佐々木とピーちゃんお隣さんの正体名前本名とヤンデレ怖い!どうなる軽井沢引っ越し

本サイトでは広告を利用しています

2.3/5 - (3 votes)

2024年1月5日かたアニメの放送が開始された佐々木とピーちゃん。個性豊かなキャラクターが多く登場し現代日本での異能バトルがある異世界ファンタジーが魅力の作品です。

今回紹介するお隣さんも印象に残るキャラクターの1人です。そこで記事内ではお隣さんの正体や名前、ヤンデレで怖いと言われるところや軽井沢に引っ越しをすることなった理由について書いていきます。

目次

お隣さんの正体に名前本名

なかなか個性的なキャラクターが多く登場する佐々木とピーちゃんですがお隣さんもその一人です。

お隣さんは佐々木の部屋の隣に住んでいて、実母からネグレクトを受けている為佐々木が見かける時はいつもセーラー服を着て体育座りをしています。佐々木はお隣さんが未成年であることから、下手に声をかけるとリスクが高いのでコンビニで貰ったコーヒーの無料交換券をあげたり、パンなどの食べ物をあげたりしていました。

お隣さんはWeb版では登場せず、書籍版で登場したキャラクターになります。そして、現時点で苗字が黒須であることは分かっていますが、下の名前は不明のままです。この後ストーリーが進めばもしかしたらでてくるかもしれませんね。

お隣さんはヤンデレで怖い

お隣さんは佐々木に対して恋愛感情を持っています。佐々木が食べ物などをあげていくうちに徐々に好意も持った様子が描かれていました。

そして、お隣さんの思考もだいぶ歪んでいて、佐々木に今まで食べ物を貰ってきて自分の身体は育まれたから恩返しで身体を使うと考えています。更には佐々木の玄関に耳をあてて話を聞いたり、室内を覗きたいや一緒に死のうなどヤンデレ具合がなかなかです。

しかし、一連の思考はお隣さんの脳内のみなので佐々木は知らないのですが、たまに視線などは感じたりするようです。上記のことは小説ではお隣さん視点で描かれているので気になる方は是非読んでみてくださいね。

お隣さんはこの後どうなる?

佐々木が久しぶりに自宅に戻ると、お隣さんは相変わらず自宅の前に座っていました。そして、いつも通りビニール袋を渡すと「相変わらず愛されてるね」と茶化すような声がお隣さんには聞こえます。その声の正体はアバドンという悪魔で数日前に会ったとお隣さん視点の方で描かれています。

お隣さんは天使と悪魔のデスゲームに参加し悪魔側に与していて、使徒に対して無条件で与えられる1つの力は生命を弄る力だということも分かっています。アバドンからご褒美で他の能力も貰えるかもしれないと聞いたお隣さんは佐々木のことを考え、他者を魅了する能力のいいなと思っていたのです。

そして、お隣さんは生命を弄る力を使って母親や母親の彼氏から生命を少し奪って、栄養失調の分を補ったりしていたのでした。

お隣さんは軽井沢に引っ越し

お隣さんは軽井沢に引っ越しをします。きっかけは巨大怪獣クラーケンが現れ日本に上陸したことです。佐々木たちは偵察に向かい対峙していた魔法少女を助けているうちにお隣さんの自宅が爆発してしまったのでした。

お隣さん視点では母親の彼氏がお隣さん宛の誕生日プレゼントを前の旦那から預かったといい持ってくるのですが、すぐさま怪しいと思い外に逃げます。直後、大きな音がして自室が爆発で吹き飛び、母親と彼氏は死亡しました。

祖母が喪主となり母親の葬式をあげた後、本来であれば施設に行く予定でしたが、天使と悪魔の代理戦争に巻き込まれたということで当面は二人静が用意した軽井沢の別荘で暮らすことになります。

まとめ

お隣さんの正体や名前、ヤンデレで怖いと言われるところや軽井沢に引っ越しをすることなった理由について纏めてきました。

ことあるごとに佐々木に対して執着を見せていてだいぶ拗らせているお隣さんですが、今度はどのような関係になるのかそして佐々木にお隣さんの気持ちは伝わるのか気になりますね。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次