ジョジョ6部アニメのネタバレ内容結末!漫画何巻どこからどこまで?【ジョジョの奇妙な冒険ストーンオーシャン】

2022年1月からTV放送開始となったアニメ「ジョジョの奇妙な冒険ストーンオーシャン」。

大人気シリーズであるジョジョシリーズ第6部「ジョジョの奇妙な冒険 Part6 ストーンオーシャン」を原作としたアニメ作品となります。

荒木飛呂彦による原作漫画は、シリーズ全世界累計発行部数1億2000万部を超える世界的な大ヒット作品となりました。

Netflixでは2021年12月に12話までが全世界独占先行配信されており、その後に日本でもTV放送開始を迎えることになりました。12話では物語が完結していないことから、TVシリーズで13話以降が待ち望まれている作品でもありますね。

今回は、アニメ「ジョジョの奇妙な冒険ストーンオーシャン」について、原作漫画のネタバレにも触れながらその内容について調査して行きます。

目次

『ジョジョ6部』が2022年1月から放送

先にも述べたようにアニメ「ジョジョ6部」は、Netflixにて12話までが公開されています。今のところ、TVアニメシリーズもそれを追って1話から順次放送されています

アニメ12話は物語としては中途半端なところで終わっていることから、TVアニメでは13話以降の補完が期待されるところですね。

ジョジョシリーズ初の女性キャラが主人公となるジョジョ6部では、第3部主人公・空条承太郎の娘・空条徐倫が主人公として活躍することになりました

現在の最新話である12話では、6部のラスボス的な存在であるプッチ神父との因縁など物語の本筋に入り始めていることからも、13話以降の展開が気になるところでしょう。

『ジョジョ6部』は漫画何巻どこからどこまで放送?

では、アニメ「ジョジョ6部」では原作漫画どのエピソードまでが制作されるのでしょうか?

これまでのジョジョ・アニメシリーズの展開がヒントになりそうです。これまで原作漫画・第5部までがアニメ化されてきましたが、どのシリーズも各部完結までが一気にアニメ化されています

直近の第5部も、原作漫画17巻分に該当する内容が3クールに渡って一気にアニメ化されていました。

ジョジョ6部もまた同程度のボリュームであることから、3クール程度で一気に完結までが制作される可能性が高いと考えられます。原作漫画では、64〜80巻までの内容が該当しています

『ジョジョ6部』のネタバレ内容

第1部・主人公であるジョナサン・ジョースターとDIO…そこから1世紀以上にも渡って続いたジョースター家の因縁に終止符が打たれる物語…そう銘打たれた「ジョジョ6部」では、ジョースター直系の血統である空条徐倫と、DIOの残党たちとの戦いが描かれることになります。

無実の罪で投獄されていた徐倫は、かつてのジョースター家の人物たちと同じくスタンド能力に目覚めることになります。

しかし、DIOが研究していた「天国へ行く方法」を求める彼の親友・プッチ神父は、徐倫の父である承太郎のスタンド能力をDISC化して持ち去りました。

それを追う徐倫とプッチ神父との戦いは、世界を一巡させて創り変えるという壮大な結果を招くことになります。

DISC化した情報により、自らのスタンドを時間を加速させるスタンド「メイド・イン・ヘブン」に進化させたプッチ神父…徐倫や承太郎を殺害した彼でしたが、最期は世界を一巡させる夢の途中で徐倫により逃がされていたエンポリオ少年によって敗れ去ることになりました。

これまでのスタンド同士の戦いを遥かに超えた戦闘シーンは、本作品の最大の注目ポイントになるでしょう。

まとめ

今回は、アニメ「ジョジョの奇妙な冒険ストーンオーシャン」について、原作漫画のネタバレにも触れながらその内容について調査して来ました。

12話までがすでに公開されていますが、待望の13話は予定通りであれば1クール目のラストとなる3月か4月に公開されることになります。

それ以降の展開も含めて、今後の続報にも要注目ですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる