東京リベンジャーズ最終回278話のネタバレ内容考察!武道ヒナ結婚でマイキーは死なない?

今回は『東京リベンジャーズ最終回278話の内容、そして武道とヒナの結婚やマイキーの生死について、考察していきます。

正式に最終回が目前と発表され、武道vsマイキーの展開やマイキーが助かるのかなど、気になっている方も多いでしょう。そんな方向けに内容を考察し、まとめていきます。

気になる方はぜひ読んでみてくださいね!

目次

11月16日発売の週刊少年マガジンで東京リベンジャーズが最終回

2017年から連載が開始され、アニメ・実写映画化も果たすなど人気を獲得している『東京リベンジャーズ』ですが、先日発売された『週刊少年マガジン』にて、巻頭連載に加えてストーリー完結まで残り5話であることが発表されました。

したがって、読者が気になる要素が残り5話で回収されることになるでしょう。最終回が収録された『週刊少年マガジン』の発売日が11月16日であることも告知されています。

東京リベンジャーズ最終回278話のネタバレ内容考察

正式に最終回の予告が発表された『東京リベンジャーズ』ですが、最終回がどんな内容となるのか、気になっている方も多いでしょう。そこでここでは、気になる以下の内容について考察していきます。

  • マイキーの黒い衝動
  • 武道とヒナの結婚
  • マイキーvs武道の戦いの果て
  • 東京卍會はどうなるのか

これらの要素について、一つずつ考察していきます。では見ていきましょう!

マイキーの黒い衝動を救う?

マイキーの『黒い衝動』はマイキー自身でも抑制することができません。普段は明るく気さくに話し、仲間想いのマイキーですが、『黒い衝動』に飲まれてしまうと冷徹な表情になり、ただ相手に暴力を振るい続ける状態になります。

マイキーの黒い衝動は『兄の真一郎、妹のエマ、幼馴染の馬地』マイキーにとって大切な彼らの存在がストッパーになっていましたが、3人を失ったことで制御できなくなっています。

距離を置くためにドラケン達をボコボコにしていましたが、マイキーを黒い衝動から救い出すには『ストッパーとなる存在』に誰かがなるしかないでしょう。

274話時点では、武道が『黒い衝動をぶっ潰す』と宣言しています。なので武道がマイキーを黒い衝動から救いだすのではないかな、と考えています。

タケミチとヒナは結婚する?

武道とヒナの結婚式の未来は一度描かれています。武道はマイキーを結婚式に招待しようとマイキーを探します。マイキーを見つけることはできましたが、マイキーに3発の銃弾を撃ち込まれています

その後、マイキーは屋上から飛び降りようとしますが瀕死の武道がそれを引き止めました。その際にマイキーの口からは『助けてくれ、タケミっち』と涙を流しながら発言しています。

この未来では、大切な人を失くして黒い衝動に抗えないマイキーは、一人で戦って自殺する道を選んでいます。武道はマイキーも結婚式に呼びたいでしょうし、無事に結婚できる未来にするためには、マイキーを黒い衝動から救い出す必要がありますね。

マイキーを救うことができれば、武道とヒナが結婚することは間違いないでしょう。

マイキーは死なずにタケミチと仲良くしてる?

マイキーの兄の真一郎が前任のタイムリーパーである真実などが明かされ、武道は黒い衝動を解放するようにマイキーを煽っています

マイキーの黒い衝動に武道が耐えられるかで未来は大きく変わるでしょう。マイキーと武道が仲良く過ごしている未来にするためには、マイキーを黒い衝動から助け出す以外に道はないです。

大切な人を失くして黒い衝動に抗えず、自殺まで選んでしまうようなマイキーを救い出すことができれば、マイキーを死なせずに済みますし、武道とも仲良くやっていけるでしょう。

東京卍會はどうなる?

マイキーは自身の黒い衝動で周りの人を傷つけないように『東京卍會』を解散させています。その後、武道が2代目として『東京卍會』を再結成させました。

つまり武道がマイキーを救い出せれば『東京卍會』は残り続けるでしょう。逆にマイキーを救い出せなければ、マイキーが戻ってくることもありませんし、『東京卍會』が再び散り散りになってしまう可能性もありますね。

武道がマイキーを救い出せる、これが『東京卍會』を行く末を決めるでしょう。武道は274話で『黒い衝動をぶっ潰す』と口にしています。

高い可能性の話をするなら、マイキーを救い出し『東京卍會』も存続させられるのではないかな、と予想しています。

まとめ

今回は『週刊少年マガジン』で完結が告知された『東京リベンジャーズ最終回278話の内容を中心に、武道とヒナの結婚やマイキーの生死について、考察しましたがいかがでしたか?

最終回が告知されたということもあり、嬉しい反面で終わってしまう寂しさを持たれている方も多いでしょう。ですがアニメ2期や実写映画等、まだまだ盛り上がることは間違いありません。

まずは最終回までのワクワクを楽しみましょう!

  • URLをコピーしました!
目次