であいもん雪平一果の声優や父親母親との再会はいつ?巴は納野和の先輩で真理は別居でフランス

4月よりアニメ絶賛放送中の『であいもん』原作はヤングエースにて2016年より連載中で現在13巻まで発売中であり、京都の和菓子屋さんを舞台として主人公が店を継ぐために修行をしながらヒロインや周囲の人たちと絆を深めていくストーリーになります。

今回はであいもんより、ヒロイン的ポジションにある雪平一果について紹介していきたいと思います。

目次

雪平一果のプロフィール・声優

https://twitter.com/deaimon_anime/statuses/1438055304504041476

4月から放送中の『であいもん』ですが、ここでは本作のヒロイン的ポジションの雪平一果についてお話していきます。

まず、一果のプロフィールについてですが、1年前から主人公の実家である納野家に居候してる少女物語の開始時点での年齢は10歳です。主人公がミュージシャンに憧れて上京した後に納野家が営む和菓子屋『緑松』の看板娘となり、その仕事ぶりから和の父親に跡継ぎとして認められて突如店を継ごうと帰郷した和をライバル視しています。

続いて、一果の声の人こと声優さんですが、演じているのは結木梢さんです。過去にアニメの脇役やスマホゲームのキャラクターをいくつか演じられていますが、代表作という代表作はなく今作がアニメ初主演になります。ですので、これからの更なる活躍が期待される声優さんだと言えます。


雪平一果の父親の雪平巴は和の先輩

https://twitter.com/deaimon_anime/status/1490883835629875207

先ほどは一果についてお話しましたが、本項では一果の父親について触れていきたいと思います。

まず、一果の父親は主人公の先輩なの?という事ですが、結論から言うと主人公が音楽に触れるきっかけを作った先輩です。先輩だという事がどこで明らかになるの?というのは、後々の項目にて触れていきますが、一果の情報として、和と同じぐらいの年恰好ギターを持ちバンドをしていた緑松に所縁がある人物というのが出てきます。

そういった情報をすべて繋げていくと一果の父親、雪平巴は和の高校の先輩であり、和にバンドを教えた人物だからこそ和の実家が和菓子屋さんである事を理解して預ける事が出来たと言えます。


雪平一果の母親真理は別居でフランス在住

先ほどの項目では一果の父である雪平巴についてでしたが、ここでは一果の母親である雪平真理』について触れていきたいと思います。

まず、父の巴と同じく一果と離れて暮らす母の真理ですが、バリバリのキャリアウーマンで現在はフランス在住です。では、何故一果と巴と離れて暮らさねばならなかったかという事なのですが、その原因は巴の父親にあります。

何故父親なのかについてはこの後の項目で触れていきますが、巴が携帯を置き忘れたところに偶然巴の父親から電話がかかってきて、真理が偶然出てしまい巴が結婚したことが父親に知られてしまいます。そして、父親に存在を知られたからには、真理に害が及ばないようにする為に巴は一果を連れて真理の前から姿を消してしまいます。そしてなし崩し的に別居になった真理は仕事の関係でフランスへ移り住み現在に至ります。


雪平一果と雪平巴の再会はいつで漫画何巻?

ここまで雪平親子の娘一果や父の巴、母親の真理について色々と触れてきましたが、この項目では父の巴と一果はどこで再会するの?というところですが、結論から言うと10巻で再会して過去のあれこれが判明します。

主人公の納野和が実家である和菓子屋の緑松に戻ってしばらくして、どうにか父親に会いたい一果は雑誌などのインタビューの答えたりしてメディアへの露出が増えていきます。そしてその雑誌を見た巴は娘を置いて行った緑松へ行き、一果と再会します。

娘の一果と再会すると同時に後輩である和とも再会し、そして何故自分が消えたのかについて過去を語ります。その内容は自分の父親は酒に溺れて借金を作るような最低の父親だった。父親と別れた母親に置いて行かれた為父と生きるしかなかったが、別れた母親から金を盗ませる等の行為を平気で巴にさせていた。それでも家庭を築いて生きていこうとした矢先に再び父親に目を付けられた為に仕方なく一果や妻の真理とも離れる事にした等

あんたそれでも父親かと思わせる巴の父親の毒親エピソードが繰り広げられますが、今までの思いを吐き出し、同時になんで周りに相談しなかったんだと激怒した和や会いに来てくれた事が一番うれしいと喜ぶ一果と無事に和解します。


雪平一果と雪平真理の再会はいつ漫画何巻?

前項にて、父である巴との再会について触れたので次は母である真理との再会について触れていきたいと思います。母である真理とは巴より早くて原作コミック第三巻で再会します。

前巻である第二巻の巻末でチラッと一果の母親が登場するのですが、別居状態でも実は心が一果と離れたわけではなく、別居してフランスへ渡ってからも一果の行方を捜し続けていました。そして、一果が和菓子屋の緑松にいる事がわかり、一果を引き取る為に緑松にやってくるのですが、結局引き取るまでは行かずに一果は緑松に引き続き看板娘として残ります。


まとめ

ここまで、現在アニメ絶賛放送中の『であいもん』のヒロイン的立ち位置の雪平一果とその両親について掘り下げてお話をしてきました。

アニメだけでなく原作コミックは主人公である納野和とその実家である和菓子屋緑松に居候する雪平一果を中心に繰り広げられる心温まるホームドラマになっています。ちなみに、『であいもん』というのは京言葉で「食材同士が合わさることでお互いの良さを引き出す、取り合わせの良い食べ物」という意味があるそうです。

そんな、『取り合わせの良い食べ物』の様な読んでも飽きが来なくてほっこりとするお話を一度楽しまれはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる