崖の上のポニョのフジモトの声優性格!正体は何者でモデルは吉井和哉・加藤登紀子の夫?

崖の上のポニョ』は宮崎駿さん原作・脚本・監督作品で、自身が原作・脚本・監督の三つをこなす作品はハウルの動く城以来4年ぶりのことだそうです。

今回は『崖の上のポニョ』からキャラクターの一人である『フジモト』について少し掘り下げて書いていきたいと思います。

目次

フジモトのプロフィール・声優

https://twitter.com/Yuuhei_gbl/status/1521103787435315200

崖の上のポニョに登場するキャラクターのうち『フジモト』について紹介していきますが、ポニョの父親であり人間の破壊性に嫌になり人間をやめる事にした魔法使いで、小説『海底二万里』に登場する潜水艦『ノーチラス号』で東洋人唯一の船員を務めていましたが、妻であるグランマンマーレに出会い結ばれたそうです。

そんなフジモトの声優はトイ・ストーリーシリーズで主人公ウッディと大冒険を繰り広げるバズ・ライトイヤー役を務める所ジョージさんが担当しています。


フジモトの性格

フジモト』の性格についてですが、ポニョや宗介に厳しく当たり、娘のポニョから『悪い魔法使い』と評される一方、他の人からは『悪い人ではない』と評されるなど様々。しかし、ポニョの母であり妻であるグランマンマーレには頭が上がらないなど恐妻家の一面も持ち合わせていると同時にポニョが逃げ出すのに気付かず慌てて追いかけるというどこかおっちょこちょいな一面もあります。

そういった様々な性格を持ち合わせているフジモトですが、決して悪い人というわけではなく、物語の最後にはポニョが人間になる事を応援し『ポニョを頼む』と宗介に娘を託すなど父親としての優しさも見せるなど人間嫌いなのに時には人間味を見せるキャラクターとなっています。


フジモトは正体は何者?元人間で魔法使い

ここまで、プロフィールや性格について触れて来たポニョの父親のフジモトですが、その正体は 『 人類の破壊性に嫌気がさして愛想をつかした元人間』です。人間時代には『海底二万里』で有名な『ノーチラス号』の東洋人唯一の船員だったといいます。

しかし、そこでグランマンマーレと結ばれるいきさつや人間をやめる苦労について話す描写もみられますが、その人間としての前歴を示すシーンなどは本編中にはありません。


フジモトのモデルは加藤登紀子の夫?

プロフィールや、性格、正体などについて触れ来たフジモトですが、ここではそのモデルが誰なのかについて掘り下げていきたいと思います。

まず、モデルについて一番そうなのじゃないのかと、言われているのは歌手の加藤登紀子さんの夫で、ミュージシャンの吉井和哉さんですが、確かにフジモトと並べてみるとモデルと言われてもおかしくないほどそっくりですね。こはSNS等そうなのではないか?と言われても納得してしまいそうです。

ですが、実際のモデルは吉井さんではないのです。ではモデルは誰なの?という話ですが、モデルはアニメーターの近藤勝也さんではないかとおもわれます。と、言いますのも宮崎駿監督はインタビューのなかで「近藤勝也はまさにフジモトそのままなんです。」と話したり、NHKのドキュメンタリーでポニョのモデルはこの近藤さんの娘さんであると言うことも明かされています。

ですので、以上の結論からモデルはミュージシャンである吉井和哉さんではなくアニメーターとして参加していた近藤勝也さんであると言えると思います。


フジモトを吉井和哉がコスプレ?

フジモトのコスプレを吉井和哉さんがしたという話ですが、2008年の武道館ライブでコスプレを披露しています。こう見ると確かにそっくりで、モデルと言われるのも頷ける気がしますね。

しかし、SNS上で情報を調べてみるとコスプレをしたのはこのライブ一回きりこれ以降フジモトのコスプレは披露していないとのことなので、このライブのコスプレ姿はレア物だとポニョの作品のファンからは言われており、ここまで似ているなら是非もう一度みたいなと思います。


まとめ

ここまで崖の上のポニョのキャラクターでポニョの父親の『フジモト』について、様々な情報をお伝えしてきましたが、モデルのお話や性格、プロフィールなど知れば知るほど物語が面白くなっていくものですね。

今後テレビなどで崖の上のポニョは度々再放送されると思いますので、フジモトのプロフィールなど、今回の記事について思い出しつつ今後の再放送なども視聴していきたいなと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる