四季翼と冬木美波の告白キス付き合うは何話何巻いつ?【道産子ギャルはなまらめんこい】

本サイトでは広告を利用しています

5/5 - (1 vote)

「道産子ギャルはなまらめんこい」は、2019年から「少年ジャンプ+」で連載されている人気漫画です。2024年1月からはアニメの放送も予定されています。

今回は、同作の主人公・四季翼と冬木美波の恋模様についてご紹介します!告白やキスが何話なのかなど紹介するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

目次

四季翼と冬木美波の告白はいつ何話何巻?

「道産子ギャルはなまらめんこい」の物語は、主人公の四季翼(しきつばさ)が東京から北海道北見市に引っ越してきたところから始まります。幼いころから勉学に励み東京では周りと関わってこなかった翼が、北海道にきて距離間の近い道産子ギャルたちに翻弄されるストーリーです。

北海道の地に降り立った翼が初日に出会ったのは、明るく元気なギャルの冬木美波(ふゆきみなみ)でした。そして、偶然にもバス停で出会った彼女と同じ高校の同じクラスに編入するという王道のパターンののち、積極的な美波にどんどん引き込まれていきます。

翼が美波に告白するのは7巻の61話で、東京から北海道に戻ってきた翼はみんなで行ったキャンプの肝試しで美波に自分の思いを打ち明けました。ところが、美波は翼に思いを寄せる親友のことを思い、その告白を断ってしまいます。

四季翼と冬木美波のキスはいつ何話何巻?

翼と美波が初めてキスをしたのは、12巻の100話です。翼はクリスマスでもある美波の誕生日を翌日に控え、二度目の告白の準備を進めていました。

ようやく終わったところで美波から「今から会いたい」と着信があり、四季家にやってきます。翼は彼女に3週間かけてスケッチブックに描き上げた「北海道にきて美波と出会ってからの思い出集」をプレゼントしました。

その後、夜遅い時間ということもあり美波を自宅まで送っていくことになった翼は、道中にあった公園に立ち寄ります。そこで話をしながら二度目の告白をすると、美波も「翼が大好き」と言って今度は翼の気持ちに応えてくれました。

そして、翼のマフラーを直してあげると言って美波は彼を引き寄せます。そうして近づいた翼の唇に、美波は背伸びをしてキスを送りました。

四季翼と冬木美波の付き合う何話何巻?

翼と美波が正式に付き合うことになったのは、12巻の101話です。夜の公園で2人が口づけを交わした翌日、翼は冬木家で行われるクリスマスパーティーに招待されていました。

昨夜帰宅したときの様子から美波の母親は娘の恋が実ったことに気づきましたが、ほかの家族にはまだ話していないという美波。いざパーティーを始めようというところで翼は「ご飯の前に報告したいことが」と一言断りを入れ、美波の家族に彼女と付き合うことになったと報告しました。

美波の家族は喜び、筋骨隆々で一見堅物そうな父親も「四季くんならみーを任せられるよ・・・ッ!!」と涙を見せながらも親指を立てて2人の関係を喜びます。そして「クリスマス兼美波の誕生日兼成績アップ記念兼翼と美波の交際記念パーティ」が開かれました。

四季翼と冬木美波の最新巻その後は?

「道産子ギャルはなまらめんこい」は2023年12月時点で1巻から12巻まで刊行されており、最新巻の12巻には103話まで収録されています。103話はクリスマスが終わりいよいよ年の瀬となった四季家と冬木家の様子が描かれていました。

冬木家では年末の大掃除をしており、美波は東京に行ったときに翼の母親と3人で撮った写真に目を留めます。写真を撮ったときは体調を崩して入院していた翼の母親と再び会うときはお作法的なの勉強したほうがいいよねと零すと、妹に「花嫁修業みたいだね」と言われて美波は翼との結婚を意識し出しました。

一方、四季家には退院して一緒に暮らせるようになった母親が帰ってきており、翼は美波と付き合うことになったことを彼女に報告します。実は母親も美波と3人で撮った写真を大切にしていて、「また3人で写真を撮りましょう」と美波との関係を認めてくれました。

まとめ

今回は、「道産子ギャルはなまらめんこい」の四季翼と冬木美波の恋模様についてご紹介してきました。美波への思いを確信した翼はすれ違いを繰り返しながらも告白し、めでたく美波と恋人同士になっています。

これからもドキドキとハラハラを繰り返しながら、2人は楽しい高校生活を送ることになるでしょう。「道産子ギャルはなまらめんこい」が気になった方は、アニメが始まる前に原作もチェックしてみてください。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次