takt op.Destiny(タクトオーパス)のネタバレ最終回結末考察!あらすじや原作漫画小説も

2021年10月より放送されているアニメ「takt op.Destiny(タクトオーパス)」は、DeNAバンダイナムコアーツによるメディアミックスプロジェクト。

制作陣は豪華な顔ぶれが揃っており、「呪術廻戦」MAPPA「時をかける少女」で知られるマッドハウスの共同制作となっております!

聞いてるだけで胸躍る制作陣ですね!ヒットする事間違いなしです♪

今回はそんなアニメ「takt op.Destiny(タクトオーパス)」のあらすじや原作漫画、小説を調べて参りましたのでご紹介したいと思います!

最後には最終回の結末をネタバレ考察!お楽しみに♪

目次

『takt op.Destiny』が2021年10月から放送中

アニメ「takt op.Destiny(タクトオーパス)」2021年10月5日より各局にて放送開始されています。

他にもAmazon Prime VideoやABEMA、dTV、dアニメストア等でも配信されている為、見逃した際にはこちらをチェック♪

現在は第3話まで放送されています!

ちなみに運命役の若山詩音とアンナ・シュナイダー役の本渡楓によるWebラジオ『takt op.Destiny 〜シンフォニカ ラジオ支部〜』が、音泉にて2021年10月6日より毎週水曜0時30分から配信中ですので、気になる方はこちらも要チェック!

『takt op.Destiny』のあらすじと見どころ

音楽は人の心を照らす光――
突如として、その『光』が世界から奪われる。
空から黒い隕石『黒夜隕鉄』が降った夜、世界は様変わりした。
黒い隕石から生み出された異形の怪物『D2』が、大地と人々を蹂躙し始める。
D2は人の奏でる旋律に惹かれ、やがて『音楽』そのものが禁忌とされた。

だが、その怪物に抗う者達が現れる。

音楽を力とする少女達――『ムジカート』。
彼女達は、人類史に残る偉大な歌劇、楽曲の楽譜(スコア)を身に宿し、D2を撃ち破る力とした。

そして、彼女達を指揮し、導く『コンダクター』。

2047年。D2との抗争によって荒廃したアメリカ。
コンダクターの『タクト』は、ムジカート 『運命』と共にニューヨークを目指して旅していた。
音楽が失われた世界で、音楽を渇望する『タクト』
D2の殲滅を望むムジカート『運命』。

二人の少年と少女が生み出す旋律は、歓喜かそれとも絶望か――
引用:公式サイト

とにかく作画・アニメーションがスゴイ!

もともと作画に定評のあるMAPPAが制作陣に関わっているからなのかとにかく躍動感のあるアニメーションと高水準な作画は素晴らしいの一言。

音楽を題材に、バトルやSFの要素を含む本作品では、戦闘シーン等キャラクターの動きのある場面も多く、そのクオリティは圧巻の一言。

音楽に馴染みがなく敬遠している方でも、視覚でも楽しめる事間違いなしのアニメです♪

『takt op.Destiny』に原作漫画や小説はある?

アニメ「takt op.Destiny(タクトオーパス)」はオリジナルアニメーションとなっており、現在コミカライズや小説化等の発表はありません。

アニメを見て少しでも本作品に多く触れたいファンの方々は残念ですよね。

しかしご安心下さい!実はアプリゲーム『takt op. 運命は真紅き旋律の街を』が2021年にリリースが予定されております♪

詳しい概要はまだ発表されておりませんが公式サイトも既にオープンされており、一部キャラクターストーリーが公開されております。

続報を期待して待ちましょう!

『takt op.Destiny』のネタバレ最終回結末予想と考察

ここからは筆者の個人的な考察となりますが、突如現れた敵であるD2。

人為的に生み出されたかもしくはD2を操る黒幕的な存在がいるのではないかと予想しています。

最終回ではその黒幕やD2が生み出された秘密に迫り、解決していくのではないでしょうか。

と、大胆に予想してみたものの、まったく予測ができません!

というのも、現在3話までしか放送されていない本作品、まだまだ登場していないキャラクターも多く、また主要キャラクターの掘り下げもされていくでしょう。

先程も紹介したようにオリジナルアニメである本作では、原作がない為ネタバレはありませんでした。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。

まだまだ始まったばかりであるアニメ「takt op.Destiny(タクトオーパス)」

大型メディアミックス作品という事もあり、配信が決まっているゲームの他にコミカライズや小説化、映画化等も期待できる作品かと思います♪

アニメを楽しみながら続報を期待して待ちましょう!

ここまで読んで頂きありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お勧め記事

目次