邪神ちゃんドロップキックX(3期アニメ)の聖地声優や何話何クール放送で漫画何巻どこからどこまで?エキュート役にVtuber朝ノ瑠璃も

邪神ちゃんドロップキック』はユキヲ先生による日本のウェブマンガ作品。『COMIC メテオ』にて連載中シリーズ累計発行部数100万部を突破した大人気作品です。

今回は『邪神ちゃんドロップキック』から7月より放送中のアニメ第3期邪神ちゃんドロップキックXの聖地声優何話何クール放送原作の何巻までなのか?また、新キャラにVtuberが起用されたのか?等についてご紹介したいと思います。

目次

『邪神ちゃんドロップキックX』の概要・世界観・あらすじ

7月よりアニメ第3期が放送される邪神ちゃんドロップキックですが、まずはそのあらすじを見てみましょう。

魔界の悪魔、通称「邪神ちゃん」は、ある日突然人間界に召喚されてしまう。彼女を召喚したのは、神保町のボロアパートで暮らすちょっとブラックな心を持つ女子大生「花園ゆりね」。「邪神ちゃん」を召還したものの彼女?を魔界に帰す方法がわからない。仕方なく一緒に暮らし始めた邪神ちゃんとゆりねだが、邪神ちゃん曰く、「召喚者が死ねば魔界に帰れる」。そこで邪神ちゃんがとった行動とは……!? 

邪神ちゃん-あらすじ-

あらすじはこのようになっていて、物語の概要としては魔界の悪魔である邪神ちゃんがある日突然人間界に召喚されてしまい、彼女を召喚したのは女子大生の花園ゆりねである事が判明し、召喚者が消えれば契約は無効になり、魔界に帰れるという法則があるのでゆりねを消そうとドロップキックを仕掛けるがその度に防がれてしまう。

そんな魔界に帰りたい悪魔と召喚したは良いが返す方法がわからないが、取り合えず自分を消そうとするなら返り討ちにする女子大生とのコメディー作品となって居ます。

『邪神ちゃんドロップキックX』は何話何クール放送?

7月から放送開始予定の邪神ちゃんドロップキックの第3期についてですが、ここでは何期で何クールになるのかについて考察したいと思います。

まず何クールで何話ですが、放送された1期と2期を振り返ると1期が11話+OVA2期が11話+OVAとなっていますので、そこから推察すると3期目はこれまでと同様に11話+OVAの可能性が非常に高いです。そして、OVAが1期、2期共に1話だったのに対して、3期まで放送と言う人気から見てOVAが複数話制作される可能性もあります。

と、ここまではあくまでも予測なのでまずは本当に何話なのか?7月放送のアニメに注目しましょう。

『邪神ちゃんドロップキックX』は漫画何巻どこからどこまで?

7月から放送の邪神ちゃん第3期。ここでは原作の何巻までなのかについてのご紹介なのですが、最初に1期と2期で何巻まで描かれたのか?について第1期と2期で原作の1~12巻途中までが描かれました。

そこから考えると、第3期は12巻途中から18巻途中までが描かれると思われますが、その内容としては天使のリエールが天界からやってくるもののそれをゆりねが殴り飛ばしてしまったり、バナナの皮ですっころんだ邪神ちゃんが地球の歴史を理解したり邪神ちゃんがミイラになったりと相変わらずのテンポの速いハイスピードコメディーが繰り広げられていきます。

『邪神ちゃんドロップキックX』の声優・登場人物・エキュート役にVtuber朝ノ瑠璃

7月よりアニメ放送開始の邪神ちゃんドロップキックですが、地方4都市とコラボした4都市編が制作されるのと同じくくらいの話題となって居るのが4期で登場する新キャラエキュート役にVtuber朝ノ瑠璃が抜擢された事と言えるでしょう。

しかし、何故ここまで話題になって居るのかと言うと近年ではゲームやアニメなどで話題性を持たせる為Vtuberを積極的に採用している例がいくつか見られますが、今回の邪神ちゃんのエキュート役もオーディションを開催したにも関わらず、オーディションの結果選ばれたのがVtuberである事から『またか』『ゴリ押しは勘弁してほしい』などと炎上騒ぎになってしまったようです。

ですが、オーディションの上で役に決まったのであれば、制作陣が声なども含めてエキュート役に据えても良いんではなかろうか?と思った訳ですので、良いのかダメなのかの評価はアニメの後にして今は、アニメ放送まではその活動を見守って頂ければと思います。

『邪神ちゃんドロップキックX』の聖地

邪神ちゃんドロップキックの第3期の話題と言えばVtuber朝ノ瑠璃がアニメ初出演を決めた事ですが、それとそれよりも話題と注目を集めているのは北海道の帯広市、釧路市、富良野市と長崎県南島原市の計4都市とのコラボだと思います。

4都市コラボとは何ぞや?と言う方の為に過去の邪神ちゃんより説明をさせて頂きますと、邪神ちゃんの第2期では北海道の千歳市とコラボしふるさと納税で1.8億円を集め、その1.8億円の一部を制作費として使用してのコラボレーションアニメ『邪神ちゃんドロップキック千歳編』が制作されました。

そして、今回の第3期では制作発表会であるキックオフ会にて、規模を拡大した北海道の帯広市、釧路市、富良野市と長崎県の南島原市がふるさと納税でのコラボに名乗りを上げそしてその売り上げの一部を使用した『邪神ちゃんドロップキック4都市編』の制作も動きだすそうです。

ですので、今回の3期の放送後のOVAとして4都市編が制作された場合は邪神ちゃんの聖地が千歳市、帯広市、釧路市、富良野市と長崎県の南島原市の全国5都市へと広がりアニメ史上最大規模ともいえる聖地が誕生する事になりそうです。

まとめ

今回は7月より放送開始予定の『邪神ちゃんドロップキックX』についてご紹介してきました。

邪神ちゃんは第2期ではクラウドファンディングで制作費を集めたり実在する都市とふるさと納税コラボを展開し、その年を舞台にしたアニメを作るなど新作が登場するたびに話題に事欠かないアニメですので、第3期もどういう賑わいを見せるのか注目していきたいと思います。

  • URLをコピーしました!
目次