推しの子アイ夫(アクアルビー父親)はカミキヒカル?上原清十郎ではなく姫川愛梨の托卵

本サイトでは広告を利用しています

記事の星評価

2020年4月から週刊ヤングジャンプによる連載が開始された「推しの子」

人気漫画「かぐや様」と「クズの本懐」の作者がタッグを組み描いた、転生×恋愛×サスペンスを混ぜ合わせた異色のストーリーです。

絶対的センターであった星野アイは、愛する我が子である双子のアクア、ルビーを残し殺害されました。実は残された双子は前世で星野アイの熱狂的なファンです。双子は推しであり、母でもある星野アイを殺した犯人に復讐するため動き出します。

今回は、復讐に生きる双子の血の繋がった父親が誰なのか調べてみました。

目次

星野アイの夫はDNA鑑定から姫川大輝の父親上原清十郎と一致

上原清十郎の息子「姫川大輝」をDNA鑑定したところ、アクアと同一の生物学的父親を持つ異母兄弟という事が判明され、星野アイの夫は上原清十郎なのかと思われました。

アクアは芸能界に入った理由は、母・アイと関係があったであろう男性を見つけるためです。そのため、秘密裏に関わりのありそうな男性と自分でDNA鑑定をしていました。2.5次元舞台で、母がかつて所属していた「劇団ララライ」と共演することを知り、出演もを決めました。そこで、劇団ララライの看板役者である姫川大輝と出会いました。

初めは劇団ララライの金田一敏郎と接触するためでしたが、稽古期間中にDNA鑑定を続けた結果、別の事実に行き着きました。その事実が、星野兄妹と姫川大輝が異母兄弟であることでした。出会った時、姫川大輝は19歳、アクアは16歳でしたので3歳差の兄にあたりますね。

DNA鑑定より、父親が上原清十郎だと思い所在を訊くも、既に他界していることが分かり、アクアの復讐は一度終わりを迎えたと思われました。

上原清十郎は結婚しているので浮気相手との子供だった?

姫川大輝とのDNA鑑定の結果により、上原清十郎が父親である説がでて、アクアとルビーが浮気相手の子だと思われました。しかし、上原と浮気し、授かった子供たちと考えるのは難しいでしょう。

理由は後に出てきます「カミキヒカル」という人物の方が父親の可能性が高いからです。

原作72話でルビーがアイのお墓参りをした際、すれ違った男性がある一言を口にしました。

「美人に育ったね、流石、君と僕の子だ」

この一言が、星野兄妹の父親が健在であり、既に亡くなっている上原は星野兄妹と血の繋がりがないことが分かります。

そして、もし父親が何かの理由で愛を殺害した場合、上原は不可能です。上原はアイが亡くなるより前に一家心中しました。ですので、アイがドーム公演前に連絡を取っていた人物が父親ならば、故人である上原は父親ではない説が強くなります。

「ad]

しかし姫川愛梨の托卵説が浮上で一家心中?

68話でアクアが姫川大輝に異母兄弟という事を伝えた際に、姫川大輝のご両親がすでに死んでいることを教えられました。母・姫川愛梨と父・上原清十郎は、姫川大輝が5歳ぐらいの時に心中をしました。一家心中理由は不明です。

托卵というのは、鳥が他種の鳥の巣に卵を産み、仮親としてひなを育てさせる習性です。つまり、上原清十郎は知らずに姫川愛梨の浮気相手であろう男の子供を育てていたことになります。もし一家心中が上原の怒りによるものなら、托卵説は一家心中する十分な理由になるでしょう。

しかし姫川大輝は、上原は売れない役者であったがゆえに、才能の無い自身のコンプレックスを才能ある女性を抱くことで誤魔化していたと、父親の事を語っていた。ですので、母親である姫川愛梨にも夫に怒りを覚える理由があったかもしれません。

両者に両者を殺してしまいたくなる理由があったかもしれないことから、托卵説だけが上原・姫川夫妻を死に追いやったのではないかもしれません

「ad]

アクアとカミキヒカルが似ていることからカミキヒカルが父親?

カミキヒカルが星野兄妹の父親であるかもしれない理由に、容姿がアクアと似ていることが挙げられます。カミキヒカルは星野兄妹と同じ髪色と星マークの瞳を持っています。そして、アクアの彼女であった黒川あかねの探偵並みの考察力により、父親がカミキヒカルである可能性をより強くさせました。

  • アクアとルビーが、星野アイに異常に信仰的であること。
  • アクアがアイを殺した芸能界の人を探している。
  • DNA鑑定で上原清十郎が父親と思われたが、既に他界。
  • アクアが気づけなかった抜け穴に気付くー上原が父親ではないこと。
  • 劇団ララライに秀逸な俳優が過去にいたこと。
  • 過去のカミキヒカルにアクアの面影を感じる。
  • アイが妊娠した時、カミキヒカルは15歳だったこと。

これらの事から、黒川あかねはアクアよりも先に父親と真犯人の正体に行き着きました。

ルビーの方では、MV撮影で星野兄妹が生まれた病院の近くを訪れた際、前世で主治医だった雨宮五郎の死体を見つけます。大事な人を二人も失っていた事実に堕ちかけていたルビーの下に、謎の少女が現れました。彼女はルビーの知りたいことだと言い、アイの出産当日に病院周辺に中学生ぐらいの男の子がいたことを教えてくれます。アイが妊娠した時カミキヒカルは15歳だったので、当時の中学生がカミキヒカルだった可能性も出てきました。

そして、カミキヒカルは価値ある命を奪う事で、彼自身の命の重みを感じるサイコパスな面があります。ですので、才能あふれ愛されていた星野アイはカミキヒカルの殺害対象者として十分な存在でした。

アクアとの容姿も似ていますが、その他のいくつもの事実や仮説が、よりカミキヒカルが父親だという説を濃厚にしています。

「ad]

まとめ

キャラクターたちの思いが入り混じり、様々な愛が絡んだサスペンスな物語

ただの原作では父親の正体、母・アイを殺害されるよう導いた真犯人に近づいてきました。可能性的にカミキヒカルが父親だという説がとても強いです。物語は真犯人に目星がついたアクアが、徹底的に死に追いつめる最終ステージになるものを迎えようとしています。

2023年4月からはアニメも放送され、今後の星野アクア、ルビーの双子による復讐劇がどのような結末を迎えるのか楽しみですね。

  • URLをコピーしました!
目次