亡くしてからの鈴芽の心中は、計り知れない悲しみがあったはずです。読んでいて『自分がこの境遇だったら鈴芽みたいに生きていけるのかな』と考えさせられましたし、感情移入してしまう主人公でした。

ですがミミズに勇敢に立ち向かっていったり、草太を助けるために奮起したり、ついつい『がんばれ!』と応援してしまう魅力を持っています。これを機に『すずめの戸締まり』に興味を持っていただけたら幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お勧め記事

目次