魔法科高校の優等生アニメの作画が違う?制作会社やネタバレ最終回結末と原作どこまでやる?

2021年7月より放送開始しているアニメ「魔法科高校の優等生」。

佐島勤による大人気ラノベ作品「魔法科高校の劣等生」…本作品は同シリーズのスピンオフ作品となっています

シリーズ累計発行部数は2000万部を突破している大人気シリーズの最新作アニメとして早くも注目を集めていますね。

今回は、アニメ「魔法科高校の優等生」の最終回はどのような結末を迎えるのか?制作会社などの情報にも触れながら、原作漫画から調査して行きます。

目次

「魔法科高校の優等生」のあらすじや物語の概要

https://twitter.com/molmolpoly/status/1413074134288896013

アニメ「魔法科高校の優等生」…魔法科高校の劣等生シリーズの主人公は、司波達也と深雪の兄妹です

劣等生シリーズでは兄・達也の視点からをメインとする一方で、今回の優等生シリーズでは妹・深雪からの視点をメインとして物語が進んで行きます

物語の舞台となるのは、魔法技術が体系化された架空の近未来の学園生活。

その世界では劣等生として蔑まれる達也でしたが、実は圧倒的な実力の持ち主であることを深雪は知っていました。

そんな「魔法科高校の劣等生」の物語が、深雪や他の一科生のメンバーたちの心情にも触れながら再び描かれることになります。

「魔法科高校の優等生」の作画が魔法科高校の劣等生と違うと話題!制作会社はどこ?

https://twitter.com/w20864/status/1413012627626758153

大きな話題を集めている「魔法科高校の優等生」ですが、これまでの魔法科高校の劣等生シリーズとは作画が違うこともまた話題になっているようですね。

これまでのシリーズは、1期:マッドハウス・そして2期来訪者編・エイトビットが制作して来ました。

そして、今回のアニメ制作は「CONNECT」が担当することになります。

「俺を好きなのはお前だけかよ」「川柳少女」などの制作も担当した制作会社ですね。

深雪たちヒロインの活躍が、より魅力的に描かれることが期待されます。

「魔法科高校の優等生」は原作どこまで放送される?

では、「魔法科高校の優等生」は原作漫画どの部分までが放送されるのでしょうか?

ちなみに、原作漫画は既刊11巻となっています。

そして、その内容は旧アニメシリーズでは達也視点で語られてきたエピソードを、深雪たち一科生メンバーの視点から再構築したものです。

原作小説「入学編」⇒1巻~4巻

原作小説「九校戦編」⇒5巻~11巻

旧アニメシリーズ1期の途中までの裏側を語るエピソードになりますね。

このように前作と重複するエピソードも多く登場することも考慮すると、原作漫画11巻までのエピソードすべてがアニメ化されると考えられます

「魔法科高校の優等生」のネタバレ最終回結末は?

「魔法科高校の優等生」の最終回…それは、丁度「九校戦」クライマックスに該当します。

全国各地の魔法科高校同士の力比べの場である「九校戦」では、深雪たちが所属する第一高校は優勝候補最有力でした。

前評判通りに快進撃を続ける第一高校でしたが、不可解な事故が多発するなど不穏な空気が漂って行きます。

そして、大会終了後…大会の裏で暗躍していた国際的なテロ組織を殲滅すべく、遂に達也が動き始めました

アニメ本編では、深雪やほのか・雫たちの出場種目など、彼女たちの活躍が重点的に描かれていましたが、物語のクライマックスでは満を持した達也の活躍により幕を引かれることになると予想されます。

まとめ

https://twitter.com/saika032211/status/1412823804036870145

今回は、アニメ「魔法科高校の優等生」の最終回はどのような結末を迎えるのか?制作会社などの情報にも触れながら、原作漫画から調査して来ました。

アニメ「魔法科高校の優等生」だけでなく、アニメ「追憶編」の制作が発表されるなど大きな注目を集める魔法科高校シリーズ。

今後の続報からも目が離せませんね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お勧め記事

目次