白い砂のアクアトープのネタバレ最終回結末は?漫画原作と2期は?

2021年7月より放送開始しているアニメ「白い砂のアクアトープ」。

P.A.WORKS制作となる本作品は、沖縄県にある小さな水族館を舞台としたオリジナルアニメ作品です

オリジナルアニメ制作に定評があるP.A.WORKSらしく、その美しいビジュアルや世界観が早くも話題となっていますね。

今回は、アニメ「白い砂のアクアトープ」の最終回はどのような結末を迎えるのか?…あらすじなどにも触れながらネタバレ解説して行きます。

目次

「白い砂のアクアトープ」のあらすじや物語の概要

https://twitter.com/aquatope_anime/status/1404060995035840526

アニメ「白い砂のアクアトープ」は、二人の少女たちの絆や友情をテーマとした青春群像劇となっています。

アイドルになる夢を諦めて沖縄を訪れた宮沢風花…そんな彼女は、「がまがま水族館」で館長代理をしている女子高生・海咲野くくると出会いました。

「がまがま水族館」で不思議な体験をした風花は、そこでアルバイトをすることになります。

しかし、水族館には閉館の危機が迫っており…くくるや風花、そして彼女たちの周囲の人物たちも含めた交流が描かれて行きます

リアルな青春モノである一方で、SFチックな要素も練り込まれているのが特徴的ですね。

「白い砂のアクアトープ」のネタバレ最終回結末はどうなる?

そんな「白い砂のアクアトープ」の最終回は、どのような結末を迎えることになるのでしょうか?

オリジナルアニメ作品であることから、はっきりとしたクライマックスは不明と言えます

しかし、本作品のテーマは二人の少女が出会ったことで遂げる成長となっています。

物語冒頭では、

くくる:がまがま水族館の閉館危機

風花:アイドルになる夢が破れた傷心状態

それぞれが壁に直面している状態となっています。

おそらくは、二人が絆を深める中で彼女たちの悩みもまた解決することになると考えられます。

最終的に、自らの壁と向き合うことが出来たくくるや風花が、新しい道を歩き始めるような展開になるのではないでしょうか。

「白い砂のアクアトープ」の原作漫画はある?

先にも述べたように、「白い砂のアクアトープ」は完全新作オリジナルアニメとなっています。

そのため、原作となる漫画や小説などはありません

先が気になる展開が続くことになりますが、新鮮な気持ちで視聴して行くことができるかもしれませんね。

「白い砂のアクアトープ2期」の放送はある?

では、「白い砂のアクアトープ2期」の放送はあるのでしょうか?

公式サイトによれば、Blu-ray1巻の内容が1話~4話になること・さらには全6巻でのBlu-ray発売が予定されていること…これらの情報がすでに正式発表されています。

このことから、アニメ本編は全24話・2クールの内容になると思われます。

オリジナルアニメ作品としては十分なボリュームであることから、物語がしっかりと完結するまでが制作されている可能性が高いでしょう。

そう考えると、「白い砂のアクアトープ2期」の放送については、まだ何も決まっていないと考えられます。

今後の展開によっては、サプライズ的な続編制作発表もあるかもしれませんね。

まとめ

今回は、アニメ「白い砂のアクアトープ」の最終回はどのような結末を迎えるのか?…あらすじなどにも触れながらネタバレ解説して来ました。

美しい風景と奥深い世界観で早くも注目を集める本作品…

今後の物語からも目が離せません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる