山田アルベルト(よう実)の声優正体身長と出身国籍に綾小路に負ける!国旗集めが趣味で龍園との出会いは?

山田アルベルト』はよう実ことようこそ実力至上主義の教室へに登場するキャラクターで1年Cクラスのリーダー龍園翔のボディーガードを務めています。

今回はよう実から山田アルベルトのプロフィール声優国籍趣味龍園との出会いなどをご紹介したいと思います。

目次

山田アルベルトのプロフィール・声優・身長

よう実に登場する山田アルベルトについてまずは、プロフィールをご紹介したいと思います。

名前:山田アルベルト
学籍番号:S01T004708
誕生日:1月16日
身長:不明
体重:不明
学力:C(48)
身体能力:A(90)
機転思考力:C(55)
社会貢献性:C(51)
総合:B-(62)
CV:Ricky

身長や体重は不明ながらその恵まれた筋肉質な体格の為に身体能力は高いですが、それと引き換えに学力、機転思考力、社会貢献性は低い為に総じて総合評価はBランクと中くらいにまとまっているので、ある意味ではバランスの取れた能力なのではないでしょうか。

声優さんはRickyさんという方が担当されていますが、この方よう実以外のアニメへの出演歴などが一切不明ですので、どのような作品に出ているかなどのご紹介は一切できません。

山田アルベルトの出身・国籍は?

ここでは出身と国籍についてご紹介します。

出身と国籍についてですが、現在のところ出身地や国籍は一切不明となっています。その為に公式で紹介されている部分で数々の憶測が巻き起こっていますが、ここではその巻き起こっている憶測も含めてお話させて頂こうと思います。

まず、公式で解っている事は日本人と黒人のハーフである事の一点のみですのでそこから推察しますと、良くある国際結婚パターンとして母親が日本人父親が黒人(アフリカ系)で国籍は不明であるとします。そこから仮定して国籍は日本で生まれた場合は日本国籍ですが、英語が堪能で授業態度も真面目だが、国語と数学をとても苦手としているとの記述があるので、国語が苦手であるのならば出身は海外生まれの海外育ちという可能性がでてきます。

次に国籍ですが、上記のようにもし海外生まれの海外育ちであるとするのならば、恐らくアフリカ系であろう父から考えてアメリカ、欧州諸国、アフリカ諸国(純粋なアフリカ人、アメリカ系、欧州系の可能性を考慮して)が国籍の第一候補となると思います。

山田アルベルトと龍園の出会い

ここでは山田アルベルトが龍園とどこで出会ったかについてご紹介したいと思います。

どこで出会ったかについては入学後すぐです。入学してCクラスに配属されるとアルベルトは最初こそ龍園のやり方に反発していましたが、アルベルトの力をどうしても手に入れたい龍園はアルベルトに敵わなかったものの返り討ちにあいながらも度々アルベルトに挑みかかっていました。

戦績としてはアルベルトの3戦3勝らしいのですが、三度負けてもなおも挑んでくる龍園に彼なりの心意気を感じたらしく、遂には龍園の配下になる事を決めました。

山田アルベルトは綾小路に負ける

ここでは山田アルベルトは綾小路に負けるについてご紹介したいと思います。

これについてはアルベルトは綾小路に負けます。それも一瞬で。その前になぜアルベルトはDクラスの綾小路と対峙する事になったのかというと、Dクラスの堀北鈴音を隠れ蓑にしてその後ろでDクラスをコントロールしている謎の黒幕を龍園が嗅ぎつけ、黒幕を吐かせる為に同じDクラスの軽井沢恵を拉致して屋上で拷問に掛けます。

その際に龍園のボディーガードとしてアルベルト石崎伊吹という学年きっての武闘派も同行しますが、軽井沢を救出する為に本気を出した綾小路の前に三人ともまとめて一瞬にして敗れ去ってしまいます。

山田アルベルトの趣味は国旗集め

ここではアルベルトの趣味についてご紹介したいと思います。

アルベルトの趣味についてですが、それは世界各国の国旗を集める国旗マニアです。これについてはよう実の2年生編2巻で新たに明らかになった事実なのですが、国旗が好きで集めているという事が判明します。

当然、読者の中には英語が喋れるのに国語や数学がからっきしなど、ある種のネタキャラ枠でアルベルトの事を好きだという層が一定数はいたのですが、この巻で新たに判明した国旗を集める国旗マニアという事実がことさらネタキャラ路線に拍車をかけ、更に多くの読者からネタキャラとして愛されています。

まとめ

今回はよう実から『山田アルベルト』をご紹介しました。

彼はネタキャラ枠として愛されていますが、運動能力面で見れば学年トップクラスであり、さらに言えばあきらめの悪い龍園に心意気を感じて付き従うなど以外に義理堅く、これからも何かと龍園の手助けになっていくと思われます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お勧め記事

目次