ブラックロックシューターDAWN FALL(アニメ)は何話何クール放送で漫画原作に声優や制作会社も

2022年4月より放送開始の「ブラックロックシューター」はイラストレーター、huke先生によってデザインされたキャラクター、およびそれを元にした楽曲・アニメーション・TVゲーム作品です。

何クール何話放送なのか、原作情報。さらには制作会社や声優など気になる情報をお届けします!

どんなアニメなのか、予習しておくとより一層満喫できるはずです。

目次

『ブラックロックシューター DAWN FALL』が2022年4月から放送開始

「ブラックロックシューター DAWN FALL」は2022年4月より放送スタートです。

放送予定日は4月3日(日)の23時からで、放送局はTOKYO MXとなります。

同日の4月3日(日)23時30分からBS11でも放送会社となります。さらには、ディズニープラスで見放題独占配信となるので、万が一見逃してしまった方もご安心ください。

お住まいの地域によっては 放送日と放送時間が異なりますので、どの局で放送されるかをチェックしておきましょう。

『ブラックロックシューター DAWN FALL』の概要・あらすじ

https://twitter.com/DisneyPlusJP/status/1486911298516389888

「ブラックロックシューター」はhuke先生のイラストが原作です。アニメの他にもキャラクター・楽曲・TVゲームと幅広いジャンルで人気の作品となっています。

小説やマンガを原作としない異色の作品となっている「ブラックロックシューター DAWN FALL 」ですが、そのあらすじをご紹介していきます。

西暦2062年。労働力の大幅な自動化プロジェクトの失敗後、その中核となる人工知能アルテミスが人類との戦いを選んだ末、荒廃した二十年後の地球。とある基地の地下研究施設で、ひとりの少女、エンプレスが目覚める。

彼女は人類の守護者3人の生き残りのうちのひとりで あった。しかし彼女には以前の記憶がない。そんなエンプレスに平和構築軍の大佐は告げる。

エンプレスには、現在、アルテミスが建設中の月と地球を結ぶ軌道エレベーターを完成前に破壊する使命があることを。完成すれば月で大量生産中の巨大機械軍 が大挙して地球へやってくるからだ。

だが、その行く手を仲間であったはずのデッドマスターやストレングス、アルテミスの手先である無人軍隊やカ ルト集団<教育機関>のスマイリーらが阻もうとする。

さまざまな思惑が交差する中、大佐らと軌道エレベータ ーを目指して進んでいくエンプレス。
その先で待ち受けるものとは……。

『ブラックロックシューター DAWN FALL』公式サイト

「ブラックロックシューター」のアニメ化は実は今回が始めてではありません。Ordetがアニメーション製作をし、OVAのPILOT Edition版が2009年9月30日、パッケージ版が2010年12月17日に発売されました。

その約2年後の2012年にはフジテレビ「ノイタミナ」枠で再度アニメ化されています。全8話構成となっていて、通常1クール12話前後のTVシリーズとしては異色で当時話題となりました。

2012年にアニメ放送された「ブラックロックシューター」はOVA版のリメイクという立ち位置でしたが、今回の「ブラックロックシューター DAWN FALL 」はどんな物語が展開されていくのか楽しみです。

『ブラックロックシューター DAWN FALL』の何話何クールで放送予定?

アニメは2022年4月よりスタートとなりますが、何クール何話放送なのでしょうか。原作がイラストとなっていますので、着想次第では話を無限に膨らませることができそうです。

しかしながら、現時点では情報が判明していないため、何クール何話放送というのはわかっていません。

おそらく1クール放送になるかとは思われますが、2012年に放送されたアニメでは全8話と『1クール=10~12話』というアニメ界の常識を打ち破った作品でもあるので、今回も予測が難しそうです。

4月3日スタートと放送は早めですので、8話以上はありそうですが、一体どうなるのでしょうか。続報を心待ちにしましょう!

『ブラックロックシューター DAWN FALL』に原作はある?漫画は?

https://twitter.com/project_brsDF/status/1446310845932130306

「ブラックロックシューター」は、イラストレーターhuke先生がデザインし、2007年12月26日に発表したオリジナルキャラクターが原作となっています。

このイラストから広がっていき、2008年6月13日にニコニコ動画に投稿された動画「ブラックロックシューター」は、総再生回数750万を超える大ヒットとなりました。

さらにコミカライズ・グッズ・フィギュア化など様々な展開がされており、海外にも熱狂的なファンを獲得しています。その勢いは止まる気配がありません!

「ブラックロックシューター」のコミカライズ版は、ringo先生が描く「ぶらっくろっくちゃん」や鈴木小波先生の「ブラックロックシューターイノセントソウル」が発売されており、いずれも完結済みですので、気になる方はこちらもチェックしてみてください。

『ブラックロックシューター DAWN FALL』の声優キャストに制作会社

「ブラックロックシューター DAWN FALL」の制作会社は『バイブリーアニメーションスタジオ』および『バイブリーアニメーションCG』です。これまでに、テレビアニメシリーズ初作品の『アズールレーン』や第2期となる『五等分の花嫁∬』を手掛けています。

2017年5月に出来たばかりですが、『きんいろモザイク』『グリザイア』シリーズを手掛けた田中基樹監督が設立した会社なので、期待大です!

エンプレス[ブラックロックシューター]:石川由依
デッドマスター:早見沙織
ストレングス:潘めぐみ

主人公のエンプレスを演じてくれるのは石川由依さんです。石川さんはこれまで、【ミカサ・アッカーマン/進撃の巨人】【ヴァイオレット・エヴァーガーデン/ヴァイオレット・エヴァーガーデン】を担当している大人気声優です。

他にもデッドマスター役の早見沙織さんは、【雪ノ下雪乃/やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。】ストレングス役の潘めぐみさんは、【ゴン=フリークス/HUNTER×HUNTER】を演じているなど、豪華声優陣となっているので、アニメ化が待ちきれないですね!

まとめ

「ブラックロックシューター DAWN FALL」は2022年4月3日より放送スタートです。

イラストが原作ですので、放送前に一度ご覧になってみてください。作中でのイラストにより一層魅了されるかもしれません。

新情報を待ちつつ「ブラックロックシューター DAWN FALL」の放送を心待ちにしましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お勧め記事

目次