弱キャラ友崎くん菊池風香と付き合う告白キスはいつ何話何巻で小説7巻と9巻!

本サイトでは広告を利用しています

5/5 - (2 votes)

人気アニメ「弱キャラ友崎くん」の2期が2024年1月3日から放送開始します(タイトル「弱キャラ友崎くん 2nd STAGE」)!アニメ1期は2021年1月~3月に放送され、その斬新な設定や個性的なキャラクターで人気を博しました。1期放送の1年後に当たる2022年1月には2期の制作が発表されたことからもその人気ぶりがよくわかりますね。

ここでは、本作の主人公・友崎文也が菊池風香といつ付き合うのか、ファーストキスはいつするのかについてネタバレしていきます。

目次

友崎くんと菊池さんの付き合う告白はいつ何話何巻?

友崎は本作のヒロインの一人である菊池風香と付き合うことになります。菊池さんはいつも放課後や休み時間に図書館で本を読んでいる引っ込み思案の女の子。もともと友崎はいつも高校の図書館にいる菊池さんが気になっていました。

そんな中、同じくヒロインの一人である日南葵から強キャラになるための指導を受けていた友崎は、「菊池さんと付き合う」という課題を出されます。友崎は菊池さんへの想いが本当の恋心なのかゲームの攻略のためなのか葛藤しつつ、菊池さんにアプローチしていきます。

友崎は菊池さんをデートに誘ったり色々とアプローチを仕掛けていきます。少しずつ二人の距離は縮まっていき、ついに高校の文化祭で友崎は菊池さんに告白し、ついに付き合うことに成功します。この時の友崎は菊池への恋心が本物だと確信するようになっていました。本エピソードは原作7巻の終盤に収録されているので、ぜひ原作を読んでみてくださいね。

友崎くんと菊池さんのキスはいつ何話何巻?

ついに菊池さんと付き合うことになった友崎。となれば、二人がキスをするのはいつかが気になりますよね。

菊池さんと付き合い始めた友崎は少しずつ自分の将来について考えるようになり、大好きなゲーム「アタファミ」のオフ会に参加したり色々と行動を起こすようになります。これまで日南から強キャラになるための指導を徹底的に受けてきたおかげで行動力が上がっていたんでしょうね。

多忙な日々を送る中で、友崎と菊池さんは少しずつすれ違っていき・・・友崎は菊池さんと別れた方が良いのではないかと考え、菊池さんに別れ話を切り出します。しかし、菊池さんは友崎に好きだという気持ちを改めて伝え、別れることはありませんでした。そして二人は、その帰り道にキスを交わしました。

この青春全開で甘酸っぱいエピソードは原作の9巻終盤に収録されていますので、ぜひ読んでください。

友崎くんと菊池さんの関係がレナで悪化

ここまで、友崎と菊池さんの関係は紆余曲折ありながらもキスするまでに進展してきました。ですが、そこに至るまでに友崎は菊池さんとの別れを考えることもありました。なぜそんなことになってしまったのでしょうか?

友崎と菊池さんの関係が悪化するきっかけが原作8巻で初登場するレナです。レナは20歳で、友崎からすると年上のお姉さんということになりますが、友崎とレナはアタファミのオフ会で出会いました。友崎と連絡先を好感したレナは、友崎におふざけでちょっとエッチなLINEを送ったりします。そして、そのLINEを菊池さんに見られたことで二人の仲に亀裂が生じ始めました。

しかし、このトラブルを経て、菊池さんはLINEを見た自分が悪いと反省し、友崎はもっと菊池さんを大切にしないといけないと改めて誓い、結果的には二人の仲は深まりました。

友崎くんと菊池さんとの最新巻での関係は?

原作9巻でキスまで発展した二人ですが、最新10巻ではどんな関係になっているのでしょうか。結論から言うと、最新10巻では二人の仲はさらに深まっています。

レナによって一時は悪化した二人の関係ですが、実は菊池さんにとってはレナのことは大した問題ではなく、菊池さんが一番嫉妬していたのは日南葵でした。

10巻では菊池さんがこのことを友崎に伝えます。本当の想いを共有した二人はこれまで以上に信頼し合い、お互いに想いを深めていきます。

おそらくですが、本作では友崎と菊池さんは別れたりすることなく、このままハッピーエンドで終わるのではないでしょうか。友崎と菊池さんは本当にお似合いのカップルだと思うので、ぜひこのままゴールインして欲しいですね!

まとめ

以上、「弱キャラ友崎くん」の友崎と菊池さんの関係性をネタバレでお伝えしました。

初期のころは本当に友崎と菊池さんが付き合うのか、付き合ったとしてもすぐに別れるんじゃないかと不安だったファンも多いと思います。ですが、今となっては二人は完全にお似合いのカップルになっているので、ぜひこのまま幸せになって欲しいですね。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次