彼女お借りします2期(かのかり2期)アニメの全ネタバレ最終回結末を原作漫画から内容紹介!

彼女、お借りします宮島礼吏先生による日本漫画作品。『週刊少年マガジン』で2017年32号から連載中で、2021年12月現在の累計発行部数は1000万部を突破し、アニメ化ドラマ化も行われた大人気作品になります。

今回は『彼女、お借りします』から7月より放送予定のアニメ第2期について1期を振り返りつつ、2期の内容についてご紹介したいと思います。

目次

『彼女、お借りします。1期』の内容振り返り

7月から始まるアニメ『彼女、お借りします』第2期についてここでは1期の内容をざっくりとおさらいしたいと思います。

大学生の木ノ下和也は彼女にフラれた寂しさから、レンタル彼女を申し込んでしまう。現れたレンタル彼女・水原千鶴容姿端麗、立ち振る舞いも完璧で、理想の彼女であった。しかし二回目のデートで、和也はフラれた八つ当たりを繰り返し、彼女の怒りは爆発。その直後、和也の祖母である和が倒れる。入院先の病院に訪れた際、見栄を張り、和也は千鶴を彼女として紹介します。

その後、千鶴は和也に本当の事を祖母に打ち明ける様に頼むが、関わりを持っていくうちに満更でもなくなっていくが、一方の和也は千鶴を大切に思いつつも、自分をドキドキさせてくれる相手を探していた千鶴と同じ事務所の更科瑠夏から強引なアタックを受けて仮の彼女として付き合い始ます。

更には千鶴瑠夏と同じ事務所の後輩である桜沢墨に自信をを付けさせる為に練習デートをしたり、その陰で和也のかつての彼女の麻美が千鶴をレンタル彼女として指名し暗躍しだしたりと、和也の周りの女性関係がより一層騒がしくなっていきます。

1期は以上のようになって居て、これが原作での1~6巻までの出来事でした。ですので、2期はこの先を描いていくと思われます。

『彼女、お借りします。2期』は原作漫画何巻から何巻どこまで放送?

アニメ第2期放送の彼女、お借りしますについてここでは2期では原作のどこからどこまでを描くのかについてご紹介したいと思います。

まず、第1期はどこまでをアニメ化したのかについてですが、第1期は原作の1巻から6巻までをアニメ化しました。ですので、第2期は7巻からのアニメ化になります。そして7巻からアニメ化するにあたって一番キリが良いのは12巻となります。

何故12巻がキリが良いのかと言いますと、12巻はもう余命僅かの千鶴の祖母に女優になった自分の姿を見せたくて奮闘する千鶴心動かされた和也が、クラウドファンディングでの自主映画製作を持ちかけるところなので、アニメ化をするならばここが一番キリがいいとのかなと思います。

ですので、アニメ第2期は原作の7巻~12巻までがアニメ化されると思います。

『彼女、お借りします。2期』の見どころ

ここでは彼女、お借りしますについて第2期の見どころをご紹介したいと思います。

第2期の見どころについてですが、第2期は和也の女性関係の動き更に縮まる千鶴への距離など物語が一気に動いていきます。

そして、最大の見どころと言えば、元女優であって千鶴の憧れで余命僅かな祖母に、女優になった自分の姿を見てもらうべく、オーディションに応募し続けるが、不合格続きの千鶴に心を打たれた和也がクラウドファンディングでの映画製作を申し出るところです。

この出来事がきっかけで両者の距離が更に縮まるので恐らく第2期では最大の見どころと言っても間違いはないと思います。

『彼女、お借りします。2期』のネタバレ最終回結末

ここでは、彼女、お借りしますについて第2期の内容を最初から最後までご紹介しようと思います。

7巻

勢いで千鶴に告白してしまった和也。どういう意味かを聞かれ、適当にごまかしたが、部屋戻った和也は改めて千鶴への想いを確認するが一方の千鶴はと言うと・・・。

その後、女優としての千鶴を観たくなった和也は彼女が出演する舞台を鑑賞に行く事に。この舞台の結果次第で千鶴はレンカノを辞めることになるが、千鶴は主役ではないものの演技で観客を魅了し、舞台は大成功に終わる。しかし、出来レースのせいで千鶴は役を掴むことが出来なかったのです。

その後のある日、和也のもとに父がやってきて、和也が千鶴に金を貰っていることを目撃しており、どうやら恋人から金を借りていると勘違いしているよう。和也は殴られたものの、千鶴がレンタル彼女であることはバレていないと前向きになりました。

そして時は流れ、和也たちは2年生。いつものようにデートをする和也と千鶴。和也は今後、デートの際も千鶴に仕事モードではなく「いつも通り」であることを要求する。和也曰くそれが「理想」だからとのこと。千鶴もその要求を飲み、いつも通り接することにします。

その後、デートの後のオフタイムとして千鶴からお誘いがあり、和也は千鶴と共に病院へ向かいます。千鶴の祖母が入院しており、どうしても彼に会いたいとこ事で千鶴は和也を病院へと連れて行く事にしました。

病室に入ると祖母は和也に「お願い」があるとのこと。千鶴の過去や本来の性格についても明かした。それを聞いた和也は深く考える事になります。

お見舞いを済ませて帰宅した後、自宅のインターホンが鳴る。誰かと出てみればそれは千鶴でした。


8巻

部屋を訪ねて来た理由を問うとカギを紛失し、和也の部屋を訪ねてきたとの事。ちょっとしたアクシデントが起こり、和也が千鶴を押し倒すような形になるが、そこでインターホンが鳴り、ドアの除き穴から見るとそこには麻美がいました。

流石に千鶴と一緒ではまずいと居留守を使いごまかす事で窮地を切り抜け、その後帰宅した大家さんに鍵を紛失したことを伝えて、合鍵を貰い帰宅する際、別れ際に千鶴は両親がおらず、家族はばあちゃんだけであることを明かします。

そして数日後、和也は最近千鶴にハマりすぎているのを自覚。そして千鶴が自分の気持ちに気付いているのではと疑念を抱き始める。そんな中久しぶりに麻美が話しかけてきて、千鶴がレンタル彼女だと知っている麻美は千鶴にハマりすぎないよう和也に忠告をします。

ある日の帰り、瑠夏を遭遇した和也は痩せすぎていると指摘を受ける。そして、なし崩し的に瑠夏が晩御飯を作ると申し出て、二人で買い出しへ行き帰宅。晩御飯は瑠夏自慢のカレーを披露し、それを喜ぶ和也。しかし、和也はこのまま瑠夏が部屋に居座り泊まっていく気だと見抜きます。

千鶴を思い、それだけは不味いと阻止しようと試みる和也だが、折しも外は台風で電車も止まり、帰宅させる事も出来ずに仕方なく泊まらせる事にするが、その夜案の定瑠夏は寝ている和也の布団へ潜り込み、和也は欲望をこらえて瑠夏に千鶴への想いと瑠夏への本音を打ち明けました。

翌朝、和也の部屋の前で大声で泊めてくれた事へのお礼を述べそれを千鶴に聴かれる。どうすれば誤解が解けるかを悩む和也の目に留まったのは千鶴の誕生日。すかさず後輩である墨をレンタルし、千鶴への誕生日プレゼントをどうするかと相談を持ち掛けます。

9巻

墨にいい話案があると連れてこられたのはデパートの屋上。何のつもりだろうと思う和也だがそこで、スーツアクトレスとしてヒーローショーに出演する千鶴を目撃する。誕生日プレゼントの参考にはならなかったものの、千鶴の努力を垣間見た和也。結局プレゼントは気持ちがこもっていればなんでもいいという結論に至りました。

悩んだ末に和也が誕生日プレゼントを渡し、翌日ベランダで千鶴と遭遇し、千鶴はプレゼントについて感謝をする。そして瑠夏とは何も起こって居ないと説得し、レンタル彼女としての予約を入れようとするが予定があると断られます。

数日後、木部から飲み会に誘われた和也。せっかくだから行って見ようかと飲み会の会場へ向かうとそこには千鶴が居た。和也は「一ノ瀬ちづる=水原千鶴」であると悟らせない為に一人孤軍奮闘するも虚しく飲み会恒例の一気飲みゲームが始まってしまう。和也は千鶴を守る為にわざとゲームに負けて酒を飲みまくり泥酔状態になり、千鶴に介抱されながら帰路に就きました。

更に数日後。バイト先にて瑠夏はそろそろ正式に和也と付き合えるのでは無いかと期待するが、和也は千鶴の誤解と解いたと説明。その矢先にバイト先に現れたのは麻美だった。二人の関係を怪しんだ瑠夏だったが、和也の反応を見て元カノであると察し、自らが現在の彼女だと申し出て一気に修羅場へと発展してしまいます。

そして、バイト先にて修羅場を展開した麻美だが、その帰りの電車内で千鶴に遭遇しました。

10巻

電車で遭遇した千鶴と麻美。麻美は適当に探りを入れるもそれに全く動じない千鶴。別れ際にもう和也と会っていないのかを聞くと堂々とはいと答えた千鶴に対して麻美はその疑念をぬぐえずにいました。

一方の和也はいつものように千鶴をレンタルしようと店のホームページを確認すると千鶴はランクアップしており、更に高い料金を払わなければならない物の、制服でデートが出来ると言うオプションも選べるので、和也は制服デートを選ぶ事にします。

約束通り高校の時の制服で現れた千鶴に興奮する和也。デートの中で和也にプロ意識について話したり、次の舞台出演が決まった事を千鶴は話し、それに対して和也はもっと他に何か出来ないかを考え始めます。

制服デートからしばらくして、和也の元に祖母から電話がかかってきて、和也の誕生日に誕生日会を開くことと、千鶴の誕生日を聞かれるが、既に誕生日は過ぎたと伝えると激怒されて、和也と千鶴の合同誕生日会を急遽開く事になりました。

そして、誕生日会当日。千鶴は所用があり遅れてくる事と、誕生会に何故か瑠夏が付いてくる事になり、瑠夏は和也の家族用に菓子折りを持参し、家族への好感度を上げるき満々。案の定和也の祖母と仲良くなるが、肝心の千鶴はまだ現れず、それを好機と捉えた瑠夏は千鶴と和也の本当の関係を暴露しようとします。

瑠夏が暴露をする寸前に和也の携帯にLINEにメッセージが来て和也は千鶴からの電話を祖母へとパスしました。

11巻

千鶴から電話がかかってきた和也は祖母にパス。千鶴曰く、彼女の祖母の調子が悪いとのこと。和也の祖母はそういうことなら無理しなくていいと答えます。

祖母から和也へ電話が返ってくると和也は千鶴に直接電話をして大丈夫なのか尋ねるが、千鶴はあのグループLINEで友達登録してないのは自分達だけだから逆に怪しまれると困るので登録は問題ないと返すが、和也は実家に瑠夏が押しかけてきて大変だと千鶴に話をしました。

千鶴との話の途中で瑠夏は電話を奪い取り一方的に千鶴に宣戦布告すると電話を切ってしまい、千鶴は祖母から誰と電話をしていたのかを尋ねられ和也だと聞くと突然元気になり、大丈夫だから行きなさいと伝えて千鶴は和也の実家に向かう事にします。



和也の実家に到着すると、彼女であると言う理由からやっぱり和也の祖母と親しくする千鶴。それに危機感を抱いた瑠夏は和也と二人きりになり突然キスをしてきます。戸惑い引き離す和也に更にキスを迫ろうとする瑠夏を見て、無理をさせていたと悟る和也でした。

一方の千鶴は和也の祖母から誕生日プレゼントを受け取りそうになっており、戻った和也がやっぱり別れると宣言をしようとした時千鶴に病院から電話があり、急いで向かう事に。病院へ着いた千鶴を迎えたのは元気そうな祖母の姿。しかし、医師の話によるとどうにも病状が悪いらしく余命僅かであると余命宣告を受けてしまいます。

それを聞き、自分たちは本当の恋人でないと言う真実を祖母に告げようと提案する和也だが、千鶴はその提案を拒否し、理由を尋ねる和也に死の間際に悲しい思いはさせたくない。いい恋人が出来たのならそれで良かった思って欲しいとの理由を告げました。

そして合同誕生日会の次の日。和也とデートする瑠夏は千鶴とのバトルを一時『休戦』にすると宣言。両方の祖母に真実を告げられないままになって居る和也は余計に苦悩する事になります。

そんな中で再び練習に付き合って欲しいと墨から電話があり、デートの予約を取り付ける和也でした。

12巻

デートの予約を取り付けた日。制服で現れた墨にのプランに沿ったおもてなしを受ける和也。水族館でのイルカショーなど様々なおもてなしを受けて、デートの最終地点はレインボーブリッジが見えるお台場海浜公園。そこで墨は最近元気にない和也に何があったのか自分に話して欲しいと持ち掛けます。

和也は千鶴の祖母の事を話すのは不味いと思いつつも、『知り合いの話』として話をすることに。話をしているうちに自然と涙が溢れる和也。その話を聞いてもらい泣きをした墨。そしてデートの終わりに和也はある事を思い立ち実行に移すべく動き出します。

一方の千鶴は病院と自宅を往復しながら女優になるべく努力を続け、幾つかのオーディションを受けては不合格通知が送られてくる日々を過ごしていました彼女が何故そこまで女優にこだわるのかそれは彼女の祖母がかつては女優であり、その姿に憧れたからであり、その夢を応援してくれる祖母や同じく応援してくれたが、突然の事故で亡くなった祖父の為でした。

自宅に戻り、自分の夢の事やそれを一途に応援してくれていた祖父母との思い出を振り返って居ると突然自宅のインターホンが鳴り、外に出るとそこにいたのは和也で彼は今から映画を撮る方法として、クラウドファンディングで資金を集めて自主制作映画を撮る事を提案し、千鶴はそれを一度考えさせてほしいと持ち帰る事なります。

しかし、どうしてもその夢を諦められない千鶴は涙を溢れさせて和也へ可能ならば夢を叶えて欲しいと告げるのでした。

まとめ

今回は7月放送の『彼女、お借りします』の第二期についてご紹介してきました。

アニメは区切りが良い所まで放送されるのであれば、お話した通りにクラウドファンディングを用いて映画製作を持ち掛けてそれを承諾するシーンまでのお話になるのでは無いかと思いますが、アニメもいよいよ2期目。更に距離が縮まる和也と千鶴。そして一層雲行きが怪しくなる和也の女性関係などに要注目です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お勧め記事

目次
閉じる