劇場版SAOプログレッシブ冥き夕闇のスケルツォのネタバレ結末あらすじ!原作小説漫画何巻?【映画2022年公開】

2021年10月30日に『劇場版ソードアート・オンライン‐プログレッシブ‐星なき夜のアリア』が公開され、話題を呼んでいます。

そこで、映画最後には『冥き(くらき)夕闇のスケルツォ』が2022年に公開されるという映像が流れ、続編の制作・公開が示唆されました。

そこで今回は『冥き夕闇のスケルツォ』の内容のネタバレ結末やあらすじ、原作小説や漫画何巻なのか調べてみました。

https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/32848
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/32912

目次

『SAOプログレッシブ星なき夜のアリア』の映像最後に『冥き夕闇のスケルツォ』の公開を予告

『SAOプログレッシブ星なき夜のアリア』が公開され、アスナ視点で描かれる新たな物語にネットでも話題になっています。やはりSAOは面白いですし、主題歌のLiSAさんの『往け』も最後に流れて最高でした。

そして映像最後、『冥き夕闇のスケルツォ』が2022年に公開されるという内容が予告されました。細かい日付は現在わかっていません。

今回の『星なき夜のアリア』は、SAOのアニメ1期からするとなんと1話と2話の話なんです。なので相当最初の話だということがわかりますよね。そしてSAOプログレッシブの原作小説を見ても1巻の前半部分である1/3の内容だけ映像化されたものとなっています。

映画アニオリキャラであるミト(兎沢深澄)がいたことにより、小説やアニメ1期とは違った内容になっていました。そこが一番違った部分でしょう。キリトがビーターと呼ばれるようになったコボルトロードとの戦いもアニメ1期ではアスナとキリトが最終的にトドメを指しましたが、映画の『星なき夜のアリア』では、そこにミトも一緒に戦っています。

『SAOプログレッシブ冥き夕闇のスケルツォ』は原作小説・漫画何巻どこからどこまで?

では、続編となる『冥き夕闇のスケルツォ』は原作小説や漫画だとどの部分になるのでしょうか?

実は漫画ではわかりやすく発売されており、『ソードアート・オンライン プログレッシブ 冥き夕闇のスケルツォ』というタイトルで現時点で2巻まで発売されています。(2021年10月31日時点)

そして原作小説ですが、『SAOプログレッシブ』第4巻の冒頭からの話になります。

これで一つわかったことがあります。それは、『星なき夜のアリア』は1巻冒頭の話なのに、続編は4巻です。つまり時系列が一気に飛んでいます。

第4巻はキリトとアスナが第5層に入った所からです。『星なき夜のアリア』は1層のフロアボスであるコボルトロードを倒し、2層へ向かう所で終わっています。

ですから、その巻のエピソードが飛ばされているわけです。一応『SAOプログレッシブ』でも1巻後半〜3巻までの内容がちゃんとありますので、その部分を省いての映像化ということでしょう。

映像化するとして、やはり映像とし見栄えがある部分を映像化したいと思うので、それが『冥き夕闇のスケルツォ』の部分だったということでしょう。

『SAOプログレッシブ冥き夕闇のスケルツォ』のあらすじ・物語の概要

https://twitter.com/kunori/status/1369663310837075968

SAOプログレッシブ編の新章は≪遺跡≫エリア!

キリトとアスナがデスゲーム《ソードアート・オンライン》に閉じ込められて二ヶ月弱。二人は《遺跡》がテーマの第五層に到達していた。地下墓地ダンジョンや巨大迷路にはアスナが苦手なゴースト系のアンデッドをはじめ、怪しい動きを見せる《PK集団》も蠢いていて……。

引用:Amazon

あらすじを見てわかる通り、時系列はSAOにダイブしてから約2ヶ月が経過しており、キリトとアスナは二人で行動していました。

5層に突入し、そのダンジョンは地下遺跡という内容であり、そこを攻略する為にも、PKプレイヤーに対しての対策をしつつ進むということになります。

キリトはアスナにPKに対抗できるように対人戦を練習しようとしますが、今までモンスターとしか戦ったことのなかったアスナは対人戦を怖がります。

そういう展開から始まる話となります。そこでキリトが気にかけたのがモルテというPKでした。

『SAOプログレッシブ冥き夕闇のスケルツォ』のネタバレ結末

ということで、ここから『冥き夕闇のスケルツォ』のネタバレをしていきます。

プレイヤーキラー

アスナはキリトとデュエルをしており、これまでモンスターとしか戦った経験がなかったアスナはアスナはそれが怖いと感じます。

しかしキリトは対人戦に慣れてほしいと言います。それはついこの前、キリトがPKされそうになったモルテのこと。そして5層にはPKがいるという情報からでした。一方キリトを足止めしている内にDKBとALSのチームを鉢合わせて殺し合わせようとしたと考えます。そこにキズメルが現れなければどうなっていたかわからなかったと言います。そこでキリトはモルテはプレイヤーじゃなく、運営側が差し向けた工作員ではと考えます。

その後キリトとアスナはブリンクブリンクという星空が見えるお店でご飯を食べます。そこでアスナは落ちていたカルルコインを拾います。両替商にコルと交換してもらえるとか。さらに光っている銅貨を拾うとキリトは遺物が光って見えるバフだと言います、さらに効果付きの指輪やネックレスもあるというとアスナは食いつきます。

1時間は遺物を拾えるという時間があるらしく、それでアスナとキリトは遺物捜索に出かけます。先に見つけた方がゲットするということで、二人は勝負します。そうして遺物拾い対決はアスナが勝利します。

それから宿で寝ると、朝雨が降っており、そのまま地下遺跡に向かいます。そうして奥へ進むと幽霊が出てきます。アスナは怖がってキリトに抱きつきます。幽霊は30年前から出られないと言い、ペンダントをゲットしてから、残るクエストを消化し、幽霊のクエストを終わらせます。

夜、キリトが一人出かけると、アスナはそれを追いかけます。しかしそこに幽霊が現れ、驚いてしまうと。床のトラップで地下に落ちてしまいます。落ちた先でネズミのモンスターにレイピアを奪われ追いかけます。そうしてアイアン・レイピアを出してネズミのモンスターを倒します。すると丸めた紙くずから装備した指輪の効果で場所が示してありました。その場所へ向かいます。

すると2人がそこでPKを扇動しているような会話をしていました。そしてアスナが気付かれそうになると、わざと紙を落としてネズミモンスターに見せかけます。しかしネズミモンスターが倒されると、アスナが盗まれたシルバリックレイピア+5が2人の手に渡ってしまいます。そんな時、キリトが現れます。

そして2人の内の一人がモルテでした。そして対人戦が始まろうとしていた時、後ろの一人がアスナのレイピアを持っているのが邪魔で動きが遅く、アスナは後ろから大声を出してレイピアを落とさせます。その瞬間に飛び込みレイピアを取り戻します。

アスナの大声を出した意味はそれだけでなく、キリトはそれに気づきアスナの元へ行きます。するとそこに大勢のモンスターが現れます。そうして、モルテと一人はモンスターに追われながら逃げることとなります。アスナは怖かったと言ってキリトに抱きつき、泣きそうになります。

※執筆継続中

https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/32848
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/32912

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる