さんかく窓の外側は夜(アニメ)のネタバレ最終回結末考察!あらすじや原作漫画も

2021年10月から放送開始となっているアニメ『さんかく窓の外側は夜』。

月刊MAGAZINE BE×BOYにて連載されたヤマシタトモコによる漫画を原作としたミステリーホラー作品です

ベストセラーとなった原作漫画は、シリーズ累計発行部数もまた170万部を突破することになりました。

アニメ化に先立って実写映画化も果たした人気作品ですね。

今回は、アニメ『さんかく窓の外側は夜』の内容について、最終回結末予想にも触れながら調査して行きます。

目次

『さんかく窓の外側は夜』が2021年10月から放送中

アニメ『さんかく窓の外側は夜』は、TOKYO MXやサンテレビで10/3から放送開始しています。

霊が視える体質の書店員・三角康介は、偶然出会った除霊師・冷川理人と心霊探偵コンビを組むことになりました。

無理矢理に巻き込まれることになった三角でしたが、どこか危うげな冷川と数々の事件を解決して行きます。

そんな彼らは、やがて1年前に起きた連続殺人事件に挑むことになります。

「ホラー×ミステリー×バディ愛」…運命の出会いを果たした三角と冷川には、どのような運命が待ち受けているのでしょうか?

『さんかく窓の外側は夜』のあらすじと見どころ

https://twitter.com/loki06180118/status/1453684394028253195

除霊師&助手による史上最強の心霊探偵バディ、そんな彼らによる「新感覚・霊感エンターテインメント」。

それが、本作品のキャッチフレーズとなっています。

この言葉どおりに、ホラー&ミステリー要素だけでなく、どこかボーイズラブ的なテイストも併せ持っている独特の世界観が、本作品の見どころの一つと言えるでしょう。

互いに信頼を深める二人は、視える能力と祓う能力…力を合わせて数々の心霊事件解き明かして行きました。

そして、その事件の裏には非浦英莉可という少女がいることが明らかになり、物語は真相に迫って行きます

『さんかく窓の外側は夜』に原作漫画や小説はある?

アニメ『さんかく窓の外側は夜』の原作…それは、月刊MAGAZINE BE×BOYで連載されていた漫画作品です。

アニメ本編も実写映画作品も、基本的には原作漫画の世界観を再現していました。

既刊10巻・全57話となる原作漫画本編は、すでに完結を迎えています

このことから、アニメ本編でも物語のクライマックスまで描き切られることが期待されますね。

『さんかく窓の外側は夜』のネタバレ最終回結末予想と考察

では、アニメ『さんかく窓の外側は夜』の最終回は、どのような結末を迎えるのでしょうか?

アニメ公式サイトでも示唆されているように、アニメ本編では数々の事件を解決する中で奥に潜んでいた真相に迫ることが予想されます。

おそらく、原作漫画・最終巻までの内容が描き切られる可能性が高いでしょう。

三角と冷川が関わっていた事件の裏には、黒い吹き出しで呪いや死者を発生させていた英莉可の特殊能力がありました。

しかし、彼女もまた真の黒幕である「先生」という人物に操られた被害者の一人でしかありませんでした

真の黒幕である「先生」に辿り着いた三門たちは、彼との最終対決に望むことになります。

まとめ

今回は、アニメ『さんかく窓の外側は夜』の内容について、最終回結末予想にも触れながら調査して来ました。

幅広い人気を誇る原作漫画を皮切りに、アニメ化・実写映画化を果たした本作品。

その独特の世界観がどのように描かれるのか…今後の展開からも目が離せませんね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お勧め記事

目次