ゾン100の完結読み方や鳳さんベアの声優にかわいい!制作会社作画も【雨宮天/髙橋ミナミ】

本サイトでは広告を利用しています

記事の星評価

2018年から漫画の連載が始まり、2023年にアニメ化もしているゾン100〜ゾンビになるまでにしたい100のこと〜』。

今回はゾン100は完結したのか、読み方や鳳先輩とベアの声優にかわいいと話題になっていること、制作会社や作画にも注目してみたいと思います。

目次

ゾン100は完結してる?

「ゾン100」が2023年夏からアニメ化されて、すでに公開されたアニメの完成度も高く、漫画も気になったという人も多いと思います。

「ゾン100」は現在14巻まで発売されています。しかしまだ完結はしていません。サンデーGXで今も連載を続けています。

14巻ではイズナがやりたいことを見つけ、ケンチョがお墓参りをし、カジキマグロも釣り上げました。やりたいことリストも94個まで描かれています。

完結はしていないものの、やりたいことリストが100まで叶えられれば漫画の完結になると思うので、完結まであと少しですね。

ゾン100の読み方は?

「ゾン100」の正式名称は『ゾン100〜ゾンビになるまでにしたい100のこと〜』です。明るいゾンビ漫画らしい前向きなタイトルですよね。

通称「ゾン100」と訳されることが多いですが、読み方は「ぞんひゃく」です。社畜として鬱になりながら働いていたアキラが、ゾンビになる前にやりたいことをやる漫画です。

ゾンビにならないためにゾンビと戦うのではなく、なる前にやりたいことを叶えよう、というスタンスは新しくて面白いですよね。

「ゾンビになるまでにしたい100のこと」を叶えていく姿を見ると、自分自身もやりたいことをやりたいと思える漫画です。

鳳沙織の声優とかわいい

鳳沙織は、主人公アキラの片思いの相手で、優しい先輩です。鳳先輩の声を担当する声優は、雨宮天さんです。かわいいと話題になっています。

雨宮天さんの代表作は『一週間フレンズ。』の藤宮香織、『七つの大罪』のエリザベス、『この素晴らしい世界に祝福を!』のアクア、『彼女、お借りします』の水原千鶴などです。

ミュージックレインに所属しており、声優だけではなく音楽活動にも力を注いでいます。麻倉ももさんや夏川椎菜さんと共に声優アーティストユニットとして「TrySail」で活動しており、凄まじい人気を誇っています。

「天(てん)ちゃん」の愛称で知られ、演技も歌もYouTube活動も頑張っています。かっこよくて可愛い先輩の声に天ちゃんはぴったりですね。

ベアトリクス・アメルハウザーの声優とかわいい

次にベアトリクス・アメルハウザーを演じる声優を見ていきましょう。ベアちゃんの声を担当するのは髙橋ミナミさんです。

代表作としては『アイカツ!シリーズ』の風沢そらや『食戟のソーマ』の田所恵、『ウマ娘 プリティーダービー』エルコンドルパサーなどがあります。

アニメはもちろん、吹き替えやラジオドラマ、朗読劇などさまざまなジャンルで活躍し、「みーな」「たかみな」の愛称で親しまれています。

ベアちゃんは、ドイツ人で日本文化を愛している少女です。髙橋ミナミさんも実は特技としてドイツ語を挙げています。かなり適した配役ですよね!

ゾン100の制作会社・作画

https://twitter.com/ikanandeska/status/1681247477805256705?s=61&t=sooMXMDCqWyr4LRh2mT4Vg

『ゾン100』はアニメの完成度がとても高く、作画も素晴らしいものでした。制作したのは『BUG FILMS』という制作会社です。

読み方は「バクフィルム」で2021年に設立されました。ツインエンジンの子会社として、設立された新しい制作会社というわけです。

制作協力として「古見さんは、コミュ症です。」「サマータイムレンダ」の制作に関わっています。古見さんのツヤツヤな髪の再現度サマータイムレンダの海の描写など、どちらもかなり綺麗な作画でした。

そして今回の「ゾン100」が代表作品ということです。血の色もコミカルに描いていて、大量のゾンビも細かいところまでしっかり作画されていました。これからも期待したいですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は『ゾン100』の声優や制作会社について見ていきました。全く新しいゾンビ漫画で、毎話ごと勇気をもらえる作品です。

完結まで楽しむと共に、今期のアニメも注目していきましょう。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次