葬送のフリーレン勇者の剣をヒンメルが抜けない理由!強さ能力に剣の里の主も

本サイトでは広告を利用しています

記事の星評価

人気アニメ「葬送のフリーレン」に登場する剣の里。そこにある勇者の剣は、勇者・ヒンメルには抜くことができませんでした。

今回は、ヒンメルが勇者の剣を抜けなかった理由や勇者の剣の強さについてご紹介していきます。剣の里や勇者の剣について気になる方はぜひチェックしてみてください。

目次

剣の里とは?

剣の里は北側諸国のシュヴェア山脈にある隠れ里で、勇者の剣を代々守っています。勇者の剣は女神様から賜ったものとされており、里の近くにある聖域に刺さった状態で安置されていました。

その聖域にはとても強い結界が張られているので、簡単には中に入れません。ですが、勇者の剣に対する恐怖心を持つ魔物たちは度々騒動を起こして勇者の剣を破壊しようとしています。

主人公のフリーレンは先々代の里長と剣の里に現れる魔物を半世紀に一度退治する、と約束していました。原作コミックの3巻25話でフリーレンが剣の里を訪れましたが、これは約束していた半世紀をかなり過ぎた80年後のことです。

温厚そうな現里長も少しご立腹でしたが、無事に魔物退治をしたフリーレンは次の半世紀後の約束をして剣の里を後にしています。

ヒンメルが勇者の剣を抜けなかった理由

勇者・ヒンメルが持っていたのは、子供のころ魔物から商人を守ったお礼として貰ったレプリカです。同じ孤児院出身のハイターに「偽物の剣しか持てないヒンメルは偽物の勇者にしかなれない」と言われたヒンメルは、いつか本物の勇者の剣を手にして魔王を討伐することを決意します。

その後本物の勇者の剣と相対しますが、ヒンメルには剣を抜くことができませんでした。当時の里長も残念がっていたヒンメルに剣が抜けなかった理由は未だ明かされておらず、今もなお抜かれずにある勇者の剣は歴史上の名立たる英雄たちが抜こうとしても誰にも抜けなかったそうです。

勇者の剣を抜けなかったヒンメルですが「偽物の勇者だったとしても世界の平和を取り戻す」と宣言し、魔王の討伐を有言実行しました。フリーレンやアイゼン、ハイターといった仲間たちの存在も魔王を討ち果たせたことに関係しており、勇者の剣がなくても世界を平和に導いたヒンメルは本物の勇者と評したのはフリーレンです。

剣の里の主

原作コミック3巻25話の「剣の里」のエピソードでは、本物の勇者の剣を守っている剣の里とその里長が登場しました。里長は世襲制で、49代目となる当代の里長はまだ幼さの残る少女です。

見た目はまだ幼いものの、中身はとてもしっかりしていて口も達者でした。また、剣の里の歴史やヒンメルにまつわる事情についてもきちんと理解しているようです。

ヒンメル一行が里を訪れたときに対応してくれた先々代の里長は遺言好きな人でした。剣の里には勇者の剣を狙う魔物を定期的に退治するため、フリーレンは先々代の里長と先述のように約束をしています。

ですが、フリーレンが剣の里に戻ってきたのは30年オーバーの80年後でした。そんな彼女に「困りますよ、フリーレン様、半世紀後の約束だったのに温厚な私でも流石にブチギレです」と孫に遺言を託していました。

ただ、遅れたとしても必ず来てくれるとも信じていたようで、「フリーレン様ならやってくれると信じていました」という謝意を示した遺言も残しています。

勇者の剣の強さ能力

勇者の剣は、女神様が授けたと言われている伝説の剣です。「葬送のフリーレン」の作中では実際に勇者の剣が振るわれたことはないので、その強さや能力の詳細は分かっていません

ただ、魔物たちにとっては天敵であるらしく、彼らは衝動に駆られるまま勇者の剣を破壊しようとしています。結果論魔物を引き寄せてしまう性質があることから、勇者の剣と言われているもののドラクエⅢで言うところの「おうごんのつめ」みたいなものです。

本物の勇者の剣は今なお剣の里の近くにある聖域の中で守られており、岩の台座に刺さったままの状態になっています。言い伝えでは「勇者の剣を抜けるのはこの世界を滅ぼす大いなる災いを撃ち払う勇者のみ」と言われて尾り、本物の勇者の剣はこの世界を滅ぼす大いなる災いを撃ち払うとされています。

まとめ

今回は、剣の里で守られている勇者の剣についてご紹介してきました。結界に守られた勇者の剣は、ヒンメルをはじめ名立たる英雄たちの誰も抜くことができませんでした。

勇者の剣を抜くことができる人の条件や剣の詳細な能力など、まだまだ謎の多い勇者の剣。今後その詳細が明かされることに期待しましょう。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次