無限列車編(鬼滅の刃漫画)は何話何巻完全ネタバレ!鬼の名前は魘夢と猗窩座で声優は?

その刃で悪夢を断ち切れ!

ということでアニメ『鬼滅の刃』が映画化。

今回は映画化する無限列車編原作の何巻の何話なのか、内容および登場する鬼・魘夢猗窩座について、完全ネタバレします。

目次

「鬼滅の刃」映画無限列車編が10月16日に公開予定

大人気も大人気、超絶ブームの『鬼滅の刃』の映画化に伴い、巷では関連商品が目立ちますね。

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編は2019年10月20日に映画化が発表され、2020年10月16日に公開予定です。

公式ページに掲載されているあらすじを引用します。

果てなく続く
無限の夢の中へ――

蝶屋敷での修業を終えた炭治郎たちは、次なる任務の地、《無限列車》に到着する。

そこでは、短期間のうちに四十人以上もの人が行方不明になっているという。

禰豆子を連れた炭治郎と善逸、伊之助の一行は、鬼殺隊最強の剣士である《柱》のひとり、炎柱の煉獄杏寿郎と合流し、闇を往く《無限列車》の中で、鬼と立ち向かうのだった。

引用:劇場版「鬼滅の刃」無限列車編公式サイト

続いて映画化する無限列車編は原作漫画の何巻何話なのかについてです。

「無限列車編」は何巻で何話から何話まで?

炎柱の煉獄さんが活躍する無限列車編は単行本の7巻の途中の第54話から8巻の途中までです。

おそらく第66話までを映画化するのではないでしょうか。

まあ、オチのつけ方は二期を製作するかどうかに関わってきますし、上演が決定したといえど不測の事態が発生したら上演中止になった例もありますからね。

詳しい話はネタバレストーリーで説明しますね。

「無限列車編」登場の鬼・魘夢と猗窩座とは?

ではでは、「無限列車編」で煉獄さん、炭治郎たちの前に立ちはだかる鬼についてです!

まずは魘夢について。

アニメ1期の二十六話で登場していたのを覚えている方も多いのではないでしょうか。

魘夢は鬼の中でも屈指の強さを誇る十二鬼月の下弦の壱というランクの鬼です。

その能力は、相手の夢を操作するもので、条件が揃った時に相手を昏倒させ、任意の夢を見せることができます。

また、眠っている二人の人間が手と手を縄で結んだ状態であれば、片方がの片方の夢に侵入することができまして、この能力と誘った人間をを使って炭治郎たちを襲います。

彼は下弦の鬼の中でも性格がゆがんでいて、他の人間が悲痛に歪み苦しむ姿が大好きなのです。そんなところが役に立ちそうだと、鬼のボスである鬼舞辻から気に入られて、力を分けてもらえるんですがね。

声優についてはまだ発表されていません。

次に猗窩座についてです。


猗窩座は全身に入れ墨のような紋様が入った特徴を持つ鬼です。

彼は十二鬼月の上弦の参で、つまり鬼舞辻の部下の中では上から三番目に強いです。

いわゆる戦闘狂キャラで、とにかく強くなりたいという意志があって鬼を続けています。

彼は強い人間と出会うと、その強さが衰えることを嫌い、「鬼になれ」と誘うのですが、本人曰くこのように誘って実際に鬼になったものはいないらしいです。

人間の時から猗窩座は盗みを働いていたようなやつでしたが、その盗みにも事情があったり、一度は厚生して…といった話もしっかりと原作で描かれているので、そこもアニメ化して欲しいところですね。

ちなみに先にも述べた体の紋様は、江戸の罪人の証の刺青と、鬼の力を示すが混ざり合って全身に広がったものです。

声優についてはまだ発表されていません。

それではもっと掘り下げていきましょうか!

「無限列車編」のネタバレストーリー

無限列車編に採用されるであろう原作の第54話から第66話までネタバレしちゃいますね。

7巻

那田蜘蛛山での戦いの後、蝶屋敷で療養していた炭治郎は胡蝶しのぶから、ヒノカミ神楽や日の呼吸について炎柱の煉獄さんなら知っているかもしれないと教えられ、一緒に過ごしていた禰豆子・善逸・伊之助の3人を連れて煉獄杏寿朗に会いにいきます

その会いに行った先が“無限列車”だったのです。

“無限列車”とは、その列車に乗った乗客が行方不明になるという曰く付きの列車で、すでに40人以上の乗客と数名の鬼殺隊剣士が行方不明となっていました。

そのため比較的強い鬼の仕業であるとみなされて、柱である煉獄さんが派遣されたのでした。

一方、敵・魘夢はすでに何人かの一般人を掌握していて、その人間を使って攻撃を仕掛けてきます。

そして、まんまと術中に落ち、昏睡状態の鬼殺隊一行の夢の中に、魘夢の手下となった人間たちが侵入します。

夢の中に侵入して何をするかというと、“精神の核”というものを破壊し、その核の持ち主を廃人にするのです。

しかしながら、炭治郎たちの夢の中が独特すぎて、魘夢の手下たちは失敗します。

夢の中で夢を自覚し、なんとか目覚めた炭治郎は、一行のそれぞれの手と魘夢の手下の手が特殊な縄で結ばれているのを見つけ、禰豆子の血鬼術の炎で縄を焼き切らせました。

炭治郎はそのまま、鬼の匂いをたどって魘夢が立つ先頭車両に着き、魘夢と戦闘を開始します。
ついに間合いに入り、魘夢の首を切り落としますが、時すでに遅し、魘夢は列車と合体し、乗客全員を人質にとりました。

続いて鬼殺隊一行が全員覚醒し、煉獄さんが指示を出し、後方の乗客の保護禰豆子・善逸・煉獄さん、敵の急所の探索炭治郎・伊之助がすることになりました。

炭治郎と伊之助は感覚が鋭いので、すぐに敵の急所が先頭車両にあることがわかるのですが、魘夢の再生が早い上、肉片に阻まれてなかなかトドメをさせない…

その上、すでに魘夢の手下であった運転士に伊之助が刺されそうになり、炭治郎がそれを庇い致命傷を負います。

それで伊之助は動揺しつつも攻撃の手を緩めず、“切細裂き”で敵の急所を露わにし、炭治郎が“ヒノカミ神楽”で、魘夢本体の首を断ち切ったのでした。

こうして魘夢は倒されたのでした…。

ここまで7巻の途中54話から最後61話までネタバレしました。

7巻の最後にはカナヲの過去について描かれた番外編が挿入されているのですが、今回の無限列車とは関係ないので割愛させていただきますね。

8巻

それでは、魘夢を倒した後どうなったのでしょうか!

第8巻は魘夢の「ギャ、ギャアアアア!!!」という断末魔からスタートします。

首を切られたことにより魘夢は苦しみのたうち回るのですが、それはつまり列車が脱線事故どころでないほどの暴走列車と化すということです。

炭治郎は混濁する意識の中で、乗客のことや、自分を刺した運転士が人殺しになってしまうことを心配して、「死ねない」「誰も死なせたくない」という意志の力でなんとか持ちこたえました。

一方、体の消滅まで時間がある魘夢は、敗因を考えて、後悔しながら消滅します。

暴走列車が収まった後、動けなくなった炭治郎のもとに、煉獄さんがやってきて、止血方法を指導します。

炭治郎が止血できたその時、新手の鬼・猗窩座がやってくるのです。

炭治郎は普通に瀕死で、伊之助も猗窩座の強さに竦み、善逸は乗客の救助をしていましたから、猗窩座の相手は必然的に煉獄さん一人しかいません。

長引く戦いの中、鬼はどんなに傷ついても再生し、反対に人間である煉獄さんはどんどん消耗してしまいます。

そしてついに煉獄さんの渾身の一撃と、猗窩座の大技が繰り出され、砂煙の中決着がつきます。

煙が晴れた後、炭治郎たちが見たのは、猗窩座の腕が煉獄さんの腹を貫いている光景でした。

それでも煉獄さんは腹を貫かれ走馬灯を見た後で、一死報いむと、猗窩座の首に刃を突き立て、それを払おうとした猗窩座の腕を掴み膠着状態に持ち込みます。

夜明けが近づき、猗窩座の不利になったので、伊之助がやっと動きますが、猗窩座は腕を切り離して逃亡

炭治郎から「卑怯者」、と言われながらも逃げ切ります。


猗窩座が逃げた後、煉獄さんは遺言を残して死にます

残された炭治郎・伊之助・善逸は、剣士として生を全うした煉獄さんの死を無駄にはしないと、もう二度と目の前で人が鬼に殺されるのを許さないと、強くなることを決意します。

そうして無限列車編は幕を閉じました。

まとめ

以上、劇場版「鬼滅の刃」無限列車編の原作7巻8巻のネタバレと、上映日、登場する鬼の情報についてまとめました。

正直なところ、煉獄さんのエピソードは密度が高いので、この記事だけだとわからないことの方が多いと思います。

ですから、映画館に行くか、BD・DVDを買って見ましょう。

来たるべき時に備えて!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お勧め記事

目次