カッコウの許嫁最終巻はいつで結婚相手は誰?幸エンド・エリカエンド・ひろエンドで海野凪が選ぶのは?

四月からアニメが始まり、ますます人気と注目を集める週刊少年マガジン人気ラブコメ漫画カッコウの許嫁。本作は主人公の海野凪が、病院での取り違え子だったことが発覚したことで物語が始まります。

本作のヒロインとなるのは、凪と取り違え子だったことが発覚し許嫁となった天野エリカ、凪の片思いの相手だった瀬川ひろ、今まで凪の妹として過ごしてきた海野幸、凪の初恋の人であった望月あいの四人です。その一方で、四人のヒロインとの関係は決して一筋縄ではいかないものばかりです。

連載開始以来、それぞれのヒロインが選ばれる可能性がどれくらいあるのか?選ばれるとするならば、どのようなエンディングを迎えることになるのか?と言ったことは多くのファンから注目を集めています。また、各ヒロインにはそれぞれ結ばれるのに必要なハードルが存在しており、そのハードルをどのように超えるのかもこの漫画の見どころの一つです。

今回は、そんなカッコウの許嫁の結婚相手は誰で、海野凪が選ぶのはどのヒロインなのか?と言った疑問や、最終巻はいつになるのか?そして、幸エンド・エリカエンド・ひろエンドのどれになるのか?と言ったことを考察しようと思います。

目次

カッコウの許嫁最終巻の発売はいつになりそう?

https://twitter.com/YoshikawaMiki/status/1260224030952419329?s=20&t=GI_JgWMph4YdgZBa2xSNNA

カッコウの許嫁は2022年5月に12巻が発売されます。そんな本作は何時頃に終わりを迎えるのでしょうか?漫画の連載がいつ終わるかについては確かなことは言えない為、何時頃終わるかについては確かなことは言えません。

その一方で、近年のラブコメ漫画はそこまで長い連載期間を経ない事が多く、およそ4年から6年ほどで連載が終了しています。また、カッコウの許嫁の作者の吉河美希先生は過去にも週刊少年マガジンで連載作品を執筆していた経験を持っており、両作品ともおよそ5年ほどの連載期間を経ていました。

それらのことから逆算した場合、本作もおよそ5年ほどで連載が終了すると思われます。もしも5年ほどで連載が終了する場合、2022年の段階でカッコウの許嫁は連載からおよそ2年ほど経過しているので、長くて残り3年ほどは連載されると思われます。

カッコウの許嫁で海野凪が結婚相手に選ぶのは誰か考察

https://twitter.com/YoshikawaMiki/status/1437995802492760067?s=20&t=GI_JgWMph4YdgZBa2xSNNA

カッコウの許嫁では、現在四人のヒロインが存在しています。カッコウの許嫁は“許嫁”という言葉からもわかる通り、結婚を視野に入れた恋愛が前提となる作品ですので、ヒロインの中の一人と結ばれることになれば、最終的に主人公のはヒロインの中の一人と結婚することになると思われます。

その一方で、凪がヒロインと結ばれるためには、それぞれのヒロインが抱える問題を解決しなければなりません。ヒロイン一人一人の抱える問題は、そう簡単に解決できるようなものではなく、そのハードルをどう解決して結ばれるのかも大いに気になるところです。

今回はそんなヒロイン一人一人の問題と、そんな問題をどう解決することになるのか?と言った点に絞って考察を行いたいと思います。

海野幸エンドの場合

https://twitter.com/YoshikawaMiki/status/1474947601162452993?s=20&t=GI_JgWMph4YdgZBa2xSNNA

海野幸は、主人公である海野凪の妹であり、最も長い付き合いのあるヒロインです。性格は底抜けに明るく、天真爛漫な一方で、凪を振り回すいたずらっ子ぽいところがある少女です。

少しブラコンな気質があり、どこか凪にくっついて離れられないところがあります。また、それ故に、凪と血がつながっていないことが分かる以前から凪に異性として惹かれていた節があり、凪と血がつながっていないことが明らかになったことで、徐々に凪にアプローチを仕掛けて行くようになります。

凪が彼女と結ばれるためには、今まで築いてきた兄妹と言う関係性を克服する必要があります。しかしそれは、今までの家族という枠組みを取り壊すことであり、その関係性を維持できるかどうかが、幸と結ばれるかどうかのカギになります。

天野エリカエンドの場合

天野エリカは本作のメインヒロインであり、同時に凪の許嫁です。生まれたときに病院側の手違いにより凪と取り違えられたことにより、ホテル王として財産を築いた天野宗一郎の娘として育ち、SNSで多数のフォロワーを抱える有名女子高生として日本中に彼女のファンが数多く存在します。

高校二年生になった時期に凪との入れ違いが発覚したことで、両親同士の話し合いにより凪の許嫁になったエリカと凪が結ばれるのは、今現在、最も可能性が高いエンディングです。単に許嫁と言う関係だけでなく、二人の域の相方は既に家族やそれに近いものである為、その気になればすぐにでもこの二人は結ばれるでしょう。

しかし、二人がその関係性をその為には凪が他のヒロインとの関係性をはっきりとさせる必要があります。他のヒロインたちは、凪にとって単なる友人や家族であるという自覚がない限り、エリカと結ばれることは無いと思われます。

瀬川ひろエンドの場合

https://twitter.com/YoshikawaMiki/status/1518191137164767233?s=20&t=GI_JgWMph4YdgZBa2xSNNA

瀬川ひろは、凪が元々思いを寄せていた同級生であり、同時に凪のライバルに当たるヒロインです。性格は少し天然気味なところがあり、穏やかでのんきなところがありますが、浮世離れして少しつかみにくいところがあります。

進学校に通いながらも、学年一位の座を守り続ける秀才であり、凪に好きな人のタイプを聞かれて、「自分よりも頭のいい人」と答えたことで凪は彼女を越える為に努力を重ねることになります。その一方で、彼女の実家は1300年も続く神社であり、神社の伝統として許嫁と結婚すること決められています。

ひろ自身は、凪に対して強く惹かれていることを作中で何度か明示していますが、凪がひろと結ばれるには、凪はひろの許嫁の問題を解決する必要があります。このひろの実家との確執が改善しない限り、ひろが凪と結ばれることは無いでしょう。

望月あいエンドの場合

https://twitter.com/YoshikawaMiki/status/1454373446884806657?s=20&t=GI_JgWMph4YdgZBa2xSNNA

望月あいは、凪の幼なじみであり、同時に初恋の人であったヒロインです。凪よりも一歳年上で幼少期には凪の家の隣に暮らしていましたが、中国に引っ越し、13歳で大学を卒業し、その後は歌い手としてネットで人気の歌姫となりました。

エリカと許嫁になった凪の前に現れ、幼い頃の約束通りに凪と恋人となろうとし、やや片言の台詞や、突拍子もない行動などから、帰国子女としての性格が目立ちます。そんな彼女ですが、幼い頃から一途に凪のことを思い続けるけなげな性格でもあり、一途でけなげであるが故に、凪に素直に告白するストレートさもあります。

あいと凪が結ばれるためには、やはり凪とあいが離れ離れになった時間をどのように埋めていくかという問題があります。凪には現在、許嫁であるエリカと、義妹となった幸と、片思いの相手であるひろと、三人もの女性に囲まれている為、もしもあいが凪と結ばれるのであればこの三人よりもどのように距離を埋めていくかがカギになると思われます。

まとめ

週刊少年マガジンで人気連載中のラブコメ作品、カッコウの許嫁。本作に登場する四人のヒロインたちは、誰もが可愛くて魅力的な素晴らしいヒロインばかりです。

その一方で、凪と取り違え子だったことが発覚した天野エリカ、凪の片思いの相手だった瀬川ひろ、今まで凪の妹として過ごしてきた海野幸、凪の初恋の人であった望月あいと、凪にとっては結ばれるのに様々なハードルがあるヒロイン達ばかりです。そんな魅力的なヒロイン達に対して、時に家族や友人として、時に異性として関係を結んでいく凪は、彼女たちの抱える問題や難題に対して大きくもがきます。

一体、主人公はヒロイン達との問題をどのように解決するのか?そして、一体誰と結ばれるのか?アニメも始まり、ますますそんなヒロイン達との恋の行方が気になるカッコウの許嫁恋の運命に翻弄される主人公の凪のこれからの行動や選択に、多くのファンが注目しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お勧め記事

目次