転生貴族の異世界冒険録のなろう更新されない理由に漫画打ち切り?アニメ放送日や人気も

本サイトでは広告を利用しています

記事の星評価

転生貴族の異世界冒険録〜自重を知らない神々の使徒〜』は夜州先生による日本のライトノベル作品。小説投稿サイト『小説家になろう』にて投稿された後、サーガフォレスト(一二三書房)より書籍化及び月刊コミックガーデンにて漫画版の連載が開始し、2023年4月よりアニメ放送開始という大人気作品となります。

今回は『転生貴族の異世界冒険禄』より、打ち切りの噂アニメがいつから放送なのか作品の人気など皆さんの気になる事を調べてみました。

目次

『転生貴族の異世界冒険録』がアニメ化で話題

転生貴族の異世界冒険禄は前述のとおり原作はライトノベル作品で既巻6巻。漫画版は既巻9巻と発売巻数は漫画版の方が先行していますが、大体コミック2~3巻程で原作小説1巻分相当なので現在は原作の2~3巻程を消化したところになりますね。

そんな転生貴族の異世界冒険禄は2023年4月よりアニメの放送が開始されますが、後述する事柄から人気があるのかどうかがイマイチ評価が難しかった本作もアニメ化に伴いにわかに注目を集めているようで、SNS上などでは原作ファンの間で話題となっており、アニメ放送開始を楽しみにしている声も多く聞かれます。

『転生貴族の異世界冒険録』のなろうが更新されない理由!更新頻度が低い?

ここでは前述で述べた後述する事柄についてご紹介したいと思いますが、ズバリその事柄とは原作の更新頻度が低い事です。更新が遅れたりするのはよくある事ではあるのですが、本作に限ってはその原作の更新の遅さが段違いだったりします。

例えば、小説家になろうでの連載開始当初はかなりの高頻度で原作を更新していたのですが、2020年ごろから徐々に更新頻度が減り始め、2021年と2022年度は2話ずつしか更新されなくなり、遂には2022年8月を最後に更新が半年もストップし、2023年1月にやっと更新が再開されると言う頻度の低さとなって居ます。

『転生貴族の異世界冒険録』の打ち切りの噂とは?

https://twitter.com/tenseikizoku/status/1599599790052233216

前項にて更新頻度が低い事についてお話しましたが、その更新頻度が低い事が災いしたのか良く打ち切りの噂を目にする事もありますが、何故打ち切りの噂が出るのかを以下2つの例を挙げて解説していきたいと思います。

1つ目の例は原作小説の書籍版の発売に大きく間隔があいてしまっている事で、小説家になろうから書籍化されて、現在原作は第6巻まで発売されていますが、その第6巻が発売されたのが2019年12月15日既に3年半ほどの月日が経ってしまっていますので、これでは打ち切りじゃないかと囁かれても仕方が無いかと思われます。

2つ目はやはり原作の更新頻度の遅さで、小説家になろうの更新が昨年8月から半年間ストップしたなど作者自体の更新頻度の遅さが同時に小説家になろうを原作とする書籍の発売頻度にも影響し、その為に打ち切られるのではないかという声が出てくるのもやはり仕方が無いかと考えます。

以上2つの事から転生貴族の異世界冒険禄という作品に打ち切りの噂が出てしまっているという事のようです。

『転生貴族の異世界冒険録』のアニメ放送日と人気はどれくらい?

転生貴族の異世界冒険禄についてですが、アニメ化されるにあたって作品の人気などはどうなっているのかについて調べて見ました。

まずこの作品の人気なのですが、漫画版と原作小説を合わせて累計発行部数が250万部を突破しており、アニメ化も決定しているので作品としての人気はかなり高いと思われますが、前述している更新頻度の遅さで作品を見限るファンの方も一定数は居ると思われますので、人気としては未知数といってところでしょうか

続いてアニメの放送日になりますが、最速放送はdアニメストアとDMMTVの4月2日21時より、次いでTOKYOMX並びにBS11の4月2日24時より再放送ありの放送としてはAT-Xの4月6日木曜日21時半(4日遅れ)となっていますので本放送開始の日を間違えて見逃したという事が無いようにしましょう。

まとめ

今回は『転生貴族の異世界冒険録〜自重を知らない神々の使徒〜』についてご紹介してきました。

転生貴族の異世界冒険禄はその更新頻度の遅さ故に打ち切りが噂されるなど何かと話題になる作品となっています。しかし、主人公が最初から最強という俗に言うところのなろう小説の王道を行く作品なので、ストレスなくスラスラ読める作品としても評価を得ています。

そんな転生貴族の異世界冒険禄は4月2日よりアニメ放送開始ですので、アニメはどういう展開で描かれるのか等を注目していきましょう。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次