映画スラムダンクの完全ネタバレ内容と評価感想考察!山王戦に宮城リョータの過去家族【THE FIRST SLAM DUNK】

2022年12月3日に映画スラムダンクこと『THE FIRST SLAM DUNK』。

宮城リョータメインの過去が描かれたり、山王戦が描かれた本作ですが、今回は『THE FIRST SLAM DUNK』のネタバレ内容と感想考察に評価などをご紹介していきます。

目次

映画スラムダンクの完全ネタバレ内容

では、覚えている限りの映画スラムダンクの内容を振り返っていきます。

兄と山王

場所は沖縄。公園のバスケットコートでバスケをしていた宮城リョータと兄の宮城ソータ。リョータの3歳上の兄で、バスケを教えていました。海岸の洞窟の秘密基地のような場所で2人は過ごしたりもします。そして父親が何かの原因かで亡くなり、母親が悲しんでおり、兄のソータが母親に寄り添います。3人兄妹で兄、リョータ、妹がいました。

場面は代わりいきなり湘北高校と山王工業の試合が始まります。試合では、終始山王に攻められ、湘北はなんとかついていっている感じでした。

途中、宮城リョータの回想が入ります。ある日、兄とバスケの練習をしていた所、友達の釣りの予定があったので、リョータをおいて、釣りに行くことになりました。しかし一緒にバスケがしたかったリョータは怒って、船に乗っていった兄に対して『一生帰ってくんな!』と言って送り出します。しかし、そのまま兄は帰ってこずに亡くなってしまいます。

神奈川に引っ越した宮城


山王戦が続きます。深津と沢北と河田弟を中心にゴリも流川もなかなかいい攻撃ができていませんでした。そんな中、桜木が下げられ、その間に安西先生からゴール下のボールをとるように指示をだします。

そうして再投入された桜木は野辺のユニフォームを隠れて引っ張るようなやり方などを駆使してボールを奪取することに成功します。ボールを取れるようになった湘北が山王に追いつき始めてきます。

再度宮城の回想。兄が死んでから沖縄から神奈川に引っ越すことになった宮城家。リョータが兄の私物をずっと飾っていたことから、母親は怒って片付け始めます。

神奈川に引っ越したリョータは、公園のバスケットコートで一人でバスケをしていました。そこに三井寿がやってきて1on1をしようとします。しかしリョータは真面目にやりませんでした。三井はまたやろうぜと言って去っていきます。その後、バスケ少年団に入ったリョータでしたが、バスケがうまかった兄の活躍と比べられてしまいます。

山王戦では、三井が3ポイントを決めながらももう体力が限界に近づいていました。そんな中三井との回想です。高校生になったリョータでしたが、プレーや態度からも多少敬遠された存在でした。赤木と組んだプレーでは、背中からパスを出すやり方をして通らなかったので、赤木から今のはそれやる必要あったのかと言われます。

三井に目をつけられる


そこで3年の先輩が赤木の言うことだから気にするなとそのうち慣れると言ってきます。しかしリョータは赤木を庇うように今のは相手にとられないパスであり、まさか仲間までとれないとは思わなかったと煽りながら言います。

そんな帰り道、不良になっていた三井や堀田などと出会い目をつけられます。幼少期に公園でバスケをしたことは覚えていないようでした。一方三井も安西先生と妻がランニングをしている様子を見かけ、後ろめたいのか隠れてしまいます。

そこで宮城を呼び出してボコボコにしようとします。しかし宮城は三井だけはボコボコにしてやろうと他の連中は気にせず三井だけをボコボコにして歯を折ります。そうして三井の一件が終わってから髪を切って登場した三井が仲間に加わります。

また、宮城がいつもつけていた赤と黒のリストバンド。その赤のリストバンドは、兄がつけていたものでした母親に隠れて持ち歩いていました。

山王戦に戻り、三井は体力が限界ながらも3ポイントを決め続けます。

回想で、どの時系列かわかりませんが、宮城は兄を思い出しながらバイクで走っていました。しかし、そのまま事故で大怪我をしてしまい。首を固定されてベッドで寝たきりになります。その様子を見て、母親は何を考えているのかわからないような感じで泣き出します。

月刊バスケットボール

その後、宮城が沖縄に一人で行くことになります。すると、過去に住んでいた家は別の人が住んでおり、兄との思い出の洞窟へ向かいます。そこで、宮城は兄が読んでいた月刊バスケットボールを見つけます。そして兄と会話していた時のことを思い出します。日本一強い高校である山王工業が掲載されておりその話をします。

宮城は兄に山王に入るのか聞くと、それなら相手として戦いたいと言って兄はその様子を考えならが腕を動かしてプレーします。

それから、神奈川に戻り全国大会前に母親に手紙を書きます。兄が出るはずだった場所は今、俺がいる話や、今まで苦労かけてごめんという内容などが書かれていました。

そうして山王戦に戻り、宮城が『ドリブルこそチビの生きる道なんだ』と言って囲まれていた2人を突破します。そして桜木にはなんと河田弟がつくことになり、周囲が驚きます。河田弟は桜木にはボールを取らせる前にジャンプさせないことを考えます。そんな中、桜木はボールを追いかけた時に机に突っ込んだのが原因だったのか背中に痛みが走るようになっていました。

沢北相手に手も足もでなかった流川でしたが、沢北相手に覚醒します。今までパスを出さなかった流川がここにきてパスを出すようになり得点が増えます。そうしてついに桜木が背中の痛みで倒れてしまいます。メガネ君と交代をしますが、安西先生に『オヤジの全盛期はいつだ…全日本のときか…オレは今なんだよ!』と言って無理やり交代します。

アメリカへ…


そして残り1分で逆転に成功した湘北。しかし一瞬で沢北に決められ残り20秒ほどになります。そして、得点を決められた瞬間に桜木は走り出していました。そして流川にパスを出し、流川が躱していきシュートをするようジャンプします。しかし、桜木が構えている姿を見て、流川はパスをだします。そして桜木はジャンプシュートして、試合が終了。湘北高校は勝利します。

その後、リョータは賑わっているビーチ荷姿を表します。そこには座っている母親がいて、兄の赤いリストバンドを渡します。母親と微妙な仲だった宮城でしたが、和解したような雰囲気になり、最後妹が突っ込んできてワイワイします。

そして更にその後、アメリカにいた沢北。沢北は元々アメリカ留学が決まっていたので、アメリカでプレーしていました。その相手チームの中になんと宮城リョータがいました。そうして、2つのチームが戦い、宮城がボールを持って終わります。

エンドロール後には、宮城の家の写真立てがいくつか映し出されて映画が終わります。

映画スラムダンクの評価・感想

ネットの感想を見ると今回の映画はなかなか高評価という感じでした。

私は当時から漫画のスラムダンクやアニメもどちらも見ていた人なので、原作勢ということになりますが、5段階評価をしたなら★★★☆☆という感じで3評価という印象でした。

良かった点は以下

・赤木、流川、三井、宮城の声優はある程度合っていた
・宮城の過去がかなり詳しくわかったので良かった
・宮城が身につけているものやバスケをやっている理由が理解できたこと
・試合シーンはスピード感があって面白かった

悪かった点は以下

・桜木の声が合わなすぎてジャイアンにしか聞こえない
・名シーンがかなり軽く描かれている
・山王戦の途中で原作にない安西先生に『諦めたらそこで試合終了ですよ』なんて台詞を軽く使わせる
・スピード感はあった試合シーンだったが、アニメのように心情がなかったりカット割りがほぼないので、有名なシーンがかなり軽く見えた
・桜木と流川のハイタッチがかっこよくない
・いきなり山王戦が始まり、1回戦の豊玉高校との試合などが皆無
・原作を読んだ人にしか理解させない作り
・宮城以外のキャラの説明がない
・魚住や仙道なども登場しない
・名言がかなりカットされている
・左手はそえるだけの言葉がなかった

こんな印象でした。確かに感動した部分はあったのですが、正直原作ファンとしては、井上先生自身が監修しているのもわかっていますが、こんなもの作りたかったのかな?と思ってしまいました。

映画スラムダンクの考察

ザ・ファーストなので続編のザ・セカンドもありそう

今回の内容を見て、宮城リョータ主人公の話ということがわかりました。

宮城以外の過去の話は一切ありませんでしたし、最初の始まりから最後の締めも宮城でした。ということはです。これは他のキャラの過去編含んだ話があるのではないかということです。

タイトルも『THE FIRST SLAM DUNK』なので、これがセカンドに続くということはありえます。宮城以外にも過去があまりわかっていないキャラもいますから、それが明らかになるのは楽しみですね。

宮城の身に着けているものは兄の形見

そして原作から宮城が身につけているものがありましたね。それが赤と黒のリストバンドに、バッシュに、背番号の7です。

それは全て兄に関係がありました。黒のリストバンドは恐らく宮城自身のものですが、今回の映画で赤のリストバンドは兄のものだと判明しました。普通リストバンドって同じ腕に2個つけないですよね?ですがこれは兄をバスケの舞台につれていくという意味が込められていたのではないかと思っています。

さらにこれは間違いかもしれませんが、バッシュの靴箱を開けたシーンがありましたが、あれは兄のだったのではないでしょうか?兄のように大きくなった今、サイズは合うでしょうし。

さらには、宮城が身につけている7番は少年バスケをしていた兄が7番を付けており、それがこだわりでずっと7番をつけていたようでした。湘北での7番の意味もこだわりがあったということになります。

宮城は沖縄県出身で家族は5人だった

宮城は当初5人家族で沖縄県出身だったようです。

しかし父親と兄が死んで母親と宮城と妹の3人家族になってしまいました。立て続けに死んだ家族に母親は荒れて宮城に当たったりしていましたね。

そして妹の声優は久野美咲さんだったのですが、かなり可愛くて愛嬌のある兄想いの妹でした。

その後、母親が沖縄を離れることを決意して神奈川に引っ越したという流れです。ただ引っ越した理由は忘れてしまいました。父と兄が死んだ沖縄から離れたかったとかあるかもしれません。

まとめ

ということで今回は映画スラムダンクについてご紹介しました。

ザ・ファーストという表題の通り、これはセカンドもあるのではないでしょうか?今回は宮城中心の話でしたが、他にも流川や三井や桜木の小さい頃の話も知りたいですね。

  • URLをコピーしました!
目次